2010年01月17日

震災から15年

震災で亡くなった方、その後後遺症などで亡くなった方、みなさまのご冥福をお祈りします。

当時住んでいたところでは大きな被害はありませんでした。
ただ暗闇で体験した恐ろしい揺れと、隣の県であるのに、神戸へ向かうことが許されなかったことと、連日テレビで流されていた、信じられない嘘のような映像を見たときの衝撃が、心に焼き付いています。


15年前のことなのに、まだ過去の話には思えません。

災害が恐ろしいのは、人の命を、生活基盤を、根こそぎ奪ってしまうことかもしれません。経済が立ち直っても、個人レベルの生活が元通りになるのは本当に難しい。神戸から離れて生活せざるえなかった友人家族を、今でもニュースで災害を知るたび思い出します。

被災された方の気持ちは想像するばかりですが、ふとしたときでもいい、自分があのとき感じたことを、周囲の人たちに話すことはできます。思い返したとき、今後の備えについても考えることができます。些細なことでも繰り返していきたい。改めてそう思います。


この時期に起きたハイチの地震が他人事に思えなかったり・・・。
神戸や新潟の経験が支援に活かされますように。
一人でも多くの方が助かりますように。
この記事へのコメント
tanizakiさん、こんばんは。
神戸で亡くなった方のご冥福を私もお祈りします。
そして、それをさらに上回る規模のハイチの地震に衝撃を受けています。

亡くなったたくさんの方のご冥福を祈るとともに、助かる命が一つでも多くなるよう祈っています。

>15年前のことなのに、まだ過去の話には思えません。

ニュースや新聞で見て「そんなに前だった?」という感じです。
感覚としては、ついこの前に起きたことで、その痛手から立ち直っていない人も多いはずの、生々しい出来事です。

>災害が恐ろしいのは、人の命を、生活基盤を、根こそぎ奪ってしまうことかもしれません。経済が立ち直っても、個人レベルの生活が元通りになるのは本当に難しい。

たとえば年代としては近かったので、被災者で受験生だった人など、たとえ命が助かっても、自分のせいではないことで大幅に人生が変わってしまったという場合もあっただろうと思います。
自分ではどうにもならないことで、突然命をはじめとして、色々なものが奪われる体験をした人がどれだけ多かったことでしょうか。

不平たらたらで「不幸な自分」に酔うタイプの人は、そういう不意打ちかつ、理不尽に思えるような出来事に遭遇しなかった自分の僥倖についてもう少し考えるべきではないか、もっと自分にできることについて真剣に向き合うべきではないか、と考えます。
そのためには、そういう人や、知らない世代に対して「あのときにこういうことがあった」、という話を伝えなくてはいけないですよね。

あの時のニュースを共有した世代の我々は、凄惨な話もあったということを知る者も多いのですから、小さなことですがやはり忘れないこと、伝えること、経験を生かすことなど、できることはやっていきたいです。
Posted by しのぶん at 2010年01月21日 00:08
>しのぶんさま

しのぶんさん、こんばんは。
15年と言われてもまだ記憶は生々しいんですよね。
今もずっと苦しんでる方がいるはずで。

>自分ではどうにもならないことで、突然命をはじめとして、色々なものが奪われる体験をした人がどれだけ多かったことでしょうか。

そう、命だけじゃないんですよね・・・。
衣食住に関わるすべて、個人の幸せも人生も、あらゆるものが奪われてしまう。
神戸のある町では、ようやく区画整理が進められ、最近町としての機能は戻ったそうです。それだけでも大変な時間と労力と税金が使われたそうですが、町が活気を取り戻すには、あと何年掛かるかわからないと聞きます。

とはいえ町なら入れ物は戻せますが、人はそういうわけにいかないですから。
怒りをぶつける先もなく、どうすることもできなくて、理不尽さを飲み込むしかなかったんだろうと。いつか自分の人生を(違う形であれ)取り戻すために。

>そのためには、そういう人や、知らない世代に対して「あのときにこういうことがあった」、という話を伝えなくてはいけないですよね。

繰り返し続けていくことでしょうか。
なにかの折にふれ、感じたこと見たことを伝えていく。自分自身で振り返る。

正直、日々生活に追われていると、自分が不幸だと思うことを、周囲や環境を原因にしていまいそうになるんですよね。恥ずかしいことですが。
でも、こうした理不尽な出来事を知っているから、知っている自分だからなにかできることがあるはずで。

大きなことはできないけれど、できることを繰り返し、生活の中で重ねていくことだなと思います。
Posted by tanizaki at 2010年01月22日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。