2008年06月21日

熱海「ア・ラ・プラージュ」とMOA美術館



休暇を利用して、友人と熱海へ行ってきました。
熱海駅からバスに揺られること5分ほど、海からひとつ中に入った通りにある「ア・ラ・プラージュ」でお昼です。

南仏風に、黄色を基調とした明るい店内で、家庭的なフレンチをいただけるお店です。ランチは、オードブル・メイン・デザート・コーヒーの基本コースと、メインの肉料理と魚料理を両方楽しめるコース、シェフおまかせコースがありました。それぞれ料理の中から選べるので、友人同士色んなものを頼んでみたいところ。


オードブル:本日の地場野菜スープ
この日はかぼちゃスープでした。コンソメのピューレっぽいものが浮いていて、しっかりした味になってます。温冷どちらか選べるのもいい♪





友人が選んだイサキのカルパッチョは、新鮮なイサキを三種類のソースで頂くもの。特にトマトがのったソースは、酸味があって予想外に合ってました。スープ写真の奥に、パンと小さいお皿が写ってますが、お皿にオリーブオイルが入っていて、パンに少しつけて頂くとうまーい。

メイン:牛ほほ肉の赤ワイン煮込み季節の野菜添え
お肉がやわらかい!! ナイフが必要ないくらいに煮込まれていて、フォークを入れるとほろほろとほぐれていって・・・ああっもったいない!(笑) あと赤ワインはお肉を口に入れると匂う程度で、とても食べやすかったです。





ナイフを入れてくれて撮らせて貰った友人の魚料理。
エビとチーズのムースを鰈で包んで、白ワインで蒸したもの。このムース、ときどきエビのすり身なのか、ぷりっとした食感があったり、チーズもくどくなくて、ほんっとに美味しかったです。ああまた食べたい・・・。

デザート:2種類のシャーベットの盛り合わせ
大葉とブラッドオレンジでした。大葉!って聞くだけでびっくりなんですけど、香草特有のえぐみも一切なくて、すきっとした甘みのシャーベットでした。ブラッドオレンジもしっかり甘めで、全然苦くなくって、これもびっくり。コーヒーか選べましたが、ハーブティと一緒に頂きました。




ランチで2700円は高い!
んですけど、値段と味を考えると調度良い設定かなって感じです。
どのお料理もバリエーションが豊かで、季節ものを使っているので、季節ごとに色んな料理を食べてみたいな、と思わせてくれるお店でした。「今日はどんなものを食べさせてくれるんだろう♪」ちょっとワクワクします。

熱海も再開発真っ最中で、あちこちで工事してますね。
こういう小さいながら良いものを出すお店が、もっともっと増えていくと楽しいなあ。


お腹いっぱいになったので、このあとMOA美術館へ行き、のんびり見て回りました。

江戸後期から昭和初期にかけて女性画の変遷が面白かったです。
実は尾形光琳の紅白梅図屏風が所蔵されてるんですが、公開は毎年二月のみのため、今回は見ることができませんでした。残念。

箱根美術館と同じ財団が管理しているようです。
女性画の展示でも感じたように、作品全体が力強い気がします。この日は創設者の名前を冠した「岡田茂吉賞展」が催されていて、豪胆な作品が多いのも、なんとなくわかる気がしました。
モネの睡蓮が、ロビーに普通に展示されていたり、豪気だなあと。

展示室も広々としていて、通路も広く取ってあるので、人とすれ違ってもまったく気になりません。落ち着いて回れると思います。あとブースごとにちゃんと担当の人がいらっしゃって、こちらから気軽に声を掛けられる雰囲気も良かったです。

美術館の中に舞台ホールがあり、月に一度くらいのペースで薪能や能楽の催しなどもあるようです。機会があれば見てみたいです。


この記事へのコメント
tanizakiさん、こんばんは〜。
熱海に行かれたのですね・・・ってなんて美味しそうなっ!!じゅるり。
さっきご飯食べたのにおなかが減ってきてしまいましたw
ランチとしてはお高めですが、美味しそうなので納得〜。

MOAもご覧になったんですね。
あそこ素晴らしい立地で、収蔵作品もかなりいいものが揃っていて見ごたえありますよね!能、見てみたいです。

ちょっと前の記事なのですが、行ってきたときの感想TBしちゃいますね★
Posted by しのぶん at 2008年06月23日 21:35
>しのぶんさん

お返事とんでもなく遅くなってしまってごめんなさい!!
TB、あとでじっくり拝見させていただきます!

お料理
おいしかったですよ〜。
お肉もやわらかくって良かったんですが、次は絶対魚料理にしよう!と思ってます。
今度は秋か冬だなと、さっそく企画中デス(・∀・)
観光地価格なのかな?って料金ですが、ゆったり静かに美味しいものを頂けるなら、妥当なところかなと思いました。

>MOA美術館

はい、初めて行ってきました!
このとき公開していた作品は、全体的に力強いものが多かったですね。光琳ではないんですが、松と川が描かれた屏風(作品名わからない・・・)など大きさ以上に存在感があって、しばらく遠くから眺めたり。館内から見える熱海の海や山の景色と重なってきて、圧倒されました。難しいことはわからないんですが、この美術館らしい作品だなって感じるものが多かった気がします。見応えたっぷりですよね!
Posted by tanizaki at 2008年06月27日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の美術館めぐり記録その1「華麗なるアール・ヌーヴォー、アール・デコの世界」「花の絵画」「エミール・ガレ アール・ヌーヴォーのガラス工芸」
Excerpt: [8/13写真をUPしました] うかうかしてるとアートレビューし損ねるので、簡単にメモします。 あとで写真UPします。 しのぶんの夏休み(仕事の...
Weblog: ライトオタクなOL奥様の節約入門日記
Tracked: 2008-06-23 21:37
  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。