2007年04月30日

一年前の事どころか三日前食べた夕飯も思い出せません

GWは家の掃除と溜まったアニメ漫画消化で終わりそうな予感。

銀魂52話「人に会うときはまずアポを」

38歳だろうがなんだろうが、あんなとこから落ちたらちびるよ!
っておむつな長谷川さんのことは置いとくとして

「あとで、必ず行くからよ」

銀さん、恐ろしく格好いいんですけど・・・・・・
全身が目だって似蔵だけど、んなもんなくても人間ってのはお互い補っていけるもんだってことで。似蔵との斬り合いも見モノでしたが、あれかな〜 EDで白夜叉時代出てるもんな。やっぱ今期はシリアスパートな。

銀魂シーズン其ノ弐01 【完全生産限定版】

銀魂53話「ストレスはハゲる原因になるがストレスをためないように気を配るとそこでまたストレスがたまるので結局僕らにできることなんて何もない」

今CSで1話目から再放送やってるようで、先日3話目を観ました。
やってることは今となんも変わってないのがね、ホントもう(微笑)

迷ってたら救えるもんも救えなくなるって頭の言葉ですが、これも銀さんの信条に繋がるもんだと思うんですよ。せめて手の届く範囲だけでも守る、二度と取りこぼさないようにってのと。初めて血の通ったものを背負ったってとこも同じかな。

で頭がどう見ても泉谷○げる氏に見える件は・・・。
ここでちゃっかりストレートヘアな銀さん見れてきゃほぉぉぉぉ!

2007年04月29日

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第4話

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1 (通常版)

DARKER THAN BLACK 黒の契約者
第4話 新星は東雲の空に煌く・・・(後編)


天文部は星見と数人の霊媒(この字かな)たちによる観測によって成り立ってました。これも行き着くところは科学なんだなあ。

モラトリアムは契約者でもドールでもなく力を垂れ流すだけの出来損ないの化け物らしい。なんの出来損ないだろう。人間の? 契約者の? 天文部のお姉さんが言ってた「モラトリアムは一定期間過ぎるとドールに移行する」ってのと、どうも話が一致しない。
まあ名前付けも人間が行ってることだしな。

契約者になった、というけれど本当に彼女がモラトリアムだったかも不明。力の制御ができないだけじゃあねぇ。人間と契約者の差も微少かと。涙を零して微笑んだ彼女が、彼女の意志でエージェントを焼いたことに同調できる人間もいるでしょう。

あと前回書いた東雲の駄洒落云々については、取り下げマス。
実際東雲が現場になってた!(笑)

公式HP http://www.d-black.net/

2007年04月29日

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第3話

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1 (通常版)

DARKER THAN BLACK 黒の契約者
第3話 新星は東雲の空に煌く・・・(前編)


漫画連載中らしいですね。どうなんだろう・・・?
最近気づいたことですが、tanizakiはどうもこの手の「正義の所在」「人間とは?」なテーマや、線の少ない画を好んで見る傾向にあります。時かけ然り。ここ数年気になって探していたWHRはその典型的な作品だったり。(この略で何人の方に伝わるのか。感想は後日UP予定です)
と長い前置きですが、このDTBも大変好きな分類ということで。

黒が女の子を落としてくさまは結構クセになりそうです。
こう、クサさが(笑) 遊園地で遊んじゃうんだなあ〜
千晶のときは「運命」だもんなあ。たった数時間で「ついてこないで!」から「お兄ちゃんみたい」までに到る手管は参考に・・・ならねぇぇぇ・・・

ゲートの中で田原父が見た光る青い花、そこから飛び散った種子。
契約者は力を行使する為になんらかの対価を払っている。が、舞にはない。原理はわからんけど、あの手首の光りによって力を抑えられてるだけで。対価を払うことなく力を行使する者の行く末は?
深川に清洲橋、新宿から見て南東の方向にゲートがあるわけか。現代美術館もゲートの中やねぇ。
今回のタイトルといい、新星が現れたという天文部(だよね)の言葉といい、まるで謎掛けです。東雲と東雲ってそれじゃ駄洒落だしな。空にある星の位置で契約者の場所がわかる・・・んだったよな?

どうも見ててピントがぼやけた感じがするなと思っていたら、どうやら原因は中心がないせいだと。みんなゲートの情報を追ってるくせに、肝心のゲートのこと知ってる人間が不在なんだと。真ん中がごっそり空洞なんだな。今回ゲートの中の様子が見れて良かった。ゲートの存在すら希薄になってくとこだったよ。

公式HP http://www.d-black.net/

2007年04月28日

おおきく振りかぶって 第3話

おおきく振りかぶって 1

おおきく振りかぶって
第3話 練習試合


寝相悪い田島に乗っかかられて唸ってる花井。
もうそれだけで良いやと思っていたら

「オレはどんな球でも打つよ」

田島ーーーーーーー!!! 格好ええぇぇーーーーーー!
叶のフォークをこの試合で捕らえることができるか?
なーんて、予告でマネジが可愛い声でバラしてましたね。あれはいかん。ゲームの先をバラすのはいかんよ。そこがただの野球アニメじゃないよってコト? んなわけない。
あと花井な花井。早く格好良いとこ見せておくれ。

阿部と三橋のアレについては、もうその筋の方々にお任せするとして(というか、もう本当に阿部ちの涙が不自然な流れで、わたくしちょっと呆けちゃったよ。) 待望の織田登場ですから! ん〜でもこの流れからすると一瞬で見せ場終わってしまいそうです・・・。ちなみに織田声は福山潤さーん。

阿部の叶を見る目がネ(三星全体を見てるって)なんともあれ。
いやだからこういう話はやめようやめよう・・・。

公式HPはこちら http://www.tbs.co.jp/anime/oofuri/index-j.html

2007年04月28日

おおきく振りかぶって 第2話

おおきく振りかぶって 1

おおきく振りかぶって
第2話 キャッチャーの役割


合宿シーンきました。
おおふりを端的に表しているシーンだと思うので、早めにきたことに満足感。シガちゃんの「練習は量より質」って言葉、実感持つ人も多いのでは。量こなさないとやった気になれないのは人間不安もあるもんねぇ。

なんにしても合宿楽しそうです。
枕投げとかね、いや実際やってみたいかって聞かれると、そうでもなくて、あのワイワイやってる感じというか。男の子が大飯かっくらってる姿は見てて気持ち良いです。

それにしても初めの頃の阿部ちって、こんな喋り方だったのね。生で聴くとナル臭ぷんぷんでちょっと引くかも(褒め言葉) 相変わらず三橋はウザイし(微笑)
あと花井! 百枝って呼び捨てですか! 独身女のお金の使い方に眉顰めてんじゃねぇぇぇ! 10年早いわ!(笑) 田島はますますおバカ度UPしてますヨ☆
毎晩違う相手と同じ布団で寝る。寝ちゃうんですか。
田島なら誰とでも爆睡だろうな(寝ないから)

とまあ細かい突っ込みしつつ楽しみますか。
公式HPはこちら http://www.tbs.co.jp/anime/oofuri/index-j.html

2007年04月28日

邪眼は月輪に飛ぶ / 藤田和日郎

邪眼は月輪に飛ぶ / 藤田和日郎

その鳥に見られたものは全て死ぬ・・・。
邪眼を持つ鳥、通称ミネルヴァに対抗する、13年前唯一ミネルヴァを撃ち落とすことができた猟師・鵜平と、その娘・輪、さらにCIAのエージェント・ケビンと、デルタフォースのマイクの4人。

「うしおととら」「からくりサーカス」と長編を描かれてきた藤田先生の作品が、単行本1冊(たった550円!)で読めるなんて、なんて幸せなことだろう!

まずどの感想よりも優先してそう思った。長さに比例されることなき画力とテーマに裏打ちされた、圧倒的な(まさに体感できる圧力を持った)作品。漫画と言い切ってしまって良いのか、そんな疑問すら浮かんでしまう作品。読み終えたあと感じる身体の強張りは、いかに読んでいる最中、力を込めてストーリーを追い掛けていたのかを表していた。どきどきとハラハラ、笑いと涙、そんな「いまどき?」と失笑されてしまうようなキャッチフレーズが似合うのは、tanizakiが知り得る限り藤田先生が唯一です。唯一無二。

と一種宗教的な臭いを放ち始めてしまったので、ちょっとここで深呼吸。

例えばミネルヴァに見られて死んでいく人々や、目から血を飛び散らせるミネルヴァは壮絶なほど禍々しい。顔上半分を面で隠したままの鵜平だが、なんとか見える口だけで彼の表情、感情を窺い知ることができる。

禍々しく最強(だって見るだけで相手を殺せるんだもん。しかも飛行スピードは時速340k)のミネルヴァですが、彼が怯んだものは地下鉄、爆弾、戦闘機と人間の造った物ばかり。自衛隊も米軍も歯が立たなかったミネルヴァに対抗できた鵜平と輪は、山間の村の人間。とくるとどうも、テーマが文明<自然、人間悪となってしまうところが、そうはならない。決して人間を否定しない。人間は愚かで傲慢で鈍感だけれど、努力することを知っている。己の悪を認めても、卑下することなく生きていくこと。言葉にするのも躊躇ってしまうようなそんな煌めきを感じる。

画が苦手、な方もいるでしょう。
けれどそんな表面上の事柄を吹っ飛ばしたところに、この作品はあります。

2007年04月27日

紺碧の棺

今年も行ってきました! 映画名探偵コナン!

第11作目『紺碧の棺〜ジョリーロジャー〜』

クイズの賞金で、神海島へバカンスにやってきた小五郎一行。
古代遺跡「海底宮殿」、女海賊の遺した財宝伝説に彩られたその島に集まるトレジャーハンターたち。血と欲に塗れた事件に巻き込まれる蘭や園子の運命は・・・



去年はお子様たちにひどい目に合ったんだっけと遠い目・・・
とりあえず、今年は大人が楽しめる作品となってました。

と、感想を始める前に一言。
tanizakiは新一蘭至上主義です。
二人のロマンスを見るために毎年観賞していると言っても過言ではないくらいの勢いです。なので感想はそこに集中してしまいます。まともな感想は他のところで読まれた方が参考になると思います。

では以下感想です。




続きを読む

2007年04月26日

病院で肝試しなんて絶対無理

総合病院が苦手なtanizakiです。こんばんは。
どこがどう苦手かというと、例えば古い病院などは増築に増築を重ねた結果、目当ての病室や診察室に辿り着けないところとか(半分はtanizakiが方向音痴なせいだったりするのだが) ひどいときなど、今自分が2階にいるのか3階にいるのかさえわからない!といった東急ハン○的状態に陥ったりするところとか(これはあきらかに個人的欠陥のせい)だ。

突然どうしたって話ですが、先日体調を崩し通院しているのが年季のある総合病院なのです。元々前述の理由で避けていた病院なのだけれど、救急で連れていかれた先だったので、仕方なく通っているわけです。

で、そこがまた実に機能的じゃない。
病人に1階と2階を往復させるのはいかがなものだろう? 初診にカルテが必要ならもっとわかりやすく看板でも出しておくべきではないだろうか? 病気でふらふらな人間や高齢な方、乳幼児を背負った方たちに受付機を操作させるのは、本当に必要なのか? おそらくそのどれもが機能性を追及し試行錯誤し辿り着いたものなのだろうが、実際その立場になってみると非常にわかりにくく面倒。かといって待ち時間が短縮される気配がないので、まったくもって強要されている気分になってくる。これは誰にとっての機能なのだろうと首を傾げたくなる。(傾げるどころか腹立たしくもある)

長所もある。
総合というだけあって色んな科があるので、診察券が一枚で済む。ので財布がパンパンに膨らまなくて良い。まあ、たまにひきたくもない風邪を貰うこともあるわけだが、それは予防できる範疇。

それにしても、こんな愚痴ひとつ零さず、あの複雑な受付機を操作して毎週通っている年配の方々を、tanizakiはもっと見習う必要がありそうです。

2007年04月25日

果物バトン

果物バトンでっす☆
しのぶんさんからいただきましたです。そのしのぶんさんからは「桃」なイメージと回して頂いて、嬉しさいっぱいなのですヨ。桃に葡萄に梨にスイカにグレープフルーツにすももに・・・。ジューシーな果物大好きデス!!

○果物の王様と言えば?
メロンかな〜。お値段的にも。
メロンといえば昔「メロンアドバイザー」ってバイトしてました。 お客さんの好みや贈り物ならいつ届けるかで、メロンの種類や熟し加減を選ぶ・・・って不思議な仕事でした。夏だったので一緒にスイカも扱ってました。意味不明な取り合わせでした。

○Q1で答えた果物っぽい人は?
メロンな人。ちなみにマスクメロンなイメージなわけですが、森鴎外とか。
うっわ! 全然思い浮かばない・・・

○あなたの家の冷蔵庫にある果物は?
何もないですねぇ。
体調不良のとき無性に食べたくなるゼリーなら。巨峰やグレープフルーツの果実が入ったゼリーが好きです。ってまた関係ない話を・・・

○今一番食べたい果物は?
スイカ! 大好きな果物の一つですが、去年も(たしか)食べられなかったので今年こそ!

○自分を果物でたとえると?
わかんないですねこれまた。
ちなみに今同居人に聴いたところ、パパイアかマンゴーだそうです。
理由は「なんとなく」だそうで。え〜〜っ聞きがいのない(´・д・`)

○一番好きな果物の漢字は?
無花果
名は体を現すってとこで。この果物自体は苦手で口に入れられないんですけども。一番に檸檬を思いついたんですけど、こやつが果物なのか野菜なのか判別つかず(汗)

○のび太を果物にたとえると?
しのぶんさんが温州みかんって書かれていて、ホント言い当ててるなって感じです。もうそれ以外思いつかないんですが、なんとか捻り出すとしたら「栗」かなぁ。

○苺っぽい人と、オレンジっぽい人と、桃っぽい人と、レモンっぽい人にバトンを回して下さい!

これは完璧フィーリングで!!
苺⇒あゆみさん
オレンジ⇒lifan
桃⇒ゆず。さん
レモン⇒fujicoさん

深く考えず回答してしまいましたが、記事のネタとして使って頂けたら嬉しいです♪
しのぶんさん、バトンありがとうございました〜!

2007年04月21日

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第2話

DARKER THAN BLACK 黒の契約者
第2話 契約の星は流れた・・・(後編)


千晶の「(記憶が)なくなったら私は私じゃなくなる」といい、その彼女を殺そうとしなかった黒といい、本腰入れて見れる作品のようです。久し振りに考えながら観れる作品かな。千晶の両親を殺した契約者が子供だったってのも、いつか繋がるのかとか。
消したくても消せない想いがあるだろう?と問い掛けられても、答えなかった黒とか。契約者は人間じゃないって言葉も、なら黄や霧原たちはどうなんだってことで。

偽の空、契約者を示す星も例え話じゃなかったんですね。
警察内部の天文部って・・・天文部って・・・。ところどころクサさを感じるところもありますが(黒が201号室にとかね、ポッケから出てきたコートとかね)それもまたスパイスとして良いのかな。

でもって大食いな黒さん。そんなとこもギャップ萌えだわ(笑)
ラスト刻んでた、てんこ盛りのキャベツも食べるんだよねぇ・・・

【完全生産限定版】DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1
【完全生産限定版】DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1

しっかりDVD発売も決定してマス・・・・・・。
公式HP http://www.d-black.net/

2007年04月20日

劇的勝利

久し振りに野球ネタ。あまりの衝撃に。

神5−4巨

巨人先発内海に抑え込まれていた6回までが遠い昔の気分です。
12回裏サヨナラヒットを打った狩野選手は、プロ入り7年目!プロ初ヒットが値千金のサヨナラヒット!

狩野選手は本当におめでとう!って感じですが、なにより今日の影の功労者は、巨人の加藤ですかね(笑) 豊田は確かに不調だったけれど、入っても2〜3点の出来くらいだったと思うんですよ。赤星の適時打から、加藤のテンパリ具合はひどかった。ストライクゾーンに集まる・力のない豊田の球にアワアワ・・・昨日今日不調の鳥谷・シーツはまあなんとか打ったって感じですが、金本さんは見逃しませんから。もうあのあたりで加藤おかしくなり始めてた(笑) なんでそこで真ん中要求?とか(笑) 豊田のバウンドしたフォークを後逸してパニくったんでしょうかね?(それに比べて豊田は漢だった。一度も首振らなかったもんなあ。それにしてもあの内容じゃまだ抑えは無理だな・・・)

あれ? 阪神の話より加藤の話が多くなってしまったわ。
あと一番笑えたのは加藤がアワくってる最中の、阿部の表情。「まだオレ安泰だな」的な不敵な感じがなんとも(笑) でその後ろに座った若大将の真っ赤な目が一緒の画面に映ると、もうなんともいえない哀愁感。(原さんキライじゃないだけに、あの赤い目を見るたび寂しい気持ちになっちゃう)

昨日竜にひどい負け方したので、今夜はスッキリさせて頂けて嬉しかったのです。甲子園から途中で帰ったお客さんは残念だったね。球史に残るラストだっただけに・・・。


ちなみに横浜は、佐伯さんの外野が久し振りに見れて感無量。
古木とウッチーのヒヤヒヤ外野も見ものデシタ(苦笑)

2007年04月17日

GUNSLINGER GIRL (8) / 相田裕

GUNSLINGER GIRL 8
GUNSLINGER GIRL 8 / 相田裕


絵もずいぶん変わりましたが、なにより転換期?というか、今までの第一世代の子たちを切り捨てるような展開でつらかった。(正確には次巻以降の展開が予想できるだけに、ということですが) これを描く為に第一世代を描いてきたのかな。それともこちらには伺い知れない「何か」が待っているのか。

例え条件付けによって生まれたものでも「本物の想いであることに変わりはない」とずっと示されてきたと思っていたけど、この巻を読むと正直わからなくなった。相田さんはそれさえも否定してしまうのかな・・・。

確かにペトラの叫びのシーンは新境地、なにより純粋で真っ直ぐで心にきました。だからこそ第一世代の子供たちも救われてほしい。どちらがいいかなんてわからない。でもせめて最期くらい、手の届く場所に大切な人が居てくれるといいなと。そんな哀しいことを祈りたくなるような雰囲気です。

2007年04月16日

大変!今期入って初見だわ!

ということで今日は2話分まとめて感想ですよう♪


銀魂50話「未定は未定であって決定ではない」


「ところでタイトルの『未定は未定であって決定ではない』って未定を予定に変えてよく使ってしまうんだけど、相当ひどい言い訳だよね。つーか言い訳にもなってない・・・。ゴールデンで数字取れる作品って、一体どこのプロデューサーさんが言ったんだろう。きっとその人も今頃↑こんなこと言ってんだろーなー」なOPで始まった銀魂の2年目☆

早速の999ネタにこっちがどきどきだわ!
微妙に古いのは制作時期と放送時期の時差なわけで、古さ故に視聴者は安心するのですよ。良かった、まだ余裕あるじゃん。でも、そのまんま宮崎はヤバイ!ゲ○戦記よりヤバイ!ぷり○ゅあもドラゴンボ○ルもワンピ○スもBLE○CHもヤバイYO!
一番ヤバイのはお登勢さんの太腿に興奮したオレだあああああ!

どさくさまぎれに神新前提の銀神でわたくしウハウハです。銀新←神な図式が最近のお気に入りなのです。(って誰も聞きたくないかそんな話)

そういえばヅラ、ラップ結構気に入ってたんだね・・・・・・(微笑)
あ、ぷり○ゅあは初期の方が好きです。


銀魂51話「ミルクは人肌の温度で」

50話の感想がごちゃごちゃしてきたのでOPとEDの話はこっちでします。
もう50話の力の入れようにこっちのテンションも急上昇ですよ。
と思ったら神楽の母乳(は出てませんが)&メイド(タイツ?履いてたけど)な大波きーたーよー!

OPな話
神楽と新八を見守る銀さんな画が最高です。
でもそこの歌詞が「短い季節 駆けてく」でちょっと凹む。

EDな話
何故ここで高杉なのか?
今期一発目が似蔵の話といい、今期はヘビーな話中心でいくって宣告ですかね。だとすると先週のテコ入れ話も繋がるってもんですが。
OPもですが、今回の画は色気があって、銀さんの横顔が印象的で良いですね。神楽と椿も想像以上に合ってて良かった。

2007年04月16日

おおきく振りかぶって 第1話

今更ながら2007春アニメ感想第2弾!


おおきく振りかぶって
第1話 ホントのエース



原作好きなので黒契以上に偏った感想ですが・・・。

アニメらしいテンポで面白おかしく進んでいくので、野球知らない人でも観やすいと思います。が、試合が続くとツライかもしれない。あと映像で観ると三橋が一段とウザくなってて、これも続くとしんどいかも。

そんなときこそ、モモカンの胸で癒されよう!!

ということで、こちらも映像で観ると一段と凄いです・・・どう凄いかって・・・
メロンですか、夕張メロンですか!? ってくらい凄い(笑)
あと阿部ちの腹黒さが初回から出まくってて笑えました。
ハナタジのじゃれ合いは2話目以降に期待します。

公式HPはこちら http://www.tbs.co.jp/anime/oofuri/index-j.html

2007年04月16日

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第1話

今更ながら2007春アニメ感想第1弾!


DARKER THAN BLACK 黒の契約者
第1話 契約の星は流れた・・・(前編)


アニメでもドラマでも初回が面白くない作品は、最後まで観ても面白くないという持論の下の初回視聴なわけですが、この作品は色んな意味で楽しめそうです。
10年前突如現れた異常領域を覆い隠す為の壁「ゲート」、同じくして空を失くした東京、さらに特殊な能力を持つ人間「契約者」たち、そして「ドール」と、意味深な単語が並ぶ。今のところ最大の謎は、何故ゲートの内を巡って大国同士が争ってるのか?(ゲートの内になにがあるのか)ということで、千晶の研究がその一端と関係しているんだろうってことか。

なにより主人公(なのかなぁ黒のヒト)のギャップに萌えたい。
個人的には、彼と眼鏡の美人刑事さんとの絡み(ハリウッド的な肉体的なやつじゃなくて精神的絡みね)が観たい。ほら、ハンニバルの新作も公開されることですし(関係ない)

あと力発動するとき赤目になるのが素敵。
ただ身体が青光りするのは、幻魔大戦を思い出しちゃったYO!
千晶が泣き崩れるシーン、思わず「犯人はそいつなんだよ!」とTV画面に向かって叫んでしまったのは私です。だってねぇ、ダークヒーローって何なんでしょ。ヒーローですらないよねえ・・・。

公式HPはこちら http://www.d-black.net/

2007年04月14日

お知らせ

ご無沙汰しておりますです。
この一週間で外はすっかり葉桜です。やわらかい葉肉に、瑞々しいグリーンが眩しいほどです。激しい雨を何度か繰り返して、あっという間に夏を迎えそうな日々です。

楽しい美しい季節がやってきたというのに、うっかり体調を崩してしまい、PCを立ち上げるのもなんだか久し振りという情けない状態です・・・。ご心配お掛けしてごめんなさい。健康優良児も加齢には勝てないんだと今更知りました。

あーアニメも新番組始まってますし、(銀魂もりぼーんも無事春を迎えられたというのにッ!) 野球もシーズンに突入し見所満載! で、気になる映画の公開も迫っていますし(コーナーンーー!) 今後も体調と相談しつつ続けていく予定であります。反応が鈍かったりするのは大目にみて頂けると助かりますです。すんません。

って結局お知らせつーか言い訳じゃねーかぁっ!!
すすすすみませんんっ!!
| 雑記

2007年04月06日

今年の桜

20070404.jpg

体調不良だったりなんだったりで
桜が咲いてることも知りませんでした
今年もきれいに咲きましたね
もうみなさまお花見はすまされましたか?

2007年04月01日

大学の単位って一番取りやすくて一番落としやすいよね

手品バーって今流行ってるようですね。
女子はああいうのに弱いのか・・・

銀魂49話「ギャンブルのない人生なんてわさび抜きの寿司みてぇなもんだ」


Sな孔雀姫とまんまMな長谷川なら、それはそれでうまくいくんじゃないか? 漏らすぐらい良かったんか?ええ?(←最低) 奥さん帰って来ないし。パンダ着せられてるしな。濡れたパンツじゃ可哀相だって姫の愛じゃね?(笑)

銀さんの黒スーツ!!
って本当なら悶えるトコロですが、長谷川のパンダ姿にきゅんきゅんでそれどころじゃなかった・・・。う、動きが・・・かーわいいーーーー
とまんまと乗せられた。

銀さんの尻ーーーー!!!!

さ、最終回でとうとうピー音に前張り! 前張り!
やるなスタッフ! あんたらこそほんまもんの漢だよ!!
でもな・・・・・・
後半おっさんの全裸ばっかじゃん! 楽しめないヨ!
竜虎背負ってても全裸だから! すっぽんぽんだから!
そっかー銀さんとマダオはすでに局部を見せ合った仲なんだね☆

いやそれよりなにより
もう一年あるってよ! ひゃほぉぉぉ!!

神楽も新ちゃんも出て来ないから寂しくてさ。
一人妄想タイムなわけですよ。
どんな妄想かって? それはここじゃ言えねぇな
って変なテンションですんません・・・

2007年04月01日

善き人のためのソナタ

映画善き人のためのソナタを観てきました。

物語の舞台は1984年、ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。秘密警察国家保安省シュタージは国家の名の下に社会全体を監視下におき、党に反する者・西へ逃亡する者に対する諜報活動を主としていた。シュタージの一人ヴィスラー大尉は、劇作家ドライマンとその恋人で舞台女優クリスタの監視を任されることになる。二人が住む家に盗聴器・カメラを仕掛け、その裏屋根を陣取り24時間体制の監視が始まる。個人を捨て党の為に働くシュタージ。だが盗聴器を通して聞こえてくる二人の芸術家の言葉に、ヴィスラーの心は激しく揺さぶられる・・・。


ナチスを題材にした映画は数あれど、シュタージを語った映画はこの作品が初めてだということ。ベルリンの壁崩壊から17年、ようやく明かされたのだそう。
しかしこの作品は社会全体の思想云々の話ではない。根底にあるのは人間の弱さ、正義、愛といった小さな思想。と同時にそれらとは別に存在する国家や主義の大きな流れ。人は個人の正義を持ち抗い落胆を繰り返す。切なく哀しみに満ちた別れを幾度も重ね、そしていつか変わらないものを見つける・・・希望の話だ。

一人一人は善人でも、互いに監視し合い、疲弊しきったようすが滲み出ていた。空は厚い雲に覆われ、往来のほとんどない町全体は灰色にくすみ、異様な静けさが際立っていた。国民がシュタージの、そして互いの目を恐れて疑いに満ちていたせいだろうか。だからこそ、抗おうとする芸術家たちの言葉は熱を持って聴こえたし、ドライマンが奏でたソナタが響いて聴こえたんだと思う。うまい演出だ。このソナタに添えられた言葉は若干大仰感もあったけれど、それだけ当時の情勢は(私などが想像するよりもはるかに)深刻だったと想像される。

確かに美しい映画だった。
特にドライマンという一人の人間の弱さは見事に描かれていて、とてもリアルに感じられた。何も守れない弱さ愚か、しかし魂を持った人間に感じられた。

以下ネタバレなので反転

彼が壁崩壊後書けなくなった理由を想像すると胸が痛くなった。
愛と国と思想を失くしていったい何を書けと?
ラスト本の出版までは正直やりすぎな気がしないでもないが、ヴィスラーによって彼が二度救われたことは、とても良かった。

クリスタとヴィスラーのシーンについて。
特に二回目のクリスタの表情が美しかった。確かに彼女は裏切ったかもしれない。ただ演劇を捨てられなかっただけだと思うのは欲目だろうか。圧制によって二人は引き裂かれたとなっているけれど、それは壁が崩壊したからそう言えるだけで、愛と芸術どちらの選択を迫られて芸術を取った、結果愛を裏切った(ように見える)だけだ。作品が伝えたいこととは違っているかもしれないけれど、私はそう思いたい。それだけ彼女の表情は美しく見えた。


最後に、やっぱりドイツ語の響きは心地良いです。
怒りや欲に濡れたドイツ語というのもまた格別に良かった。
ヴィスラー役の方の淡々とした音と表情は、眩暈がするほど良かったです。
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。