2012年10月26日

冬コミと銀魂と相棒と進撃のこと。

月に片手くらいの更新頻度が定着しつつあるので、
たまにはつれづれ呟いてみます。

・今年の冬コミ
は2日目と3日目に行きます。
29日仕事納めの足で、日付が変わる頃ホテルへ向かう。
創作系が2日目に入った影響で友人の付き合いでとんでも強行軍になってしまった。本命は3日目のFateなわけだが、2日目にはジャンプ関連も入ったと聞いてそわっとしてます。その分、3日目は見事なまでの男祭りだッ! 晴れるといいねいいですね。

・だって今月の銀魂新刊が凄かったんだもの
失くすことを恐れて大事なものを極力増やさないように努めてきた男に、ガンガン踏み込んでいく子供たち。お子たちに引っ張られるように、もう一度誰かを護ることを決めた銀さんというのが四天王編くらい。必死になって自分たちを護ろうとする銀さんの気持ちを察してお子たちが黙ってみていたというのに、この男は、またしてもその腕を広げようとして、我慢の限界にきたのは結局新八だった。兄貴兄貴言われてブチ切れる銀さんも銀さんだけど、また黙って一人で行ってしまった男を、もう一度引き戻そうとする新八が男前すぎた。憧れを超えて、横に並び立った瞬間だった。ここまで本当に長かった・・・。銀さんを守るため咄嗟に敵の腕を切り落とした紅桜編から、ようやくここまで来た。まいった。公式が最大手すぎてもう・・・。これまでいろいろ妄想しまくってきたけど、全部吹っ飛んだ。臆病で嘘つきでだめな大人が罪悪感いっぱいになってるのを見て少しはスッキリするはずだったのに、血塗れで傷だらけの身体を震える腕で支えてる姿なんて見たら、なにも言えなくなるじゃないか。

って呟き通り越してやっぱり熱くなってしまうなあ。万事屋大好き。

・相棒11
かんべさんからかいくんに代替わりしたので、話の構成もかなり変化しています。
3話目まで視聴済み。うきょうさんがお父さん目線なのは面白いですが(育児?笑)、これ以上後手後手に回り続けると視聴にも限界が・・・。そのせいか展開がご都合主義というか、強引な手法が目立っていて、ちょっと物足りないかも。かいくんの恋人が若干お母さんっぽい(年上設定だから?)のは、女性ファンに対する配慮でしょうか。

・今年の漫画ベスト○○をそろそろ考え始めている
ついついじっくり読み返してしまって、大変時間のかかる作業なのである。
相変わらず「進撃」がすごいな。
とんでもない爆弾を抱えていると以前に書いたけど、予想のはるか斜め上をミサイル投下しながら飛んでった、という印象。リヴァイ班壊滅に打ちのめされ、立ち直るまで結構かかった。仲間を選択する方が人間らしいと考えてしまうエレン、世界が理不尽であるとわかっていながらエレンを守ろうとするミカサに慄き、この作品はいったいどこに向かっているのか・・・。これ本当に実写映画化して大丈夫か。映画公開する頃には原作がとんでもない展開していて別物になってた、なんてことにならなきゃいいけど。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299040334

この記事へのトラックバック
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。