2012年11月07日

絶園のテンペスト 第5話

絶園のテンペスト
第5話「全てのことには、わけがある」


島に閉じ込められる前の左門とのやり取りから、歴代最強の魔女と呼ばれる葉風の力が明らかになった。彼女の力が直接描写されたのは今回が初めて。山半分消し飛ばし、さらに左門や子供たち全員を護る空間を形成してみせた。これまで真広たちが魔具で得ていたものなど比較にならない強大な力だ。はじまりの樹に愛され、とてつもない力を得る葉風の存在は、ただそれだけで恐怖の対象に成り得る。鎖部は破壊のための魔法は使えないという条件下で彼女が使ったのは、ほんの小さな金属の欠片ひとつだけ。より複雑で高度な人工物になるほど、得る力が大きくなるというなら、彼女の存在こそが脅威になるのではないだろうか。

今回、葉風の圧倒的な力を見て感じた畏怖は、「はじまりの樹」を崇め奉る鎖部一族への違和感にも繋がる。数回の使用で壊れてしまう魔具。創造する力を得るためには、供物を消費し続けねばならないという矛盾。鎖部の「はじまりの樹」に対する傾倒は、異様ですらある。吉野が感じた因果や条理への不審が今後どのような展開を見せるか楽しみ。

今回、一気に視聴継続に傾いた記念にレビュってみた。
左門の葉風に対する苦悩というか、一族最強の姫君を敬い畏れる心情が垣間見えて、ぐっときてしまった。彼がなにを恐れ、なにを思い「絶園の樹」の復活を急ぐのかはわからない。葉風は、左門が自分を殺さないのは万が一の場合の保険だと言っていたけれど、(堅実な人という話なので勿論それも一理あるだろうけど)、貴女を殺すはずがないと言った左門はひどく思い詰めているようだったし、ただの損得だけで断じれないんじゃないかなあ。だったら美味しいなあという、この手のもんもん悩んでる人が好きなので期待半分。

BLOOD+でもアンシェル×ディーヴァ派だったんだよなあ・・・。
ほんと我が事ながら、この手の関係性が好きすぎて困る。

2012年11月05日

2012秋アニメ簡易感想(4)

ほわあ、もう11月ですか。早いはやい・・・。
会社では風邪が流行中です。

ということで、
(まだ続いてたの?)前回の続きです。
スタート前から、4話目まで我慢して観ると決めていた「ROBOTICS;NOTES」「リトルバスターズ!」ですが、ようやく物語が動き始めました。しかしどう転がっていくのかまだ予測できないあたり、これからが楽しみです。中二病と神様はお待たせラブ展開?!でゴロンゴロンしてます^^ ラブコメ大好き!

中二病でも恋がしたい!
高校に入学したばかりの主人公・富樫勇太と、彼のクラスメイトでマドンナ的女子・丹生谷森夏は、過去中二病をこじらせていた経験があり、それを恥ずかしさから周囲に隠そうとしている。一方同じくクラスメイト・小鳥遊六花は「邪王真眼の使い手」という自分設定を持ち現在進行形の中二病だ。六花の友人・凸守早苗は中学三年生でまさしく現役。ここに学年上の五月七日くみんという、その手の話題に触れたことのない視点が入る。

(中二病だった過去の自分から)一番対極だという理由で学級委員になりチアリーダー部を選んだ森夏。過去の自分設定ノートやらを処分しようとした勇太。二人にとっては消し去ってしまいたい恥ずかしい過去である。ただしこの作品の「中二病」は、自己卑下に繋がりかねない描写は排除されている。顕著なのは、中二病を否定するキャラが出てこない点だろう。うわあああと叫んで地面をグーパンチするような、大人になったときにイタタターと赤面するようなもの、というのがこの作品の定義なのだと思う。時も場所も選ばず振る舞う六花と凸守も、無茶苦茶な彼女たちに巻き込まれる勇太や森夏も、ちゃんと楽しそうに見えるよう工夫されている。青くなったり赤くなったりする勇太たちと、「なんか楽しそうな」六花たちを見守っているくみん先輩の年上目線がフラットでとてもわかりやすい。

本当はまだまだ中二病的なものが大好きで、でも体裁を気にして捨てようとした勇太が、六花に頼られて悪い気はしないなって思ってそうなところや、身体いっぱい使って今を楽しんでる(実は勉強できる子)凸守を見ていると、ほんわかした気持ちになります。

ところで。
勇太にアドレスを考えて貰って嬉しそうな六花が、大変可愛らしかったです。涙目の上目使いは狙ってきてる感満載すぎてイマイチ萌えなかったけど、首根っこ掴まれて「あう」って小さく声上げて、「わかんないんだよぉぉぉ」って半泣きなとこが小動物っぽくて個人的には一番キました。六花・・・すごくいじめたくなるよね・・・。
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。