2007年08月13日

漫画ナツ100

酔拳の王 だんげの方さまの企画に参加です。

漫画100選というわけで、昨年は名作100、今年はマイナー100。
残念ながら今年の締め切りは過ぎてしまったのですが(1日伸びてた!!)折角なのでやってみようかと。どのへんをマイナーと思っているかでその人の読書傾向が想像出来るかも。

ルール

・少年週刊ジャンプ 少年週刊サンデー 少年週刊マガジンで連載していない漫画(過去・現在にわたって連載していた漫画は駄目です。 雑誌を移ったものに関しては発行巻数で判断です。)
・連載中、連載終了どちらでもOK
・最低ラインは30個です。(100個選べない人用)
・前回の100位以内に入ったものはノーカウント(選んでもらってもかまわないですがカウントはしません)
・あなたの好きなキャラクター 10人 (これはどの雑誌でもOKです)


集計用テキストはこちら
http://zinc-unit.up.seesaa.net/image/natu100.txt

-----------------------------------------------------------------

■少年・青年系

少年三白眼 / 私屋カヲル
少年三白眼 1 (1) (バンブー・コミックス)

私屋カヲルのデビュー作。当時の少女ギャグ漫画では新井理恵と同格だったのでは? 一見トンデモですが思わず「あ〜あるある」と頷いてしまいます。どうしても犬っ鼻を手に入れたかった・・・!

-----------------------------------------------------------------

シャカリキ! / 曽田正人
シャカリキ! (1) (小学館文庫 (そB-12))

昴と迷ってこちらを入れました。
自転車漫画の最高峰と言って過言ないはず。挑戦と挫折があってこそ、達成したときの爆発的な歓喜が訪れるもの。落車の恐怖は今でも手に汗かきます。

-----------------------------------------------------------------

ウダウダやってるヒマはねェ! / 米原秀幸

女子も読める不良漫画。
喧嘩だけじゃ世の中渡っていけないってわかってる感じがいい。しかしなんと言っても全てはアマギン。彼の持つ狂気と孤独に引き摺られてしまおう。

-----------------------------------------------------------------

エンジェル伝説 / 八木教広
エンジェル伝説 1 (1) (集英社文庫 や 40-1)

不良ギャグ漫画?(笑)
凶悪顔の主人公(でも根は小心)がヤンキーの世界へ。本人と周囲の認識とのギャップだけで、序盤は腹が捩れます。誤解が誤解を呼ぶ笑いの連鎖。想像以上に線が細かいのも印象的。

-----------------------------------------------------------------

邪眼は月輪に飛ぶ / 藤田和日郎
邪眼は月輪に飛ぶ (ビッグコミックス)

見るだけで生き物を殺せる目を持つ鳥との、壮絶な戦い。
これは今年発売の短編本では1位2位を争うんじゃないかと思います。作者初の青年誌連載だというのに、変わらぬその情熱。特有の真っ直ぐな眼差しはヒロインが継承してます。

-----------------------------------------------------------------

ヨルムンガンド / 高橋慶太郎
ヨルムンガンド 1 (1) (サンデーGXコミックス)

武器商人ココと少年ヨナの出会い。
ガンアクション物は数あれど成長度でいけば一番かと。なめらかなタッチと独特なコマ割が戦闘シーンを彩る。武器を憎みながら武器を手にする少年の成長と葛藤に期待です。

-----------------------------------------------------------------

バイオメガ / 弐瓶勉
BIOMEGA 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

ウィルス汚染された地球で繰り広げられる戦い。
バイクの疾走感や重厚なストーリーも良いけれど、読者の想像力を掻き立てる白と黒の世界は特筆。コマの隅に溜まるような闇に何を見る? 虫やゾンビ系苦手な人はキツイかもしれません。

-----------------------------------------------------------------

虹が原 ホログラフ / 浅野いにお
虹ヶ原 ホログラフ

ソラニンではなくこちらを。
読後も付き纏う閉塞感と罪悪感は、きっとこの作品が幼少時代の自分の記憶や感情を引っ掻くせいだ。自意識過剰で自己中心的な子供たちを、繊細で細やかな描写はただ静かに暴いていく。

-----------------------------------------------------------------

ダズハント / 筒井哲也
ダズハント (ヤングガンガンコミックス)

少年院上がりの主人公が参加したゲームは・・・。
一見バイオレンスなのですが、随所に散りばめられた伏線が一点に集約した瞬間は、思わず声を上げてしまいそうになりました。WEB上で公開された作品がまた別媒体で広がっていくのは、面白い。

-----------------------------------------------------------------

とめはねっ! -鈴里高校書道部- / 河合克敏
とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

書道漫画。帯ぎゅ!が名作に入ってたからじゃないですよ。
書道という素材自体がマイナー(失礼)なこの作品が、どこまで展開されていくのか期待を込めて。5巻以上読まないと河合作品の真価は見えてこないと思ってます。

-----------------------------------------------------------------

BLOOD―The last vampire 2000 / 玉置勉強

BLOOD玉置勉強版。映画の続編として見るべきで、アニメ版とはまったく別物です。語られることのなかった小夜の個を垣間見ることができる点が最良。数ある結論の中で一番しっくりきた。

-----------------------------------------------------------------

しおんの王 / かとりまさる原作、安藤慈朗作画
しおんの王 1 (1) (アフタヌーンKC)

将棋漫画。女流棋士の世界を描いた作品としてはとても興味深く、一方で幼い頃両親を殺された主人公といったサスペンス的要素もあり読み応え充分。今秋にアニメ化も決定して、羽海野さんの「3月のライオン」も始まって、これは将棋ブームなるか?(笑)

-----------------------------------------------------------------

みつどもえ / 桜井のりお
みつどもえ 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)

小学6年生の三つ子姉妹のドタバタギャグ漫画。
女児と書くだけで萌え臭プンプンですが、これは良いギャグ漫画。チャンピオンもここまできたかという感じ。強烈なキャラ設定も不快感はなく、ほのぼのな絵柄といい流行の萌えを逆手に取った良作です。

-----------------------------------------------------------------

八神くんの家庭の事情 / 楠桂
八神くんの家庭の事情 (1) (小学館文庫 (くE-1))

世のマザコンの諸兄に捧ぐ!
童顔で小柄でふっくら形の良い身体を持った母親と、本当は血が繋がってないんじゃないかと悶々とする主人公に激しく共感。しかしここにも本当の家族としての強さ、母親の強さはしっかり描かれていて後味良い作品です。それにしてもこの文庫の表紙はなんとかしてくれ・・・書き下ろしなんだろうけど、一気に萎える・・・。

-----------------------------------------------------------------

■少女系

しましま / 群青
しましま (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

半妖半人のしましまと人間との交流。
キャラ設定やストーリーと、絵柄の柔らかいふわふわした感じが絶妙に合っていて、しましまの可愛さは異常で、今年のイチオシにしたい作品。ただし一巻では収まりきらなかった感が強く、続巻希望を込めて。

-----------------------------------------------------------------

荒川アンダー ザ ブリッジ / 中村光
荒川アンダーザブリッジ 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)

荒川河川敷の住民たちが繰り広げるハイテンションギャグ漫画。
これはもうマイナーの域を超えているかもしれませんね。毎回巻末に付いてくるオールカラーからは、作者の圧倒的な画力と高い精神論を感じます。人間見かけに騙されちゃいけないって、良い見本です。

-----------------------------------------------------------------

フィラメント / 漆原友紀
フィラメント―漆原友紀作品集

漆原友紀短編集です。
同じ作者なのだから当たり前なんですが、やはり蟲師に通じるものがあり、生と死を同じ線上に置く目線は変わってません。初期の頃の荒削りで尖がった感じが新鮮です。原型となった「虫師」短編2本も収録されています。

-----------------------------------------------------------------

共鳴せよ!私立轟高校図書委員会 / D.キッサン
共鳴せよ!私立轟高校図書委員会 1 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

図書委員たちの日常ほのぼのギャグ漫画。
地味なはずの彼らの濃いこと濃いこと。絵柄もギャグもシンプルで読みやすく、どこか身内的な笑いがくすぐったい感じ。まだまだキャラの弄り具合が不足してますが、今後に期待です。

-----------------------------------------------------------------

金魚屋古書店 / 芳崎せいむ
金魚屋古書店 1 (1) (IKKI COMICS)

漫画古書店「金魚屋」で味わう人や本との出合い。
漫画好きな人たちは勿論、普段漫画を読まない人、読むのをやめてしまった人たちにも是非手に取って頂きたい作品。戦前から近年にかけて実際発行された名作が紹介されています。ヒューマンドラマとしても秀逸。

-----------------------------------------------------------------

拝み屋横丁顛末記 / 宮本福助
拝み屋横丁顛末記 (1) (ZERO-SUM COMICS)

教会神社仏閣と様々な拝み屋が並ぶ横丁の住人と、訪れる人々の話。
横丁にあるアパートの大家さんの尋常じゃない強さと、トラブルメーカーでしかない爺三人組の若かりし頃の美青年っぷりに一種神々しさを感じます。霊感まったくなしの甥っ子がいい味出してる。後述する「夏目友人帳」系ほのぼのオカルト物。絵は斉藤岬系でかつ書き込みタイプ。

-----------------------------------------------------------------

ANIMAL X / 杉本亜未

恐竜の末裔の青年と、薬の影響で女体化してしまう気弱な青年の話。
と書くといかにもBLっぽいですが、中身はがちがち。題材も人と恐竜、種族とは?血族とは?家族とは?と固めです。また絵が所謂BLな絵ではないので男性でも充分読める内容かと。シリーズが三部まで出てますがまずは「荒神の一族」からどうぞ。

-----------------------------------------------------------------

not simple / オノナツメ
not simple (IKKIコミックス)

父親の手から彼氏を守る為、女の子は偶然見かけた青年を彼氏に見せかけることにした。青年はある女性と会う約束をしているという。運のない男の話。
一言で片付いてしまうストーリーではありますが、その分インパクトが絶大。どん底に暗い話ですがコミカルな絵が支えている感じ。洋画の中でも静かで淡々とした東欧なイメージ。

-----------------------------------------------------------------

LA QUINTA CAMERA / オノナツメ
LA QUINTA CAMERA―5番目の部屋 (IKKI COMIX)

こちらもオノナツメ作品。ルームシェアをしている4人、5番目の部屋にやって来る様々な人種、様々な人々。彼らを通して人肌の温もりを覚える。個を尊重しつつ適度に干渉し合う関係がなんとも心地良くて、ついこの世界に長居をしてしまいそうになります。

-----------------------------------------------------------------

大奥 / よしながふみ
大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

男女が逆転した大奥。
これはもうマイナーではないですね。フラワーオブライフとどちらを入れるか散々迷った挙句こちらを。設定が↑だけに一瞬引いてしまいそうになりますが、本筋の史実解釈は興味深いものがあり、読み応えも充分ではないかと。女同士の陰湿さに命が掛かってるあたり男版大奥は壮絶。

-----------------------------------------------------------------

妖魔 / 楠桂
妖魔

忍者漫画のマイベスト。
親友の魔狼が謎の失踪を遂げた、抜け忍となった緋影は妖魔が起こす幾多の事件を乗り越え魔狼を追う。抜け忍、くのいち、妖怪、数え歌、複数のパーツが組み合わさって織り成される物語は王道かもしれません。ってこれそういえばアニメ化してました。アニメもクオリティ高くて、問題の数え歌は辛島美登里さんでした(驚愕) 「八神くん」もですが、少年誌の香りが残っていて、楠桂作品はこの頃の絵が一番好きです。

-----------------------------------------------------------------

回転銀河 / 海野つなみ
回転銀河 1 (1)

双子あり姉弟あり年下攻あり百合ありの純愛もの。
それぞれの作品が少しづつ重なっていて、その集合が回転銀河という作品になっている感じです。重なり合うのは物語だけでなく登場人物の想いそのもので、特に丁寧な心理描写と語らないカットが秀逸。実はこれ4巻(最終巻)から読んだことは秘密です。ベタベタな恋愛ものに飽きた方はぜひ。

-----------------------------------------------------------------

少女のメランコリー / タアモ
少女のメランコリー (フラワーコミックス)

ここイチオシの少女漫画家さんです。
初単行本の初恋ロケットもですがこちらも短編集で薦めやすいということもありますが、なによりタイトルにもなっている作品が特級。うまくいかない友人関係、教室という狭い空間だけがそのころは世界そのものだった。きらきら輝く女の子は必見。

-----------------------------------------------------------------

あまつき / 高山しのぶ
あまつき 1 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

現代から異世界へタイムスリップする話。
この異世界が江戸時代をベースにしていてSF風味です。姫巫女に四天王、絶対的神様の存在、神仏ごった煮で雰囲気もありますし設定も美味しいです。が本筋が二転三転してる感は拭えません。が、来年あたりアニメ化するかもしれませんね。それだけパワーを感じる作品。

-----------------------------------------------------------------

子供達をせめないで / 新井理恵
子供達をせめないで(1) (バーズコミックス・スペシャル)

新井理恵は×(バツ)が名作100選に入っていたのでこちらを。
実に兄に虐待を受け家族から孤立した主人公が出会ったのは、笑顔を絶やさない小学生の女の子。深い傷を負った登場人物たちの悲しみや醜さは目を背けたくなりますが、だからこそ温かいものに触れたとき涙となって傷を癒してくれます。2巻の表紙見ても引かないで・・・。

-----------------------------------------------------------------

幻影博覧会 / 冬目景
幻影博覧会(1) (バーズコミックス)

探偵と助手の二人が関わる謎めいたいくつもの事件。
どこか抜けた探偵と、ミステリアスな黒髪の助手。大正時代を舞台にしたミステリー物です。冬目作品のストーリーにはどうも馴染めませんが推理漫画ということで起承転結に則り読みやすいです。冬目女性キャラ特有の真っ直ぐな黒髪とモダン和装はさすが似合います。

-----------------------------------------------------------------

羊のうた / 冬目景
羊のうた (第1巻)

吸血鬼ではなく吸血という病を抱えた血族姉弟の話。
これも100選に選ばれてた・・・かも? 冬目作品は正直雰囲気と絵で買い続けている身としては良作です。黒髪、セーラー服、吸血、姉弟でなにかを感じ取れた方は是非。最終回は賛否両論ですが、ストーリーが二転三転するのが特徴なので仕方ないかなと思います。

-----------------------------------------------------------------

海の闇、月の影 / 篠原千絵
海の闇、月の影 (1)

ウィルスに感染したことで力を手に入れた双子姉妹。妹を殺す為力を使うことを躊躇わない姉。月の満ち欠けによって変化する力。サイキック物の重厚なストーリー展開と、最後まで恋愛要素を外さなかった名作だと思います。人を壁に埋め込むシーンのグロさは少女漫画でも珍しいかと。

-----------------------------------------------------------------

ラヴァーズ・キス / 吉田秋生
ラヴァーズ・キス (小学館文庫)

「蝉時雨のやむ頃」にするべきだった・・・!
吉田秋生ってだけですでにマイナーじゃなかった・・・。
一つの時間を複数の視点で描いたオムニバスとしては傑作。穏やかな語り口と流れる時間は眩しいくらい。漫画という表現において無限の可能性を感じさせてくれる吉田作品に脱帽です。

-----------------------------------------------------------------

私のメガネ君 / すもと亜夢

家がお隣同士で一方は根暗なメガネの男の子、一方は陸上部所属の小柄で元気な女の子、二人の恋愛話。この男の子がメガネ+黒髪+腹黒+ドSでやることが滅茶苦茶ですが、嫉妬に駆られて窓ガラス拳で叩き割ったり(笑) 激しくも熱いお馬鹿少女漫画をお探しの方へ。勿論、眼鏡好きには堪らない一冊です。

-----------------------------------------------------------------

鍵 / 望月花梨

望月作品の中でも最新作を。
短編集ですが表題作では初のボーイズラブにも挑戦されており、それがまた繊細な間で描かれていく。望月作品の特徴である繊細で孤独で独善的な子供たちが沢山登場しますが、最後に抽出される結晶の美しさは他に類を見ません。

-----------------------------------------------------------------

スイッチ / 望月花梨
スイッチ (第2巻) (花とゆめCOMICS)

こちらは先生と生徒の恋愛物。
ということで珍しく少女漫画王道の設定です。いつもどこか毒のある望月作品ですが、こちらは意外に正統派なストーリーで、初めての方にも読みやすいと思います。そんな中でも抑圧的な色気は健在。

-----------------------------------------------------------------

銀のロマンティック・・・わはは / 川原泉

クラシックバレエダンサーの少女と元スピードスケート選手、二人がフィギュアスケートで出会うお話。川原泉の良さは一言では言い表せない。例えば絵が巧いわけでもストーリーが奇抜なわけでもない。あくせくした時間の中で息継ぎさせてくれる作品と言えばいいか。ちなみに他に「甲子園の空に笑え!」と迷ったんだが、なんと文庫本にはこの二作と「ゲートボール殺人事件」が入っているらしい!

-----------------------------------------------------------------

メイプル戦記 / 川原泉

北海道に新球団が誕生、しかも選手は全て女性。
「甲子園の空に笑え!」のその後のお話。投手のゲイの男の子に対する愛情に満ちた視線の一方、凡庸な女の子に対するキメ細やかな配慮も忘れいない。言葉遊びの巧みな川原ワールドをじっくり堪能して頂きたい。

-----------------------------------------------------------------

天才ファミリー・カンパニー / 二ノ宮知子
天才ファミリー・カンパニー―スペシャル版 (Vol.1) (バーズコミックススペシャル)

天才高校生が母親のリストラから様々な難問に巻き込まれていく。
次から次へと登場する天才と変人のパターンは「のだめ」と同一ですが、スペシャル版では中盤から一気に物語が進むので小気味良い程。
あぶない放課後ってドラマ化してるよコレ!! 農家のヨメといい二ノ宮先生すごいな・・・。

-----------------------------------------------------------------

夏目友人帳 / 緑川ゆき
夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))

祖母が妖怪の名前を集めた友人帳を譲り受けた主人公と、妖怪たちとのお話。前述の「拝み屋」系ほのぼの妖怪物です。お話もオムニバス形式で基本的に一話完結で取っ付き易い。妖怪が見えることで幼少期苛め続けられた主人公の仄暗い面も描かれると、更に深みが増すかもしれません。

-----------------------------------------------------------------

ロリータの詩集 / 山中音和
ロリータの詩集 (第1巻) (白泉社文庫)

言葉を恐れる少女の軌跡を丁寧に描いた作品。
タイトルがアレだけに敬遠されやすい気がしますが、気持ちをうまく言葉に出来なかったり、言葉で相手を傷つけてしまって後悔したり、誰にでもある経験を切り取った痛い作品。文庫化されてます。

-----------------------------------------------------------------

マダムとミスター / 遠藤淑子

22才の未亡人と真面目な執事のほのぼのコメディ。
これが今でいうところの執事物!!(笑) 川原泉より少女漫画度を強くした作風ですが、傷ついた人々と距離を保ちつつ時に癒していく様は、温かさに満ちています。

-----------------------------------------------------------------
今日もみんな元気です / 猫山宮緒

仲良し4人組のそれぞれの恋愛模様。
「エデンにおいで」もそうですが猫山キャラはエグイ。で急にいい人キャラになったりとどこか胡散臭い。がそれが逆に人間臭くてつい追い掛けてしまう。双子姉弟モノとしても。画面カットが特徴的。

-----------------------------------------------------------------

■BL・百合系

窮鼠はチーズの夢を見る / 水城せとな
窮鼠はチーズの夢を見る    ジュディーコミックス

不倫を重ねる優柔不断男と、妻の依頼で彼の浮気調査をする大学時代の後輩の話。ノーマル学園物では「放課後の保健室」を連載中の作者ですが、こちらは人物描写、設定、女性陣、展開、どれも抜群に良いです。水城作品の男性は手がエロい。

-----------------------------------------------------------------

LOGOS / 小野塚カホリ
LOGOS

BL短編集。
表題のLOGOSは70年代の雰囲気を巧みに描いた作品。また夢見るような昨今のBLに飽きた方に是非お薦めしたいところ。首筋に当てられた刃の冷ややかさ、愚かで貪欲な人間を昇華できる希少な作家さんです。

-----------------------------------------------------------------

僕は天使ぢゃないよ。 / 小野塚カホリ
僕は天使ぢゃないよ (ジュネコミックス)

こちらもBL短編集。LOGOSが到達地点だとするとこちらは出発点。
徹底したサディズム、相手の汚さまでも欲する激しい独占欲。醜い感情がいっぱいに溢れていますが、それも全て愛しいのだと抱擁してしまう作品。独善的ですが無自覚でないところが傑作。

-----------------------------------------------------------------

ニューヨーク・ニューヨーク / 羅川真里茂
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (白泉社文庫)

-----------------------------------------------------------------

かわいいあなた / 乙ひより
かわいいあなた (IDコミックス 百合姫コミックス)

-----------------------------------------------------------------

青い花 / 志村貴子
青い花 1巻 (F×COMICS)

-----------------------------------------------------------------

blue / 魚喃キリコ
blue (Feelコミックス)

-----------------------------------------------------------------

100思い浮かばなかった・・・。
マイナーの線引きとしてメディア展開していないものを選んでみました。BLOODと八神くんはどうしても入れてしまったけど。普段漫画読まない人に向けてが昨年で、漫画読み慣れてる人に向けてが今年かなと自己解釈。名作に入ってる作家さんの短編集を持ってきたりと、やり方がちょっとあざとくなったかも・・・反省。結論、本当にマイナーの作品は自分なんかにはわかりません。一言感想は今日明日でやりますです。


*追記
感想ちまちま書いてて気づいた。東城和美が抜けてる。しかし発売から10年以上経ってる作品・容易に手に入らない作品を上げるのは控えるべきだった。それをやったら今どきの人には「ポーの一族」「はいからさんが通る」までマイナーになっちゃうよなあ。反面、文庫化してる作品が多くて驚いた。

*8/18追記
一言感想が終わらないよママン!
思い出す為に読み返したりでなかなか先に進まない・・・。
でも世の中にはまだまだ漫画があって読んでも読んでも終わりがないというのは、想像するだけでゾクゾクきますねー。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51253629

この記事へのトラックバック

虫 師の最新記事!
Excerpt: 情報の最前線より気になる情報をご紹介します!虫 師 オダギリジョー254 壁紙 オダギリ ジョー 247 オダギリ ジョー 2ちゃんねる 238 オダギリ ジョー 本名 234 オダギリ ジョー wi..
Weblog: 情報の最前線
Tracked: 2007-08-17 01:07


Excerpt: 青い花 (漫画)『青い花』(あおいはな)は志村貴子作による漫画作品。江ノ島電鉄|江ノ電沿線などの鎌倉を舞台に、ふたつの女子高に通う女性同士の恋愛や友情が描かれている。タイトルは、ノヴァーリスの小説『青..
Weblog: このマンガが読みたい!
Tracked: 2008-02-20 15:40
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。