2012年10月23日

ジャパンカップ2012 テレビ放送予定

今年も行けなかったジャパンカップ!
土曜日のクリテリウムはJスポさまの生中継を録画で観ました。
Jスポさまさまです。
金曜日夜に行われた恒例のチームプレゼンも一部流れてました。

さて問題の本戦、ジャパンカップのテレビ放送ですが・・・
なんと!
フル放送もあるってばよ!やったー!

【2012ジャパンカップ TV放映予定】
http://www.japancup.gr.jp/2012/node/994

日本テレビ:10/26(金)25:59〜26:59
BS日テレ :10/28(日)26:00〜27:00
日テレG+ :10/31(水)22:00〜26:30(完全放送)
J SPORTS 2:10/20(土)15:00〜17:00 クリテリウム生放送 ノンスクランブルで生中継!
J SPORTS 2 :11/11(日)17:00〜

いつもは定点カメラの映像しかないんだけど・・・。
今年はバイクカメラ出た? 出たのかしら?! だとしたらすごい・・・。
一度で良いので、まだ行ったことのない方に「古賀志林道」の雰囲気を味わって貰いたい!!
あと個人的にはいつも入れない下りがどんな感じなのか見てみたいです。

-----------------------------------------------------------------

ここのところ自転車界は揺れに揺れております。
ラボバンクの撤退では想像を絶する数の関係者に影響が・・・。
さすがに恐ろしくなりました・・・。

色々な人が色々なところで発言されていてとてもすべてを追い切れませんが、いつも戒めていることがあります。ひとつの出来事をつねに複数の視点で見ること。起きた過ちを責めるのはとても簡単です。なぜ起こってしまったのか、責任転嫁ではなく、冷静に原因を探ることは本当に難しい。これだけの告白が相次ぐ中、当時ドーピング判定に引っ掛からなかったのはどうしてでしょうか。やるかやらないかは当然本人が決めることです。(それがたとえ強制であれ、立場が追い込まれてであれ)(書いてるだけで心臓が痛くなります) それならば、問題は「やらざるを得なかった」「抑止力が機能しなかった」ことではないでしょうか。

そもそもこんな考え方は本末転倒と言われてしまうでしょうが・・・。ここまで蔓延してしまったのは、チームや選手といった現場の人たちだけの責任とは、とても思えないのです・・・。

まだまだ観戦を始めて日の浅い人間ですが、ロードレースが好きだから、前回の記事の文章をもう一度残しておきます。この痛みを苦しみや悲しみが、これからの将来、アンチドーピングシステムの拡充、各機関の透明性、関係者の考え方など少しでも好転させてくれますように。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298597139

この記事へのトラックバック
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。