2012年10月15日

2012秋アニメ簡易感想(1)

そろそろ録画が限界ということで、前期の最終回あたりから消化してますよ。
終わりが見えないっツ!
絶園まで観ました。
緋色と神様と中2が想像以上に良かった。
Kと絶園はチキンレースになりそうです。怪物くんは心配が的中して涙目。

となりの怪物くん
仲良くなる前のヤマケンとササヤンが新鮮だったー。
空っぽになることを恐れているハルと、勉強だけを頼りにしてきた雫。雫がハルに惚れる過程もなんもかも彼女のモノローグで全て語らせてしまった2話だった。テンポも悪いし情緒に欠ける。とんでもなく膨大な量だったので声優さんは大変だったろう。ポップでキラキラした画面と、上滑りのギャグと、淡々とした主人公の語り口。主人公二人が(というかササヤン以外全員が)コミュ不全という、とんでもなく面倒くさい設定ですが、そんな中でも少しずつ自分の居場所を見つけようとするお話だと思っているのだけど。

初登場のミキティが本当に困った人すぎて笑った。そうだったそうだった。
2話目ではフォローまったくなしだもんなあ、これはウザイ(笑)


神様はじめました
とある事情から廃れたようすの古い神社ミカゲ社へとやってきた奈々生。突然現れた鬼火や野狐に驚くものの、元来のバイタリティ溢れる気質からか、帰る場所はないという開き直りか、彼らとともにミカゲ社で暮らすことを承諾する。知らぬ間に譲られた土地神という立場をなにひとつ理解しないまま、野狐の巴衛と神使の契約を交わす。

元々ただの人である奈々生には、神の力がほとんど備わっていない。力を高めるには人の願いを叶えて鍛錬する必要があるようで、3話目からはそちらの交流が描かれるのだろうか。生アイドルに会うため、巴衛に言われるがまま猫耳頭巾を被って学校に登校したり、主人公の奈々生は実に屈託なく朗らかな女の子だ。裏表もないし、観ていてストレスを感じない、少女漫画の中でも「花とゆめ」出身らしい主人公。巴衛とのラブコメも大いに期待できそう。

ヨルムンガンド
初っ端からアールとブックマンの密会現場である。1期のOPで、アールの凭れた柱の陰が十字架のように描かれていて、ぎょえあああとなったのが懐かしいです。はあ・・・これからの展開を思うと気が重い。

天田博士とココの考える変革された世界とは?
打ち上げられた126本目のロケット、CIAの思惑、ココが笑顔を絶やさなくなった理由。考えてみると、後半はまったなしの怒涛の展開だ。物語が進むほど、ヨナを後ろから抱きしめるココの表情に色々なものを見ることになる。OPもEDもその点でかなり注目している。そういえば、天田博士がカレンを秘書にした理由が原作ではよくわからなかったのだけど、カレンを拾うシーンの博士を観てなんとなくわかってしまった。これが声の力かと、思わず惚れ惚れため息。


時間切れにつき、続きは次回!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。