2008年08月31日

ブエルタ・ア・エスパーニャ2008 第1ステージ

ブエルタ始まりました。
とんでもない時間帯でしたが、なんとかライブで観ましたよ〜
顔見せ・・・選手やチームのおさらい、各ジャージ争いのことなど考えながら、まったり観れて良かったです。それだけ落ち着いていた、とも言えるw

でもってここでは予想外(失礼!)にも、リクイガスが優勝。
そしてジャージはポッツアートに。
ベンナーティじゃないのは仕方ないとしても、きらきら王子から口ひげたくわえイメチェンされたポッツアート。正直・・・微妙だ・・・。ごめん!だって、だって・・・っ!ひげ、って・・・。むこうでは紳士的な要素とかいろいろあるんでしょうけど、やっぱり、こう、ねえ。うー。似あってれば良いのだけど。ちょっとびっくりしてしまったよ。

ガルシアのジャージは遠目に小花柄に見えて、なんとも可愛らしいです。
七色の自転車かあ。

2008年08月30日

ブエルタ・ア・エスパーニャ2008 ひとり前夜祭

ブエルタ・ア・エスパーニャ2008
全21ステージ3,133km
8月30日(土)〜9月21日(日)


明日から!てかもう今日からだった!
現地時間がサマータイムってこともあり
日本での放送は
第1ステージ 25:20〜28:00(チームTT)
なんてとんでもない時間帯に・・・。

スタートリスト(WVcycling.com)

海外サイトなので選手名とチーム名しかわからんのですが。
おそらくスタートリストと思われます(いい加減やなおい)
Jスポでの発表がまだなんだものー。

とりあえずアスタナ必死だな。
これで勝てなかったら・・・うーむむ。
どーしましょう。

個人的にコフィディスのドゥケとか。また見たい。
ツール観戦初心者としては、スペインの見渡す限りの砂と緑の直線の、荒涼とした、長い長い長い道を逃げまくる画を想像すると、なんともワクワクします。あの景色のせいでしょうか。他のグランツールに比べてとても過酷に見えてしまうのです・・・。

コンタドール、サストレ、バルベルデのスペイン勢。
ツール欠場組も楽しみです。ベンナーティ!ボーネン!
そしてそしてツァベルおじさんのスプリントを・・・!

シーズン終盤、世界選手権が近いことや、ドイツ・アイルランドなどのレース開催中とあって、出場選手はちと落ち着いた雰囲気なのですが、それはそれで面白いレースが見れると思うんだ。楽しみです。


と落雷に怯えながら、ひとり前夜祭でした。
明日CS観れないとか、それだけが心配。

2008年08月28日

復活!グリーンウッド放送局

伝説のラジオ番組が15年ぶりに復活!『ここはグリーンウッド放送局 on The Web』配信決定(presepe)

うわああああっ
参った!

もちろん
岩田さんの光流先輩と、関さんの忍先輩ですよおお
うわあー想像するだけで顔が緩むーー。

えーと・・・ドラマ関連なのはまあアレとしてですね。
これは楽しみ。
15年、いやあもうそんなに経つんですねえ。

2008年08月26日

雨無村役場産業課兼観光係(1) / 岩本ナオ

雨無村役場産業課兼観光係 1 (1) (フラワーコミックス)
雨無村役場産業課兼観光係(1) / 岩本ナオ

大学を卒業し彼女にもフラレた銀一郎は、Uターン就職で故郷の雨無村に戻ってきた。村で高校生以上の若者は、女幼馴染のメグと、コンビニ店員の澄緒の三人だけ。村の観光係に就いものの、村には名産品も名所もない・・・。

過疎化&高齢化が進行中の雨無村では、オヤジ連中は家族たちに馬鹿にされ、居場所もなく、どこかで集まって昼間から酒盛りをしています。噂好きでおせっかいな女性たちは、その好奇心から、イケメンの澄緒が大好き。澄緒が村唯一のコンビニでバイトを始めたと聞いては足繁く通ったりする。極端に娯楽が少ない村。

なんというか、岩本さんには、そういう暗い部分をはっきり描かないところがありますね。今も連載中の「町でうわさの天狗の子」も相当奇抜な設定で面白いのだけど、天狗の子を見る、他の土地の子供たちの感情など、描けば重くなるところを、やんわりオブラードに包んで描いています。

この物語りのオブラードは、主人公・銀一郎の人物像でしょうか。
商工観光係に配属され、小麦の検見や、稲の刈取日の決定、ひょうたんの評議会と、銀一郎にとって初めての経験ばかりでした。生まれ育ったはずの村で、自分が知らないことが次々と出てくる。内心は不安でいっぱいながら、銀一郎は、それらの経験をストレートに受け止め、さらに自ら出来ることを模索していく。

結局、なにか継続して取り組むものがあれば、オヤジさんたちも真面目に働くだろうし、その人たちの得意分野であれば、周囲の見る目も変わって、さらには村全体の活性化にも繋がる。お節介でパワフルなところをうまく使えたら、凄いエネルギーになるかもしれない。

銀一郎の真っ直ぐさで、安穏と暮らしていた人たちが目を覚ましていく・・・のか。
キャッチコピー「村役場の星」ってことで、期待したいところ。


一方でこれは恋物語でもあります。
気が利いて料理のうまいメグが気になる主人公。けれどメグはどうも澄緒に恋をしている。ところが、周囲に構われることが苦手な澄緒は、主人公のことが好き・・・と、ちょっと特殊な三角関係。

一番の問題は澄緒でしょうか。
村からも銀一郎からも逃げて、意外な方面から見つかって、いったいどこに向かおうとしているのか。季節が変わっても想いは変わらなかったのに、状況だけがどんどん悪化していってるのは気のせい?

あとがきには編集さんからのオーダー的な話が書かれてましたが(←自分はそう受け取った)正直、岩本さんの絵で澄緒と銀一郎の話が、すごく読みたいです。できればこのまま突っ走っていって欲しい。いや、それが主題じゃないのは承知の上で。急にチューとかいらんから、二人が並んでる絵とか、もっと見たいです。見てニヤニヤしたいんだ。「銀だこ」は吹いたけどw

まあ、年三回連載のようなので、気長に待つしかありません・・・。
村の将来を考えた計画は前途多難でしょうし、澄緒についても(天然王子もいいけど)せっかくなら、家族との関係や気持ちの変化など、もう少し突っ込んで読んでみたいですね。

2008年08月21日

秋風吹いた?



自分の住む地域では、夜はずいぶん涼しい風が吹くようになりました。暦上だけでなく少しづつ季節は変わっているんだな〜と思いつつ、でも昼間はやっぱり暑い!! うおお早く秋になれーー。


■ブルーベリー収穫

去年は三粒しかならなかったブルーベリーが、今年はなんとか収穫に成功しました♪
実がなり始めた先々月あたりから、ベランダの前の電線に小鳥がたくさん集まるようになり、実を突くので、上の写真のように網をかけて対抗。なんとか無事収穫できました!
お茶碗ニ杯分くらい? まずまずです。
あんまり嬉しくてUPしちゃいました〜。

同居人はイチゴはもうやらない、買ったほうが安いと言ってます。
正直、イチゴを一番楽しみにしていた(と思われる)やつがいないので、張り合いがなくなってしまったのかも。
まあ、ブルーベリーならインコたちも食べるので(イチゴは遊び道具にしてた。買ったら高いのに〜) これからしばらくはこれ一本になりそうです。
ジャム・・・に出来るまで・・・らしい(;´∀`)
相当枝分けしないと無理・・・。
んな増やせるほど、うちのベランダは広くないわけで・・・。


■星野ジャパンのこと

アメリカ戦観ました。
アメリカ選手のぶんぶん振り抜く姿勢は、この一球が勝負なんやー!って感じで魅せられました。アマチュアかプロかの差ではないでしょ。この一球、この一打で勝負が決まるんやー!って集中力と意識の有無。

世間で酷評される中、それでも星野さん贔屓目で見ていたんですが、今夜は正直、気持ちが萎えてしまったです。
「(タイブレークの)初球は慎重にいけよ」の一言があってしかるべき場面でした。充分時間はありましたよね。実際シーズン中の試合でノーアウト一二塁で、初球からストライクは投げないよなあ・・・岩瀬よ・・・里崎よ・・・。ベンチワークも選手も、ちょっと緊張感が足りないんじゃないだろうか。と思われてもおかしくない結果。

うーん。なんだろう。
日本はちょっと守りに入ってるというか・・・違うな・・・きれいな試合にしようとしてる感じ。もっと泥臭くて良いと思うんだけどなあ。WBCで王者になって、追われる立場になったんだろうけど、安穏としてられる王者では、まだないはず。

これで決勝リーグ進出。
WBCもギリギリでしたし、まだまだ応援します!
日本の野球は、こんなもんじゃないもんね!!


■小ネタ

今年はどこにも出掛けてないよー!
夏満喫どころか、ずっと仕事(家)だったよー!
な方は、わたくしと握手☆

ではなく。
右サイドバーの「タグふれんず」の絵の中の、ちっちゃい緑色の豆っぽいのをクリック☆
自分はこれが今年唯一の○○見物デスw

2008年08月18日

漫画ナツ100−今年はサクっと読める完結漫画!

酔拳の王 だんげの方さまの企画に参加です。

2006年は名作100、2007年はマイナー100ときて、今年は「サクっと読める完結漫画100」です。今年の縛りはただ一つ、10巻以内で完結している作品です。

毎年縛りを考えるのも大変そうです。さらに集計が鬼のように大変そうです。でもでも、そのおかげで、毎年知らなかったジャンル・作家さんや作品に出会えています。今年は巻数も少なめで手に入れやすいものが揃うでしょうし、これまでのルールから上げられなかった名作も集まるでしょうし、楽しみです!

自分ルール追加
・昨年、一昨年の20位以内作品は除外


これが結構難しいです。
オススメできる良作ほど巻数は長いですし、しかもすでに完結していないと駄目だし。あとあんまり古くて絶版になっていても手に入れずらいとか、せめて漫画喫茶にはありそうなもので、とか考えるとこれが精一杯でした。

集計用テキストはこちらです
http://zinc-unit.up.seesaa.net/image/natu100_2008.txt

ということで、橋の上的サクっと読める完結漫画30作品をどぞー。

--------------------------------------------------------------

■壮大なスケールで描かれる物語

風の谷のナウシカ/宮崎 駿
風の谷のナウシカ 1 (1) (アニメージュコミックスワイド判)
全7巻
有名すぎるジブリ映画の漫画版。
映画はこの作品の一部だったんだとわかります。
ぜひ全年齢、男女関わらず一度は読んで欲しい作品。
きっとナウシカの印象が変わります。

--------------------------------------------------------------

天顕祭/白井弓子
天顕祭 (New COMICS)
全1巻
人々の安全を祈願する「天顕祭」に隠された裏の秘行とは?
「汚い戦争」で汚染された大地、フカシと呼ばれる物質を浄化する竹林、汚染によってレベル分けされ、居住区が決められている世界。同人誌で連載されていたことからか、章の間の説明書きがないと言葉の意味がわからないことも多々。ラスト現実と夢を行き来する幻想的な展開もかなりわかりづらい。けれど重厚な世界観と、登場人物たちの息吹にすっかり参ってしまった。
狙ったわけではないけれど、上にあげた「ナウシカ」を彷彿とさせる世界ではありますが、ヤマタノオロチの伝説を下敷きにしたりなど、読み応え十分です。

--------------------------------------------------------------

■少年漫画

黒博物館スプリンガルド/藤田和日郎
黒博物館スプリンガルド (モーニングKC)
全1巻
19世紀のロンドンを騒がせていた、全身バネのバネ男。装丁どおり練り上げられていく、童話のようでいて、密度の高い西洋浪漫譚。
次世代に受け継がれていくものと、変わらないもの。
格好良すぎて鼻血が出そうです。

--------------------------------------------------------------

シャカリキ!/曽田正人
シャカリキ! (1) (小学館文庫 (そB-12))
全7巻(文庫版)
自転車漫画の最高峰で間違いない。
去年も上げたんだけど今回も文庫ならルールOK♪
ってことで上げちゃいました。大好きなんです大好きなんです。
強い選手が次々出てきては乗り越えてって、少年漫画の王道なんですけど、判で押したようなキャラクター設定ではないので、どの人物も魅力的なのが凄い。
熱い少年漫画、スポーツ漫画をお探しの方に。

--------------------------------------------------------------

人形草紙あやつり左近/小畑健
人形(からくり)草紙あやつり左近 (1) (ジャンプ・コミックス)
全4巻
デスノートの小畑さん。
なんですが、こちらはカラクリ人形が推理する?ミステリー漫画。
美麗な絵は勿論、密室もの、猟奇ものと積極的で、ミステリーとしてもなかなか良かった記憶があります。
当時連載を追い掛けていたんですが、途中サンデー・マガジンっぽい雰囲気で、それもまた見モノでしたね。ジャンプでは珍しいジャンルだったからかな。

--------------------------------------------------------------

MIND ASSASSIN/かずはじめ
MIND ASSASSIN 1 (1) (ジャンプコミックス)
全5巻(文庫版は全3巻)
ナチスドイツで作り出された精神と記憶を破壊する力を持つ暗殺者・MIND ASSASSIN。心優しい内科医奥森かずいは、祖父と父から力を受け継いだ日独クオーターだ。自ら開業する病院にやってくる患者たちをその力で癒していく。
心を痛めながらも患者たちのために力を使うパターンで、長くとも数話完結。読みやすい反面お決まりの流れになってしまうところを、構成の巧みさ緻密さで飽きさせることなく進めた良作。繊細な絵は今も色褪せない。

--------------------------------------------------------------

■少女漫画

ハチミツとクローバー/羽海野チカ
ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)
全10巻
美術大生の恋愛友情苦悩を見事に描いた・・・
なんて言葉の陳腐なことよ。
誰の胸にもきっとあるツボをぎゅぎゅっと押してくる作品。友人と読んで語り合うとツボの違いがわかる、幅のある作品です。

--------------------------------------------------------------

フラワー・オブ・ライフ/よしながふみ
フラワー・オブ・ライフ (1) (Wings comics)
全4巻
よしながふみが描く高校生活。
白血病で一年遅れで入学してきた主人公ハル、ふっくらぬいぐるみ体型な三国、アニメ漫画オタク眼鏡の真島、ベルばらも真っ青な漫画描きに、男にしか見えない女性教師、その教師と不倫する男性教師と、多彩なキャラクター、かれらの見るからに楽しげな高校生活は、もしかすると非現実すぎるかもしれない。
でも読んでる間はきっとみんな心が温かくなっているはず。
それこそ漫画の力だと思います。
→個別記事(最終巻)
http://zinc-unit.seesaa.net/article/44063577.html

--------------------------------------------------------------

蛍火の杜へ/緑川ゆき
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
全1巻
四季を四篇の物語りで綴る。
表題作の「蛍火の杜へ」は、小学生の頃森で出会った妖怪と交わされる、夏だけの交流が描かれます。少女はやがて大きくなり、親愛が特別な気持ちに変わっていき・・・。冬を描いた短編も同じく禁忌が設定されているため、もどかしく切ない気持ちでいっぱいになるはず。
ただ夏目友人帳に受け継がれているように、緑川さんの物語りは常に優しいんですよね。読み終えて振り返って初めてわかるような、じわっとくるタイプ。
夏目アニメ化フェアなのか、各書店でいっぱい平積みされているみたいなんで、この機会にぜひ手に取ってみてください〜。

--------------------------------------------------------------

キス/マツモトトモ
キス (1) (花とゆめCOMICS)
全8巻
色気たっぷりピアノ教師の五嶋と、女子高生カエの恋物語。
ありがちな設定とありがちなストーリー。連載が始まったのはもう12年以上前のこと。それでも未だ色褪せず瑞々しい印象を持つのは、なんといっても作者のセンスの良さ。
なんて難しいことは別として、五嶋がほんと、格好良いんです。
んでもって何故かこれを読むとタバコ吸いたくなるんですよねえ。
お風呂のバスタブで煙草、一度はやってみたい。

--------------------------------------------------------------

笑う大天使/川原泉
笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)
全3巻(文庫版)
それぞれ複雑な家庭事情を抱えた少女たち。超お嬢様学校で出会った三人の織り成す猫っかぶり対決・・・違ったw アクションあり恋愛ありの、のほほん少女漫画。でも実は川原作品の中ではこれが一番読み返したくなるんですよね。不思議です。

--------------------------------------------------------------

バビロンまで何マイル?/川原泉
バビロンまで何マイル? (白泉社文庫)
全1巻(文庫版)
幼馴染のニキとユウリが過去へタイムスリップ!
恐竜時代、ルネサンス時代に飛ばされても逞しく生きる二人。
と書くとなんかすんごく頑張ってる漫画っぽいんだけど、しっかり川原節なので緩いです。
文庫版でチューザレボルジア編完結してるそうです。
ここから惣領作品「チューザレ」にいく際はギャップに注意。

--------------------------------------------------------------

花の名前/斎藤けん
花の名前 1 (1)
全4巻
両親を失くし失意に呑まれていた蝶子は、叔父である小説家の京の元に預けられた。偏屈な京との生活は庭の草花に彩られ、いつしか心穏やかなものになっていく。文学的な暗澹とした途中展開を乗り越えた先に待つ未来。
蝶子ちゃんが本当に可愛いんです。
でもって京が本当にヘタレなんですよねえ(笑)
そして全てがいとおしい。
→個別記事(最終巻)
http://zinc-unit.seesaa.net/article/71142084.html

--------------------------------------------------------------

OZ/樹なつみ
OZ 完全収録版1
全5巻(完全版)
第三次世界大戦後の2021年、天才少女と青年傭兵とサイバノイドの三人が、科学都市オズへと旅立つ。新生オズの魔法使い? ただし物語は骨太。素晴らしい「SF」作品です。
樹さんは「八雲立つ」といい、読み終えたあと、もっともっとこの子たちの物語りを追い掛けたい!!という思いに駆られる、貴重な作家さんです。

--------------------------------------------------------------

GREEN―農家のヨメになりたい/二ノ宮和子
GREEN―農家のヨメになりたい (1) (講談社コミックスキス (263巻))
全4巻
調理師勉強中のワコは、友達と行ったキャンプ先の農村で出会った王子様マコトさんが忘れられず、お手伝いと称して農村通いを始める。マコトさんへの想いは実を結ぶのか?
恋愛ものになるんでしょうけど、ベタベタではないので苦手な方も読みやすいと思います。単純明快なワコちゃんと、彼女のアタックはするっとかわすマコトさんにニヤニヤ。
素直なワコちゃんを見ていると、自然に応援したくなります。

--------------------------------------------------------------

こいつら100%伝説/岡田あーみん
こいつら100%伝説 (1) (りぼんマスコットコミックス (530))
全3巻
厳しい師匠のもと忍者の技術を磨くお馬鹿忍者トリオ。そこへ美しいお姫様がやってきたから、さあ大変! 「りぼん」連載の抱腹絶倒ギャグ漫画。
今なら連載できないんじゃ?って危なめのギャグあり、ハチャメチャな展開と、話数を追うたびに異常さを増していくキャラクターたち。この内容をりぼんでよく連載できたなと。色褪せない笑い。
わたしは人前では絶対に読めない(笑いが止まらなくなるから)んですが、漫画喫茶や古本屋で試し読みの際はお気をつけてどうぞ。

--------------------------------------------------------------

新世紀エヴァンゲリオン鋼鉄のガールフレンド2nd/林ふみの
新世紀エヴァンゲリオン鋼鉄のガールフレンド2nd 1 (1) (あすかコミックス)
全6巻
通学途中シンジが偶然ぶつかった少女は、転校生のレイだった。レイの登場に揺れ動くアスカの想いは・・・もうひとつの学園エヴァ。
学園ラブコメなエヴァで、原作至上の方には合わないかもしれませんが、こういう明るい単純なエヴァがあっても良いじゃない? と新生エヴァの公開が始まった今だからこそ思います。
アスカが滅茶苦茶可愛い。シンジに素直になれないところ、レイに嫉妬してぐるぐるしちゃうところ、可愛さ倍増。浴衣姿のかわいいこと可愛いこと! 愛らしくなったアスカ・レイに、夢見心地です。
クラスメイトになったカヲル君も必見(笑)

--------------------------------------------------------------

この度は御愁傷様です/宮本福助
この度は御愁傷様です (モーニングKC)
全1巻
「遺産分配はダーツで決めろ、楽しめよ!」
謎多き父が残した遺言に翻弄される子供たち(中年ですけど) 徳川の埋蔵金?一億円の遺産?! 曰くあり気に登場する父と縁があるという人たち。笑えて泣けるドタバタヒューマンコメディ。
自由人に翻弄される常識人の設定は、宮本さんの十八番! 丁寧な絵柄と可愛らしいお年寄りも健在です。親子の断絶、お年寄りの孤独といった深刻な内容も喜劇にしてしまうパワフルな作品。

--------------------------------------------------------------

MR.MORNING/高山しのぶ
MR.MORNING 1巻 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
全2巻
虹石を燃料に大陸を横断して走る機関車。虹石機関車に憧れ乗務員となった新米トーキィ・トーイ。配属されたのは「安い・うるさい・狭い」の庶民向け車両モーニングだった。彼を取り巻く人々との心温まる機関車物語。
虹色の煙りを吐いて走る虹石機関車、夢のある設定なだけに、もっと丁寧に描いて貰えると良かったな〜なんて思うのは、すべてのキャラクターが活き活きとしているからでしょう。
ああもったいない! 人情ものかファンタジーかどっちかにすれば、もっと良かったのに! もっと読みたいー!
カバーなど大変丁寧に作られていて、作者とスタッフさんの愛の深さを感じます。

--------------------------------------------------------------

東京BABYLON/CLAMP
全7巻(文庫版は全5巻)
現代の陰陽師の頂点に立つ皇一門の後継者、皇昴流。双子の姉・北都。動物病院を経営する桜塚星史郎。闇が蠢く東京で三人の物語りが紡がれる。
黒と白のコントラストに重点が置かれた絵と、当時の社会問題(老人の孤独、いじめ、新興宗教、家庭内暴力など)を題材にした社会派漫画。耽美で美麗なトーンワークが見事なCLAMP作品の中でも異質。
繰り返される「他人の苦しみはわからない」という台詞は絶望と諦めではなく、心から相手に近づこうとする努力と希望の言葉でした。
ショッキングなラストはちょっとトラウマになってるかも・・・。
でもやっぱりずっと特別な、大切な作品です。

--------------------------------------------------------------

■原作小説あり(ミステリー系)

GOTH/大岩ケンヂ
GOTH (角川コミックス・エース)
全1巻
原作乙一
人間の暗黒部分に惹かれる主人公「僕」と森野夜。森野の死体を夢見る「僕」は彼女の禁断の過去へ遡る…。(Amazonより抜粋)
乙一の作品は最近よく漫画化されてますが、その中でも一番かなと上げてみました。問題のトリックも原作とコミックが互いにうまく補い合っていて、両方読むとびっくりする仕掛けになっています。
若干展開が急だったり、原作のグロさ・狂気が薄まっているところもありますが、美しい黒髪の夜が見れただけで幸せです。実際、夜や僕が見せる表情にときどきハッとすることも。漫画ならではですね。

--------------------------------------------------------------

砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない/杉基イクラ
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 上 (1)
上下巻
原作桜庭一樹
現実主義の女子中学生・なぎさと、自分を人魚だと言い張る不思議な転校生・藻屑。2人の少女の出会いが、甘く切ない思春期の痛みを呼び寄せる。(Amazonより抜粋)
大変読みやすい内容になりました。
原作では初めにオチが明かされており、そこへ到るまでの少女の持つ悲壮感、残酷な運命が描かれていくのですが、こちらではオチは隠され、すんなりと物語に入り込めるような作りになっています。可愛らしい丁寧な絵柄なのも好印象。数多いコミカライズの中でも良作。
原作を知らない方、桜庭作品はじめての方にもオススメです。

--------------------------------------------------------------

女王の百年密室/スズキユカ
女王の百年密室 (バーズコミックススペシャル)
全1巻
原作森博嗣
近未来で周囲から孤立する小国で起きた殺人事件。立ち寄った主人公の過去がリンクしていく。人々の善意で成り立つ法律のない国で起きた事件。誰が何を裁くのか?
森作品の中で群を抜いた緻密な作品。原作ハードカバーの美しさといい完璧だっただけに、漫画化と聞いたときは耳を疑ったものです。しかし開けてびっくり。繊細なタッチと印象的な目。脱帽です。素晴らしい漫画家さんとの出会いをありがとう。

--------------------------------------------------------------

月館の殺人/佐々木倫子
月館の殺人 上  IKKI COMICS
上下巻
原作綾辻行人
まだ見ぬ祖父に会うため、生まれて初めて鉄道に乗車する沖縄の女子高生・雁ヶ谷空海。雪の北海道を行く特別急行〈幻夜〉で、彼女を待ち受ける運命とは…? 未曾有のタッグで贈る、至極の鉄道ミステリ。(Amazonより抜粋)
「至極の」とあるとおり、非常に完成度の高いミステリー漫画。
佐々木さんの絶妙な鉄ネタのおかげ?か、とても読みやすいのだけど、噛めば噛むほど味がじんわり染み出てくるような、繰り返し読める作品。
本当に真面目に作られたミステリーです。

--------------------------------------------------------------

■BL、百合系でもぜひオススメ

同級生/中村明日美子
同級生 (EDGE COMIX) (EDGE COMIX)
全1巻
BL。
優等生メガネっ子と派手め調子ノリっ子の王道。
ずーっと勝負を避けられていた4番バッターが久し振りにストレート真っ向勝負されてどうやってバット振ってたか忘れてた感じ。野球って凄く楽しかったんだ!みたいな(余計わからん)
ノスタルジーだけでなく、先が気になる大切な作品。
→個別記事
http://zinc-unit.seesaa.net/article/85806621.html

--------------------------------------------------------------

クマとインテリ/basso
クマとインテリ (EDGE COMIX)
全1巻
オノナツメの別名義BL。
メガネのおじさま受け萌えの方へ、必読です。
年上受が苦手なのに、50歳以上なんて絶対無理!だった自分も、がっつりハマりました。年下クマ攻めいいなあ。いじらしいというか、外見がクマさんなだけに可愛いんです。メガネ目当てで購入したのに、なんかこれの作品で目覚めちゃった感じです。
ああこうやって人は進化していくんだなあ〜(遠い目)

--------------------------------------------------------------

くいもの処明楽/ヤマシタトモコ
くいもの処明楽 (MARBLE COMICS)
全1巻
昨年このBLがすごいで1位を取った作品。
おやじ受け。でも30台前半で「おやじ」は厳しくないですか。25超えたら29も33も変わらない気がしますが。どちらかと言うと、おやじ受けというより、ひげ受?(笑)
びびるノンケひげさんをどう落とすかって、そんなBLゲーなら喜んで買います。

--------------------------------------------------------------

はつ恋ものがたり/深井結己
はつ恋ものがたり (花音コミックス)
全1巻
BL。表紙で気分を害されてしまったらごめんなさい。
クマさん攻め、ツンデレ眼鏡スキーにはWでオススメです。
多少エロですが、全体的に緩〜い雰囲気。あほの子オーラというのか(失礼)ぬぼーっとしたクマさんに流されっぱなしの受ですが、ちゃんとしっかりしてるところはしていて。でもやっぱり微笑ましい二人なのです。

--------------------------------------------------------------

1限めはやる気の民法/よしながふみ
1限めはやる気の民法 1 (1) (ビーボーイコミックス)
全2巻
良家のお嬢様お坊ちゃまが通う帝能大学。その中でも付属から持ち上がりのやる気のない学生が集まるゼミに、知らず入ってしまった田宮と、ぐだぐだな集団の中心人物藤堂の不思議な友情関係。
フラワーオブライフや大奥でもあるとおり、よしながさんの作品には悪意がない。憎めないキャラクターたちばかりで、そこがやっぱりファンタジーなのだろうけど、なんとか最後はみんな幸せになれるんじゃないだろうか?って気になってくる。
「そんなに人生いつまでも甘かないね」と呟く藤堂にはピリっとしますが、最後はなんとかなるもんだねー♪のノリで、あーもうホントにしようがない子!って感じ。
ビブロスが倒産してどうなるかと思ったら、新装版が他から出ました。手に入れやすくなったと思い、今回30作品に入れてみました。

--------------------------------------------------------------

夕日ロマンス/カトウハルアキ
夕日ロマンス(Flex Comix) (Flex Comix)
全1巻
姉萌! 姉萌!(笑)
実の姉弟もの(といっても姉の超一方的片思い?なんですが)を学園コメディ調に描いています。
ここ数年で二番目に脳内妄想を膨らませた作品。かもしれない。
詳しくは
→個別感想
http://zinc-unit.seesaa.net/article/60211196.html

2008年08月14日

北京オリンピック2008 野球日本×キューバ戦

おおっと。なんだか久し振りの野球記事はやっぱり星野ジャパンのことで!
あ、高校野球もあった・・・。

<五輪野球>ダルビッシュ打たれる…1次リーグ、不安な船出(YAHOO!スポーツ)


不安な船出だそうな。
確かにキューバには、ベースボールというより野球に近いものを感じたし、元来ある強打に加えて、球際の強さやバットコントロールの巧さが備わって(多少選手間でバラつきはあるもののそれは日本も同じで)かなり脅威ではあります。

が、上位4チームが決勝に進むなら、1位で通過しようが4位で通過しようが同じこと。これからダルには再調整して貰って、決勝までに本調子になってくれればそれでいい。第一エースクラスなら何人もいるじゃないですか。キューバとの戦いは決勝リーグまでお預けということで。

それにしても川崎、新井、稲葉ら怪我人や、今夜投げた成瀬、上原ら不調組や、不安要素は数えられないほどある。それを今更あげつらって何になる? WBCが奇跡でなかったことは、(日本を含め各国の)選手たちが一番良く知っているはず・・・!

2008年08月14日

北京オリンピック2008 男子自転車TT

男子個人タイムトライアル終わりました〜

NHKでの放送がないので、某巨大掲示板の情報からストリーミングにてなんとか視聴。自分じゃ見つけられませんもの。これが快適のなんの。もしかしてRRもこっちで観れたんじゃ・・・。(←まだ根に持っている人)

さて、タイムトライアルのステージは、先日のRRで使われた周回コース(の一部?)を二周するものだったようです。一部高速道路なので、両脇に壁がありひどく圧迫感のあるステージでした。

ただ、応援はRRに比べると結構入っていたように見えました。
やっぱり声援があるとないとじゃ雰囲気が違う気がします。

五輪公式リザルト

注目はカンチェラーラの最終区間タイムでしょうか。
映像で観ててもわかるくらい(一人で走っていて比較するものがない状態でもわかるくらい)速く観えた。弾丸だった・・・物凄い迫力でした・・・。第3計測でこりゃさすがに厳しいか、なんて心配をよそに、凄まじい勢いでラスト数qを走り抜けて行きました。
あ、ゴール後、倒れこんでゼェゼェなってるのもイケメンだと様になりますネ!と思ったり・・・。

あと、カンチェより前にスタートしたシューマッハの、どこかしょんぼりな感じのゴールがバッチリ映っていて、ちょっと寂しかったデス。RRでリタイアしたとおり、コンディショニングがうまくなかった?

そんな中「ツールにも出てないのに」と、思わず意地悪な気持ちで観てしまったコンタドール。ごめんよ・・・。でも、前半飛ばしすぎて後半へばってしまうなんて(五輪の舞台に緊張したのか舞い上がったのか?)案外可愛らしいところもあるね! ブエルタも楽しみにしてます。

メンショフにせよエヴァンスにせよ、4年に一度とはいえツール→五輪の流れは、いかに彼らが自転車選手で、驚異的な回復力を持っているといっても、相当ヘビーなんでしょうね。とするとスイス→ツール→五輪ときたカンチェラーラが、人一倍タフなのか。

2008年08月11日

北京オリンピック2008 男子自転車RR

男子ロードレース、BS1での録画放送にて視聴しました。
↑を録画しておいたものを、今見終わったわけですが。

とりあえず一言どうしても言いたい。
これだけは言いたい。

高い受信料払わせておいて、その編集はないやろ。
以上。




北京市街地をスタート。万里の長城を横目に高速道路を交えつつ、約24qの周回コースを最後7周した先がゴールです。なんと全長245q!

距離が長い上に、気温26℃以上・湿度90%以上という、非情に厳しいレース条件。北京市内のスモッグが濃すぎたため、二時間半ほど遅れのスタートとなりました。

そういえば中継の映像がずーっと曇りのお天気だった。あれはスモッグだったのか。レースをする環境じゃないよな、とちょっと思う。マスクをしたくなる気持ちも少しわかる。地元で生活している人には本当に申し訳ないけど、スポーツ選手としてあの空気は吸いたくないだろうと。心肺機能に影響はないのかとか。

気温だけみれば、先日のツールや、スペインでのレースと比べても特別高くはありません。しかし周回コースに入ると選手のリタイアが続出。周回遅れで終了という条件の結果なんですが、さすがの選手たちも、高い湿度に疲労を払うことができなかったようです。

そんな辛い状況に、更に追い討ちを掛けるように、一番辛い周回コースには、普段ロードレースで見慣れた観客が見当たりませんでした。
ピレネーやアルプスといった山岳を登り切るなんて、通常考えられないことをどうして選手たちは達成できるのか? 彼らの中には、沿道の声援や、道路に書かれた自分の名前といった、声援が後押しになっていることもあるんじゃないのか。けれど、そんな応援の姿が少なかった・・・。どうも警備によって、フェンスの外へ締め出されてしまっていたようです。とても残念です。



以下、結果ネタバレなので未視聴の場合はご注意。










続きを読む

2008年08月10日

ウラ県民性

しのぶんさんのところで楽しそうなものを拝見! 早速やってみました♪

まず、tanizakiのオモテ県民性は「大阪・北大阪」でした。

大阪の人は、とにかく金銭感覚が鋭い人が多いようです。問屋の街の歴史から、価格意識が強く、いかに安く買ったかが自慢になるほど。お中元、お歳暮に関しても、砂糖など重くてかさばるものが人気です。半面、物惜しみしないし、あきらめのよい性格でもあります。

また、エネルギッシュでせっかちで行動力があります。「いらち」で、いつも何かやっていないと気が済まない人が多いようですが、「京都は過去に生き、東京は現代に生き、神戸は未来に生きる。そして、大阪は今日の夕方まで生きる」という言葉があるように、目先重視の発想が強く長期展望に欠けるきらいも……。

「京都十代、東京三代、大阪一代(大阪人になるのは一代でなれる)」といわれるように、開放的なところで気さくだから、初対面を気にする人は少ないようです。また、大阪から新しいビジネスが数多く生まれているように、新しいものにも敏感です。

細かく分けると、市内はキタ・ミナミ、市外は北、東、南大阪に分かれ、それぞれ気質は微妙に違いますが、特に大阪万博をきっかけに、他県人が転入してきた北大阪は大阪のなかでも最も大阪らしくない地域なので、ここでは二つにまとめました。


金銭的なところ、かなり当たってます(笑)
・ケチなくせにお金に頓着しない
・目先重視で長期展望に欠ける

夜越しの金は持たねえ!じゃないですけど、後輩とかがいると、飲み会やタクシー代とか「いーよいーよ、ここは私が払うから」って、つい言っちゃうところがあります・・・。カッコつけたいわけじゃなくって、そのときたまたま財布にお金が入ってただけで
給料日まであと二週間もあるYO!残り5千でどーすんの?!とか。
後先考えてないんですよね(;・∀・)

ここでは二つに分けられていますが、個人的には四分割かな〜と思います。
北の神戸側(北西)、北の京都側(北東)、市内、南部(岸和田や堺、奈良側など)って感じかなあ。同じ大阪でも空気が違う気がします。気質というか、風土が違うかも。言葉=大阪弁も微妙に違いますし。
あーこのへんは大阪人のfujicoさんや、ゆず。さんにもお聞きしたいところデス。

まあ、もっとも大阪らしくないって言われれば北大阪、というのは納得。土地柄、言葉はかなり京都弁に近いですし。所謂、大阪のおばちゃん風な要素が薄い地域かもしれません。


で北大阪の女性はこんな感じらしい。
北大阪の女性は、好奇心旺盛で新しいものが好き。また、気が強くクールで行動力もあります。お金には細かいですが、流行に敏感でデザイン重視のため、価格の高いものでも購入します。こだわりが強くどちらかというとシックなものが好みのようです。

価格に拘らないところは当たってる・・・。
欲しいと思ったものは手に入るまで何ヶ月かかっても手に入れたい!
そのための時間と労力と金銭は惜しまない傾向があります(っても、もう社会人なので常識の範囲内で!)
自分の好きなものには拘りがあるので、ちょっとやそっとじゃ、諦められないですねえ。周囲からは「もっとちゃんと考えた方が良いヨ」とよく言われます。
駄々っ子ですか!

新しいもの好き・好奇心旺盛かと言われると疑問。
クール・・・クールかなあ。ううーん。
落ち着いた雰囲気のものが好き、というのは当たってるかもです。

なんとなくですけど。
北大阪には、大きなお祭りがあまりないですよね。
市内は天神祭、南部は岸和田だんじりとか、そういう、全国的な知名度のある大きなお祭りってないんですよ。代わりに、万博公園の野外フェスとか、競技場でのサッカー(ガンバ大阪ですね)観戦とか、どちらかというと、こ洒落た感じのイベントが多い気がします・・・。
だからなんだ?って話ですけど。
そのへんも他の大阪地域と比べて雰囲気が違う理由かもしれません。

結婚すると仕事をやめて専業主婦になり、夫の出世を支える妻になります。子供が生まれると教育熱心な母親に。衝動買いもしますが、預貯金はそれなりに。

専業主婦にはなりたいですけどね。
で一日中、引き篭っていたい。
現実食べていけませんから!!
あと自分にまかせたら預貯金なんて、絶対つくれないと思われwww

こんな北大阪女性(参考にならねええ!)へのアプローチ方法は。
まず、自分の失敗談を明るく話すことで仲良くなりましょう。単刀直入に誘うことが成功の秘訣です。ダサイ男は嫌われます。デートはカジュアルなファッションで。

失敗談、てのがポイントですねきっと。
プライドが高くても、自分の失敗を笑って話せるくらいの懐は欲しい!
ただし嫌味にならないくらいトークもうまくないと、かえって、暗に自慢ですか?ってことになりかねないので注意デスネ!

あと、口を開けばいつも愚痴ってのも、格好悪いかな。
その点ではダサイ男性云々は当たっているかも。

無駄に格好つけたり(嫌味ですか?!とか)、遠まわしに言われても(鈍感なので)、気づかない可能性が高いデス。はっきりビシィッ!と決められた方が弱いかもしれない。

そんなtanizakiですが
実は、わたし、友情に厚い情熱家の、新潟女性でした。

Yahoo!縁結び - ウラ県民性診断 性格から見たウラ県民性は……新潟県タイプ


ウラ県民性診断

新潟の人は、勤勉でコツコツ努力するタイプが多いようです。昔は雪が深く半年近くは仕事ができなかったため、北海道などの国内だけではなく、遠くハワイ、カナダにも出稼ぎに行っていたようです。なかでも「頼まれれば江戸までもちつきに」といわれたように、江戸(東京)に転出した人が多く、東京の他県出身者でも上位の県です。
新潟県は、農業県だけに、保守的で流行にも疎く慎重ですが、意外に見栄っ張りな部分も……。また、律儀でお人好しな性格でもあります。お酒好きの人が多いのも特徴です。


あら、なんだかこっちの方がしっくりくるような?
「流行に疎く慎重」「見栄っ張り」
お酒好きとかw

ハワイやカナダまで出稼ぎとか、ほんとですか。
それは凄い・・・。

昔、新潟には「男の子と杉は育たない」という言葉がありましたが、今日では優柔不断なタイプは少なく、逆に男っぽい男性が増えています。女性は、「女房にするなら新潟女」といわれたほど、働き者で夫につくすといわれています。

働き者で夫につくす、ですか。
働かざるを得ない者、なら心当たりありマスヨ〜。
男性に尽くすよりも尽くされる方が好きデスヨ〜。

新潟の女性もここで二つに分かれてました。
「新潟市内」でした。
新潟市の女性は県内の他の地域に比べ、気さくでフランクですが、調子に乗って嘘など言わないほど正直者でもあります。友情にもとても厚く、新しいもの好きで流行にも敏感です。祭り好きの情熱家で包容力もあります。

流行に敏感 って、どっちなんだー!
情熱家で包容力
ふくよかで元気な明るいおかあちゃんってイメージですね〜。
本当なら嬉しい(笑)

結婚しても働き、家計を助ける妻になるでしょう。包容力はありますが、夫があまりにもだらしないと怒り爆発。

これは当たってると思うw
料理や掃除は分担してください!!
「おいお茶」「おい新聞」なのはちょっと・・・。
わたしは「おい」って名前じゃなーーい!!

気さくだから、ストレートに気持ちを表せばいいでしょう。情熱に弱いので、あとは押して押して押しまくること。ミーハーなので、デートはテレビや雑誌で紹介されたところをチョイスしましょう。もちろん、お酒のあるところに限ります。

もちろん、お酒のあるところに限りますwww
どんだけ好きなんだYO!


面白かったのは、相性の良い地域別男性の結果。
オモテ・ウラともに「東京都の男性」が該当していたんですが、うちの同居人が実は東京の人なんです。偶然?偶然なんでしょうけど、ちょっとビックリしました。

2008年08月09日

自転車男子ロードレースいよいよ明日

オリンピック関連です。
最近、訪問してくださる方が増えたなー
と思っていたら、前回の記事の影響のようす。
みなさん、結構駆け込みですネ♪

■自転車男子ロードレース

いよいよ明日(日付け変更線を越えたので今日)ですね!
うはあ楽しみだー。
NHKで録画放送予定。
ゴール地点などの写真がちょこちょこUPされてます。

RRスタートリスト(Cyclingstartlists)
http://www.cyclingstartlists.com/2008/08Aug/06OGRoad.htm

スター選手で眩しいくらいのイタリアがやっぱり大本命でしょうか。
スペインもアツイです。
がここはベッティーニの金が見たい・・・。

開会式の録画放送を観ていたんですが、自転車選手の姿が見当たらない。
明日レースがあるから出席してないのかな?


■開会式

民族衣装での登場が少なめですかね。
デジカメで撮りまくってる選手は、まあ微笑ましいです。
が携帯で話しながらってのは、どうなのよ、とか。
フリーすぎるだろ!
時代、ってなに!とか。

花火がキレイでした。レッドカーペット脇の女性たちのウエディングドレス風の衣装も素敵でした。

ところで、入場した選手たちが待機している輪の外側で、ずーっと足踏み&ダンス?してる女性たちが、一番大変そうだったYO! どなたも美人さんだったので、このために選び抜かれた方たちなのでしょう。が、こ三時間、ほんとご苦労様です・・・。

■横断幕禁止

だそうですね。
フリーチベットとかでしょうか。
まあアレです。本気でそういう訴えをしたいなら、テレビに映るかどうかよりも、もっともっとやるべきことはあるんじゃないか、とは思います。スポーツとしての楽しみは別にしてほしい、というのが正直なところ。

2008年08月07日

覚悟

(8/27にUPしました)

ヤクザの組長さんから、ひきこもり息子を蔵から出して欲しいと依頼された銀さんたち。

銀魂107話「親の心子知らず」108話「言わぬが花」

一人息子に跡取りになって欲しかった組長。
これ以上親父さんを悲しみに苦しませたくなかった京次郎。
跡を継ぎたくないと引き篭り、自ら命を絶った息子。
それぞれに相手を想い行動して、相手にうまく伝わらなかった結果でした。言葉が足らなかった悲劇としか言いようがない。ヤクザだか堅気だか関係ない。言葉と行動が合わさってこその信頼なのに。

三人ともどこか独り善がりなんです。
相手を想ってというよりも、相手に「こうあって欲しい」という願望の方が強い。息子を想うなら、組長は京次郎に任せたりせず、自分で昼夜問わず声を掛け続けていれば良かったんです。京次郎に対しても、一度与えた温かさを、どうして続けてやらなかったのか。組長さんと若さん、両方の気持ちがわかっていたなら、どうして京次郎は二人の間に立てなかったのか。

そういえば原作読んだときも、とことん救いのない話でしんどかったんだよなあ・・・。今思い出した。
いい話っぽい最後なんだけど・・・。

「家族も同然です」
銀さんとの関係を聞かれた新八が、京次郎を真っ直ぐ見て答えるシーンが印象に残ってます。
神楽も新八も、所謂お母さんがいてお父さんがいて、って当然在るべき家族を早くに失くしています。だから今の万事屋での関係をすごく大切にしてる。万事屋だけじゃないけども。言葉がなくても、無いからこそ、仕草ひとつ言葉ひとつを凄く大切に受け止める。そのものの意味以上のものを感じ取ろうとする。温かいものがずっと当然のように存在するわけじゃないから。いつ無くなるものか、わからないから。それが相手を信じて自分を信じるってことだと、本能で感じてるんだと思う。

ヤクザの話に首突っ込むには相応の覚悟がいる
なんて言ってる京次郎だけど、実は二人の覚悟も相当重いです。

死ぬことしか考えられなかった京次郎にせよ、若さんのことにせよ、銀さんはなんとか引っ張り上げたかったんだろうけど。京次郎と自分を「無法者」と呼んだ銀さんは、こういう、どうしようもない話を子供たちに見せたくなかったんだろうけど。

でも子供たちはとっくにわかってるよ。たぶん。
紅桜編で互いを信じてそれぞれ行動していた二人だから、今回もきっと銀さんの考えなんてお見通しだと思うんだ。銀さんは、京次郎を組長さんを引き合わせて戻ってきたところを、子供たちに思いっきり怒られてるといい。結局、すぐ一人で動こうとする銀さんも、まだ覚悟が足りてないのかもなあ。そうか。そういうところも京次郎と似てたのかも。

あー。
万事屋と家族ものが被ると駄目だー。
色んなことがグルグルしちゃって、本編と関係ない方向へ想像が膨らんでいってしまううう。

2008年08月06日

北京オリンピック 各局番組表

オリンピックが始まりますね。
HDDやVHSなど、たっぷり空きは用意されてますでしょうか。うちもこの休日に、なんとか溜まっていたものを消化して、こじ空けました。
ということで、直前の自分用として、各テレビ局の放送枠をメモしてみます。

■まず全体の各競技の日程など、全体を確認
NHK北京オリンピックオンライン

予選、決勝と同日ではない場合もあるので注意です。
「競技紹介」は今までよくわからなかった競技に触れる一歩になって、個人的にお気に入り。ただ、これも、あれも・・・となって、最終的に全部観たくなる罠。

■各民放放送枠からチェック
社団法人 日本放送民間連盟

地上テレビ、BSデジタルの番組表が下の方にあります。
※PDFです

女子マラソン、野球、柔道、ハンマー投げ、ソフトボール、サッカーあたりをゴールデンタイムで放送されるようす。ってもこれだけで結構な量です・・・。

全部チェックなんて無理!!
忘れん坊のうっかりさん、かつ面倒臭がりなtanizakiとしては、それぞれの時間帯で放送されるハイライトをチェックしておく、というのも一つの手かな〜。なんて考えてます。とくに帰宅〜夕飯時間〜就寝までの時間帯は忘れないようにメモメモw

■NHK放送枠もチェック
北京オリンピックオンライン オリンピック放送の概要

NHK総合、BS1、BSハイビジョン、NHKラジオ第1
各メディア毎に、番組表が掲載されています。
※こちらもPDFです

あらゆる手段を使って各競技をカバー。さすがNHK。
生中継、録画、追い掛け中継など方法は様々ですが、これでほとんどの競技はチェックできるかも。複数の競技が同時間帯になっても、放送はずれるので、その点はラク。

■あくまでも全て予定
当たり前っちゃあ当たり前なのですが、時間変更も考えられるので、予約録画の場合は、時間が変更・延長されても追い掛けて録画してくれる機能を、ここぞとばかりに使いまくる!

うちも各ハード機を使って、追い掛けたいと思います。
なんだかんだ言って、やっぱり気になるオリンピック。
録画機器が便利になった時代ですもの。普段観慣れない競技こそ、これを機会に観てみようと思ってます。


そしてアニメ・ドラマ関係の時間変更も多発するはず。
いつも以上に録画は慎重にしなくては・・・。

2008年08月05日

ロベルトどこ行った(監督的な意味で)

(8/26にUPしました)

銀魂106話「恋愛ってたいていサドンデス方式」

キャプテン翼と下ネタでサッカー。
てか最早サッカーですらない・・・。

桂の三杉君ネタとか思わず吹き出しちゃったけど、OPのふりはテニプリ話だし、うーん。動乱編があけて1クッションって感じでした。オチが途中で想像ついてしまったし、キャプ翼パロが良かっただけに、残念だった。

下ネタがひどすぎて、これまで笑ってこれたのに、今回はちょっとキツかったなあ・・・なんでだろ・・・。疲れてんのかな(自分が)

正直サッカーでよかったデス。
サッカーファンの人にはごめんなさい。
これ、野球でやられたら、たぶん直視できなかったと思う・・・。
いや、サッカーを使ったネタだからって、わかってんだけど、それでも、スポーツで遊ばれるのは我慢できない。
個人的な理由ですみませんすみません・・・。

とりあえず、万事屋の半パン姿見れたのはラッキーでした(´∀`*)

2008年08月04日

真選組動乱編、完結

(8/25UPしました)

銀魂105話「何事もノリとタイミング」

OPとEDの曲が入れ替えられ、OPではこれまでの伊東の映像が流され、動乱編もいよいよ完結! 一気にテンションが上がりました。歌詞とかぶってたり、ちょっ、ヤラレた・・・!


土方と伊東の決着をどうつけるか?
伊東の裏切り行為をどう扱うのか?
真選組の中で最後まで隊士として見届けられたのは、伊東にとっても真選組にとっても良かった。伊東が大量出血のショックでがくがくしながらも、真っ直ぐ土方に向かっていったのが、なんとも・・・。

確かに組の頭は近藤さんなんですけど、だからといって、土方以下が駒なわけじゃない。死んでいったものたちも全て背負って、真選組が在る。その覚悟は近藤さんだけじゃなく、土方も、みんな一緒・・・なんだよね? 山崎の扱いはひどかったけど!www

「誰が死んでも関係ねえ 前を向いて進むだけだ」
この動乱編は、いくつか鏡合わせになっているようなところがありますね。上の台詞を笑ってきいてる銀さんですが、きれいに死ぬ潔さよりも、みっともなくても最後まで足掻いて生きようとする力の方が大事なんだって、原作連載で何度も繰り返されてきたフレーズです。

一方で、伊東を最後まで侍として扱った真選組と、侍の国であったことすら許せない鬼兵隊。
いつも飄々としている万斎が声を荒げたのが印象的でした。
それほど彼の中に怒りや失望があるのか。
伊東は周囲との縁を自ら切っていたけれど、万斎の過去には、いったい何があるんでしょうか。高杉を呼び捨てにしたり、それでいて人へ向けた音楽を作っている・・・。未だ掴みきれません。

「今も昔もおれの護るもんは なに一つ変わっちゃいねえ!」
一度背負うと決めたら簡単に手放しちゃいけないんだって、伊東に手を伸ばした近藤さんたちを観ていて思う。ヘビーです。滅茶苦茶重い。
攘夷時代はまだ桂たち入れて4人(他にもいっぱい先導はいたでしょうし)で背負えてたものが、今は一人で、自分の手で持てる数なんて知れてる状況で、子供たちがいて。自分で抱えていたものを取りこぼした記憶は消えない。そこに悲壮感がないのは、次は絶対に零さないって決意の強さでしょうか。


難しいことは置いといて。
トッシーは土方に融合したようですw

2008年08月03日

縁の糸

(8/25UPしました)

銀魂104話「大切なものは見えにくい」

ここまで正面きって、まだ伊東を仲間だと言う近藤さんの、度量の大きさに参った。
伊東の心の中にいた小さな子供に手を差し出せる、近藤さんの真っ直ぐさ。この性格もあって、今回事件に発展したわけだけど、なんだか、それもこれも全部まるっと背負っちゃう近藤さんは、凄い。
本人自覚がないけど、ナチュラルにやられちゃあ、どこまでも付いて行きます!ってもんで。

万斎の弦をぶち切る銀さんも同じでしょうか。
前からも後ろからも引っ張られて・・・って台詞に胸突かれました。
攘夷のことがあって、彼の中で一旦背負うことをやめようとして、でもやめようとしてやめられるもんじゃなくて、自分でもどうしようもない。杉田さんの声がまた、あ銀さんだ、って(当たり前なんだけど)感じて、余計苦しくなった。

伊東は二人のように受け止められなかったんかな。
ただ彼を責める気持ちにはなれないんですよね。
銀さんも近藤さんも言っていたとおり、他人の命や想いを背負うには、相当の覚悟がいる。重みで自分も潰れてしまうかもしれない。そんな中前を向いてなきゃいけない。すごく恐い。だから伊東の逃げを責められないんだ・・・。

2008年08月02日

土方十四郎見参!

4ヶ月ぶりの銀魂です。(8/25UPしました)
真選組動乱編の真っ最中。
おぉいっ!
それいつの話だよ?!
いやあ
ひさしぶりに観たけど、みんな、かっけぇなあ。

銀魂103話「長所と短所は紙一重」

鴨の罠にかかった近藤さん救出の始まり。

沖田と土方と近藤の関係性に、原作読んだときも、うわーうわーなったもんですが、アニメの沖田は特に近藤愛が増してる気がする。隊士たちを粛清するシーンに、本気で鳥肌が・・・。鮮血飛びまくりもだけど、なんつーか、原作のイっちゃってる感じじゃなくて、ちゃんと理性でもって、誰も認めない風なのがビシビシ伝わってきて、正直、アニメの沖田は(生身って部分で)怖い。

それにしても・・・。
「トシ」「おまえら」って近藤さんてば・・・。
天然とはいえ、無意識で言ってるなら重症ですよ。
(おいらの頭が重症です)
停電ですっ転んだ近藤さんに手を差し伸べる、沖田の表情がとっておきに柔らかくて、姉ちゃん思い出しちゃった(泣) 近土派としては「ここー!」「待ってたー!」な回でした。神さま、本当にありがとう。

まあ、そういうちょっとふざけを出さないと、真面目に語ると、原作と妄想をごっちゃにしそうで、自分が怖いんだ。

ってくらい本当に三人とも良かった。血飛沫とか土埃とか涙とか鼻水とかで、ぐちゃぐちゃになって、これでこそ真選組だと思う。うん。パリっとした隊服は格好良いけど、でも、近藤の道場から始まった彼らからすると、これがこの人たちの根幹なんだなって思いますね。

あと万事屋では、神楽が「銀ちゃんどうする?」ってホントに軽く聞くシーンがありましたが、(原作感想でも書いた覚えがあるけど)この一言が凄く好きです。

やっぱり神楽ちゃんは戦いに慣れてるんだなとか。
でも、今回は直接万事屋に関連することじゃないしとか。
あいつら(沖田含め)なら自分たちでなんとかできんだろとか。
でも結局、銀ちゃんは助けに行っちゃうんだろーなーとか。
銀ちゃんが決めればいーよ。

って感じで、神楽ちゃんと万事屋(てか銀ちゃん)との距離感、信頼感を強く感じてしまうんですよね。

久し振りの感想なのに、さっそくキモイ人ですみません(´・ω・`)
万事屋の隊服バージョンがすんごく良かったデス。

2008年08月01日

夏目友人帳 第4話

夏目友人帳 1 【完全生産限定盤】

夏目友人帳
第4話「時雨と少女」


妖しになった神様のお話。
人間の信仰心によって神様と呼ばれるようになった妖し「露神」が以前登場しましたが、今回登場した「時雨」は、もともと招福の神様であったのが、欲深い人間と関わり変化してしまった妖しでした。

自らを不浄のものとされ、棲家まで奪おうとする人間を嫌い、夏目の同級生たちを連れ去る時雨。特異な力により異端視され親戚をたらい回しにされてきた夏目。夏目は「お前人が好きではないだろ?」というニャンコ先生の言葉を否定しませんでした。それほど二人はとてもよく似ています。

同級生たちを助けるため、夏目はなんとか時雨を説得できないか考えます。委員長から妖しになった神様の言い伝えを聞き、自分と重なる部分を感じたのか。

けれど本当は。
本当は人間が嫌いなわけじゃない。

今回クラスの肝試し大会に参加したように、夏目だって人間との関わりを拒絶しているわけではないのです。幼い頃の夢を見てうなされるのは、拒絶されることに対する苦痛や悲しみがあるからでしょう。
そしてそれは時雨も同じ。毎日通ってくる委員長に姿を見せなかったのも、不浄な姿を見せれば恐れ拒絶されるのではないか? 不浄な己が触れては穢してしまうのではないか? という複雑な想いあったから。人を身勝手な生き物だと遠ざけながら、それでも、諦めきれない想いがある。

「交差しようとする心が見えたよ」
消える間際、委員長に触れていった時雨を見て、夏目はなにを感じただろう。そして、忌み嫌い恐れるのではなく、一歩でも近づこうとする委員長の姿に、希望を感じてくれれば良いなと思います。


ところで、女子高生に化けたニャンコ先生が結構可愛かったです。
でもガニ股はいかんよ!ガニ股は!w

公式HP
http://www.natsume-anime.jp/
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/natsume/
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。