2012年10月21日

2012秋アニメ簡易感想(3)

周回遅れどころかすでに3週遅れ・・・がんばる!
マギ、すごく面白いです^^
人気あるのわかりますわー。

マギ
スラム出身のアリババは、国が買えるほどの大金を手に入れるため、迷宮攻略を目指している。ある日笛から青い魔人を呼び出す少年アラジンと出会ったアリババは、アラジンの力を利用しようと、街にある第7迷宮「アモン」攻略に誘う。

2話目まで視聴済み、原作未読。
勇気と友情の冒険譚、アラビアンナイトの世界観と、美しい背景、よく動くキャラクターたち!
とにかく、文句なしに面白い。
ファイナルファンタジー大好きな人なら間違いないと思う。
OPを見るとこれから上の世代も入ってくるようなので、さらに見応えが出てくるはず。
テンポも悪くないし、すでにアリババとアラジン両方の過去に伏線も仕掛けられているので、これからが楽しみです。日曜日でも朝ではなく夕方枠なので、間延びしない程度に長いスパンで丁寧に描いて欲しいところ。

あと、アラジンたちが履いている、だぼっとしたサルエルパンツっぽいのが可愛い!
だぼだぼしたのが、ゆるっとぼふっと動くところがなんとも・・・。

世界には7つの迷宮があるらしい。1話目の冒頭、アラジンと話していたのは魔人ウーゴだとして、ジンとの契約と引き換えに閉じ込められるということ? どうやらアラジンは、ウーゴとの約束「ジンの金属器」を探すために、アモンのある街へやって来たようだ。アリババの住む街の領主はアモンを攻略し、世界をまとめる王になろうとしている。この領主が残虐非道を絵に描いたような人物なんだけど、迷宮攻略と口にするだけで笑われてしまうような世界で、本気で世界を手に入ようとしているあたりがすでに精神を病んでいるというか、なにかに憑かれたような雰囲気なのも気になる。とはいえ、問題の迷宮も実は14年前に突如現れたものに過ぎず、謎はもっと根深いのかもしれない。

好きっていいなよ
失礼ながら、もっと恋愛に特化したきゃらきゃらした描き方になると思っていたのですが、予想に反して、メイの問題と真面目に向き合おうとしていることにまず驚いた。突然キレて大和に回し蹴りをしてみたり、ただの挨拶に過剰反応したり、どこからどう見てもイタイ子ちゃんなメイ。人付き合いを避けてきた彼女は、他人との距離感がまったく掴めない。学校一モテる大和がなぜメイに興味を持つのか、まったく理解不能だ。だから盛り上がる二人に置いてけぼりをくってしまう。

2話目まで視聴済み、原作既読。
この脚本と構成では↑こうなることは想像できただろうに、本当に思い切ったなあ。これがあるからこそ、後々の大和の問題に説得力が出るんだけど、それにしても、もう少し大和の方面に伏線を張っても良かったんじゃないかと思う。まあそうなるとメイから視点が外れてしまう懸念も出てくるか・・・。もう少しようすを見よう。

櫻井さんの男子高校生とか、とか・・・っ! エロス・・・ッ!
メイは、愛衣さんのおかげでずいぶん緩和されてると思う。愛衣さんかわいいかわいい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298412586

この記事へのトラックバック
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。