2008年06月11日

アフタースクール

映画『アフタースクール』観てきました。
あらすじ書くの難しいなあと困っていたら、これ以上他に言い様がないってくらい巧い文章が公式HPにあったので、今回は引用します。

母校の中学校で働く、人の良い教師・神野のもとに、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵が訪ねてくる。探偵は神野の親友で同じく同級生、現在は一流企業に勤めるサラリーマン・木村の行方を追っていた。心ならずも神野は木村探しに巻き込まれてしまう。(アフタースクール公式HPより)

ミステリー要素あり、コメディありの笑ってジーンとする作品ということで、楽しみにして行ったのですが、評判どおり面白い映画でした。

中盤以降の二転三転するストーリー・仕掛けに驚くと、どなたも書かれていますが確かに。後半の急展開は、ちょっと詰め込み過ぎの感もありますが、その分最後まで息を抜けるカットが挟まれるので、圧倒されて付いていけない!ってことはないはず。まさにエンターテイメント作品です。

ミステリー的には全編集中していれば解ける、といった類ではないので、騙されてなるものか!ではなく、素直に楽しく笑って観ていただきたいです。

なんといっても配役の妙ですかね。
神野役の大泉洋さんが抜群の存在感でした。彼のコミカルな演技は、嫌味がなくて自然に笑いが零れます。島崎役の佐々木蔵ノ介さんや木村役の堺雅人さんは、それはもう当然素晴らしいのですが、大泉さんも負けてませんね。登場する女性も、わざとらしくない程度に自立していて強くて柔らかくて、全体的に和やかな雰囲気がスクリーンを通して伝わってきます。

近く二回目行く予定です。
「あの人ってあのとき・・・」が気になって落ち着かない!(笑)


  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。