2008年02月18日

しおんの王 第16話

(仮)しおんの王 一

しおんの王 第16話「天眼」

トーナメント本戦、悟との対局を前に母親の死が訪れてしまった歩は、将棋を指す理由を自ら問い掛ける。

師弟関係
弟子になりたいとやって来た若かりし羽仁真を、バケツの水を掛けてまで追い返した神園先生。唯一の肉親である弟を捨ててまで将棋に賭けるという真のようすに、彼が本当に強くなり、やがて神園先生自身をも超えてしまうかもしれない資質、強靭さを見抜いたからでしょう。

では何故そんな先生が歩の師匠になったのか?
(ここからは想像ですが)安岡父に援助金を出したように、何かを守りながらでも強くなることを信じていたからだと考えます。上記の真の志願を断ったところから、矛盾しているかもしれませんが。信じているというより願っていたという方が正しいかもしれません。何も持たない強さを知るが故に、歩には「金のために指せ」と言っていた気がします。まあ奥様を亡くして血迷っていたってこともあるかもですが(笑)

蛇足ですが歩を名人に託したのは、協会から歩自身を守ってもらうためと、もしかすると何も持たない名人の姿を見せるためだったのかなあとも思いますね。それから奥様を亡くしても自分が弟子=歩を得たように、羽仁名人にも何かを握り込んで欲しかったのかなとか。うまくまとまりません・・・このあたりはまだまだ考える余地がありそうです。

母=理由を亡くした歩は・・・?
翌日、盤に向かってしました。悟という強敵を相手に心底「強くなりたい」と願うのです。盤と駒と相手がいて、強くなりたいと願う心、それだけで良いのです。そしてそれはそのまま悟にも当て嵌まることでした。

それにしても。
原作以上のインパクトだったラスト、まさかのガチ(ry
「見せてやるよ この俺が」
まさか音声で聞けるとは思っていなかったので、転げ回りました(笑)
ありがとうDEEN!

なぜ2ヶ月連続で単行本が出たのかわからなかったんですけど、これで判明。
追いついてしまったからには、今後はオリジナル展開?
それとも雑誌はもっと進んでいるのかな?
そうだ、原作新刊感想はやくUPしなきゃな・・・。

公式HP http://www.shion-oh.com/
この記事へのコメント
連続コメ失礼します!!

ちょ、早くも例のシーンをアニメでやってると聞いて、動画を探して見てしまいましたよ!!

前半顔が崩れ気味だったのに、このシーンだけはBGMも凝ってるわ、ソフトフォーカスかかってるわ、美人さんだわで力はいってましたネ!!
むっはー!!漫画以上にやらしい名人のささやきにもだえて何度もリピートしてしまいました(笑)<痛い
Posted by しのぶん at 2008年02月18日 22:27
>しのぶんさま

おおご覧になりましたか?!
もう本当にここだけ美麗でびっくりですよ〜。なんか歩の唇に光入ってますし(笑) 名人の声優さん、鼻にかかった独特の声でほんとに耳にくるんですよね。転げ回りますw

個人的には、歩の髪をこう・・・引き寄せる感じの手の動きとか最高でした(笑)
Posted by tanizaki at 2008年02月20日 00:10
感想読ませていただきました、とても読んでいて楽しかったです。
私の私的見解ですが、神園九段がハギ名人を弟子にしなかったのは、彼が家族を捨ててきた人間だったからではなでしょうか。神園九段は、ああ見えてとても人情家です、奥さんとの写真や歩の面倒を見る姿を見ているとこちらがほろっとするほどです。
彼ほどの自分の生き方をこうと決め貫くタイプの人は、自分の大切にしている心の奥と反する人を近くに置くことすら許せないと思うんです、反して歩は母を守るためにどんなに乱暴な生き方でも通そうとする、そんな彼だからこそ九段は、見守っていってやろうと決めたのではないかなと思います。
ぶっちゃけ本人も上手くいくかどうかは知らんかったと思いますが、つーか賭け?
もちろん、脅威を感じたという面もあるかもしれませんが、名人奪還戦前夜も特に警戒していた様子は皆無でしたからね、やっぱ愛じゃないですかね。
どっか自分と共通している苦しみを抱えた歩にシンパシーを感じたかもしくは自分を重ねたか

とかなんとか思います、コメントさせていただきありがとうございます。
これにて失礼いたします。
Posted by サイア at 2014年08月12日 19:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。