2011年10月18日

2011秋アニメ 簡易感想(3)

今日は早く帰ってこれた!やっほい!
ということで久し振りに平日更新です。

未来日記
てっきり由乃が主人公だと思ってました。
自分の世界に引き籠っている雪輝に痛い痛いと思いながら、でも主人公なのかと肩すかし気味だったのですが、蓋を開けてみたら、イっちゃってる度合いMAXな由乃ちゃん登場で、やっぱり彼女が主人公で正解!という。ゆっきーはヒロインなのかそうなのか。日記保持者全員集合では、めでたく全員からターゲットにされてしまうし。あれはデウスの誘導のようにも見えましたが。

各々の日記の機能が違うようなので、そこから戦い方のバリエーションも増えていきそう。心理戦になってしまうとアニメで理解できるのか、楽しめるのか心配ですが、もうしばらく様子見ですね。ネタバレだけは踏まないようにレビュー巡回したいです。

Fate/Zero
面白いじゃないか!
結局前作は観れずじまい。
聞き慣れない単語の連続で、一体どういう漢字を書くのか想像もできない単語が多くて困る。しかしそんなことは些細なことで、英霊と人間それぞれのキャラクターは勿論、その組み合わせによって色んな見方ができて、大変お得な作品だと思います。

個人的にキャラ萌え、シチュエーション萌え体質なので、不幸オーラ出まくりの雁夜組や、幸か不幸か相性抜群な龍之介組、葛藤が続きそうな切嗣セイバー組など、とても美味しいです。蟲や血描写など相変わらずのニトロプラス、いや虚淵玄原作なので、ある程度元気じゃないと辛いところもありますが、そこは萌えで乗り切りたいです。

前作に続く終わり方になるはずなので、ある程度まとめつつも、結果は先送りという展開になるのか。前作の視聴はすべて観終わってからにした方が良いかもですね。今期の萌え作品になりそうで楽しみな反面、あまり気持ちを入れすぎると鬱展開で心が折れてしまいそうでとても不安ですよ・・・。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。