2008年06月13日

BLASSREITER 第10話

ブラスレイター VOL.1

BLASSREITER 第10話「陰謀の中で」

XATに新たな戦力が追加されることになった。パラディンと呼ばれる新たな重機は、融合体をあっさり鎮圧してしまう。重体のジョセフの身柄をXAT管轄下から移管すると聞かされたヘルマンとアマンダは、脳死状態になったマレクを救うため、移管される前にジョセフのデータを引き出そうと試みる。

局長はヘレアと繋がっていたり、隊長はベアトリクスとハァハァな関係だったり、ヘルマンとアマンダは解雇、パラディンを装備した新三班は(局長よりもっと上の)上層部からの指示で改編されている模様。XAT崩壊は早かった。さらにジョセフの件を知っている射撃隊二人ですが、まずはブラッドが元彼女を送り込まれて、あわわ・・・な展開が容易に予想されます。

ザーギン一派とヘレアは繋がっているものだと思っていたんですが、ブラスレイターを巡っては対立しているのかもしれませんね。局長がヘルマンとアマンダを解任するだけで済ませてしまうのも、組織としておかしい。と思ったら、予告で融合体に襲われてた。ジョセフ復活か、とりあえずなんとか生き残りフラグ? ちなみにマレクが示すように、融合体といえど脳死していると人間と同じというのも興味深いです。

ところでお馬さんに乗ったブラスレイターが、ラオウ様に見えて仕方ない件。 

公式HP
http://www.blassreiter.com/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。