2008年04月21日

浅草観光してきました

sensouji1.jpg sensouji3.jpg

浅草に行ってきました。
↑の写真が傾いているのは携帯の重さにも耐えられないほど疲れていたんだな可哀相にと察してやってください。

■浅草寺
本堂に入ったことに、すぐに気づかなかった。
賽銭を投げ入れる人だかりと、ガラス張りの向こうに曼荼羅のようなものがなんとなく見えて、天井に如来さまの絵が見えて、あれ?ここ本堂なんじゃないの?みたいな。実はわたしたち裏から入って、そのまま正面から出ようとして、遠くに仲見世のお店が見えて、ようやく引き返したくらいで(汗)

さらに失礼なことに浅草寺の成り立ちは勿論、なにを祀っているのかすら知らず。ずいぶん小さい神様なのかな?なんて(最低) まず観音様で、それ以外にもなにやら複数あるようです・・・適当ですみません。

門前町が栄えているといえば、三重のお伊勢さんや、長野の善光寺がありますが、そのどちらとも、まったく違う雰囲気でした。これだけ人が集まる場所だというのに、濁った気配がまったくない。不思議。清冽というわけではなくて、空洞。空洞と言ってもブラックホールのような雰囲気でもなくて。なにもない。神社仏閣ちょこちょこ行きますが、とても不思議な感覚でした。何度も建て直しされてるせいかな? 完全に清められた跡って感覚でした。

浅草今半
関東のすき焼きを初めていただきました。
黒毛和牛かなあ。甘みと柔らかさで一口目の感動・・・。
口に含んで噛もうとしたのに、喉元まで一直線に消えてなくなる素早さ。おーい!もっと余韻を楽しませてください!と叫びたくなるほど。失礼・・・とても品があるお肉でした。
初関東風は焦さないようにするのが精一杯でした(汗)
タレも思ったより醤油辛さがなくて美味しかったです。

広いお座敷に上げられて、着物姿の女性がお給仕をしてくれるのです。でこの方がまた凄い。
異様に貫禄のある方だったということもあるんですが。
わたしたちが食事をしていると、すでにお酒で気持ち良くなった中年男性とお爺さんの二人組が入ってきまして、初っ端から「ビールね!ビール持ってきて!」とか言っちゃてるんですよ。そのあとも、注文を頼んだあとからころころ変えたり、大声でお給仕の人を呼んだり、水だ、ビールだ、最後にはお会計をテーブルでしろなんて言い出す始末。(お座敷は7階でした。ちなみにお会計は1階) 聞いてるこちらがぎょっとするような注文にも、そのお給仕の方は、全てにっこり微笑んだまま対応されてました。接客サービス業の鑑。
なんというか、お肉の味よりもこの方に目がいってしまって(苦笑) 店を出たtanizakiの第一声は「さすが今半だね」
※写真を撮れる雰囲気ではなかったため、今回はありません。

梅園
あわぜんざいで有名な甘味処ですが、なんとこの日が定休日orz
で浅草でこちら以外の甘味処を探すも、なかなか見当たらない。
喫茶店はよく見掛けましたが、それっぽいお店はなく断念。

念珠堂
都営地下鉄浅草のA3出口(だっけかなー)近くで発見。
虫避け用にきざみタイプの香木を探している友人に付き合い店内へ。
HPはなんだか仏にはほど遠いような雰囲気ですが(苦笑) 店内はとても落ち着いた雰囲気で、スティックタイプのお香の品揃えが豊富でした。
さすがに香木は見当たらず。もしかしたら奥に仕舞ってあるのかも。優しい店員さんだったので、興味のある方は気軽に声を掛けてみては?
わたしは店内で焚かれていた「風韻 白檀」を購入。
個人的に10年以上愛用しているお香があるので、あえて普段は買わないんですけど、あまりにもいい香りで。名のとおり白檀もの。アレルギー持ちの鼻にもマイルドな甘さのある香りです。残り香が繊細で淡いので部屋焚きも良いでしょうけど、お線香で毎日使いできる感じです。匂い移りも匂いの割りに少なめだと思います。

下調べもなく行った浅草でした。
ガイド本を持って行ったものの、極度の方向音痴二人では役に立たず。行く先々のお店で「ここはこの地図でどこですか」と聞きまくり、どちらの店員さんも観光客馴れされているのか、優しくわかりやすく説明して頂きました。今思い返すだけで顔面から火が出そうです・・・っ


この記事へのコメント
こんばんは〜。

雷門、懐かしいっす。
小さい頃、ばっちゃんに連れられて有楽町と東京タワーとセットで行って来ましたよ。
茨城方面の香取神宮も好きですけどね。

落書きですが↓
http://image.blog.livedoor.jp/livemax001/imgs/3/e/3e1c4b4a.jpg
Posted by さくぞう at 2008年04月22日 22:17
>さくぞうさま

さくぞうさん、こんばんはです!
傾いた雷門ですみません(笑)
東京観光といえばココ!ですかね。

茨城にある香取神宮、実は存じ上げないのです。オススメとのことでとても気になります・・・どんな社なんでしょうか〜。いろいろなところを回って、自分に合った場所を見つけ出すのが楽しいですね。

エリスちゃん、ひさしぶりに拝見できて嬉しかったです♪
こちらこそ拍手のみの訪問で失礼しました。
う〜んピンクもイイ!!(*´∀`)
Posted by tanizaki at 2008年04月24日 00:31
こんばんは。
言って頂けたら浅草チャリ圏内の私がご案内いたしましたのにw
といっても、知らない土地を彷徨いながら観光するのもまた一興ですよね。

浅草寺の観音様は絶対秘仏ですからね〜誰も見たことが無いはずです。
後一月もすれば三社で賑わう浅草が見れます、祭の前後の浅草もまた趣のある風景がきっと見れますよ。
Posted by ぴよ at 2008年04月24日 22:21
>浅草寺の成り立ち

隅田川から発見した観音像を祭ったのが浅草寺のはじまりで、すぐ横にある浅草神社は、発見した3人兄弟を祀ったものです。三社祭の「三社」はこの3人だったりします。

浅草は面白いところですよね。オットの人はよく三社祭に出かけてますが、私はお祭のない混雑してないときにしか行ってません(^^;

浅草今半でお食事ですか〜豪勢ですね♪
おっさんたちはいやんですが(^^;)一流店らしいエピソードでした〜。

白檀の香り、いいですよね。
お香も、香水も、線香もどれも好きだったりします(^^)

浅草の伝法院通りは最近観光用に綺麗で面白い通りになっていて、歩きやすくなった感じがします。しばらく行ってないのでまた行きたいなと記事を拝見して思いました。

Posted by しのぶん at 2008年04月24日 22:21
こんばんは〜。
香取神宮よりも、鹿島神宮の方が広くて面白いですよ。
鹿とかに餌やれたりします。
匂いがアレですが(笑)、目がくりくりしてかーいーのですw
あと、地震をおさめる要石とか不思議な佇まいですねぇ、霊脈・竜脈というのかな?
静かなんですけど、ちょっとした趣があるというか。
機会があれば、行ってみるといいでしょう。
Posted by さくぞう at 2008年04月24日 23:13
>ぴよさま

こんばんは〜。
チャリ圏内ですか。極度の方向音痴としては、ぜひ案内して戴きたかった・・・!(笑)
きっと地図やガイドではわからないような、地元の人ならではの素敵な店や場所があるんだろうなあと思いながら、必死で地図とにらめっこでした。うーん、もったいない。

>浅草寺の観音様
秘仏。おお。とすると、もしかするとあの場所(本殿)には置かれていないのかもしれませんね。

三社祭に合わせて行く案もあったんですけど、相当な人ごみを想像して尻込みしてしまったんですよね。でも一度は行ってみたいです。活気のあるお祭りと聞きますし。
Posted by tanizaki at 2008年04月25日 01:16
>しのぶんさま

しのぶんさん、こんばんは♪

>>浅草寺の成り立ち
川や海岸で観音像が発見されてそれを祀った社というと、島国だけあってあちこちで聞きますけど、この浅草寺はなにか特別な感じがしますね。時代時代の権力者に愛されていた、というか、庶民から大事にされているお寺って感じがします。

三社祭、やはり面白そうですね〜。
人ごみさえ我慢できれば・・・。

>浅草今半でお食事ですか〜豪勢ですね♪
お昼奮発してみました。
次は夜!・・・は当分無理かな・・・。

>白檀の香り、いいですよね。
着物に焚いたりされているんでしょうか?
伽羅などにくらべて匂いに甘みがあって、個人的に白檀が好きなんです。といっても、お線香に使うにはちょっと勿体無い気がしたり。今回購入したのは値段と量と質から見て、お買い得だったなと思います。

>浅草の伝法院通り
実は今回のメインはここを散策することだったんですよ〜。
手ぬぐいや布もののお店が多かったような? 着物リサイクルのお店が2、3軒ありました。反物のまま置いてあったり、普段着物を着ない人間でも凄く面白かったです。
あとオレンジ通り(だったかな・・・)に、お箸や漆器のお店が数軒あって、そちらもなかなか見応えがありました! 迷い込んだ路地裏に小さいお店があったり、浅草の奥深さですね。楽しく過ごせました。
Posted by tanizaki at 2008年04月25日 01:34
>さくぞうさま

さくぞうさん、こんばんはです〜。

>鹿島神宮
鹿?! 鹿がいるんですか?
まさか野生・・・じゃないですよね・・・?
さらに要石とは。
これはますます気になります。
この狭い国にいったいどれだけの神様がいるのか、昔の人たちの大らかさなんでしょうかね〜。土地土地の成立ちと関わっていたり、それを調べるだけでも興味深いです。
Posted by tanizaki at 2008年04月25日 01:42
こんにちは☆

浅草、数年前に行きました〜〜♪
なんだか結構若い子もいたりして、
ビックリした思い出がありますよ(笑)

私も未だにガイドブック片手にウロウロと言う事が多いですwww
京都ですら(´ー`;)ゞ
一緒にガイドブック片手にウロウロしまくりましょう(笑)
そして、道聞きまくりましょう(笑)

今半…食べましたが、ウマウマですよね^^v
Posted by ゆず。 at 2008年04月25日 13:16
三度こんばんはです。

鹿 島神宮なんですよ。
http://www.bokuden.or.jp/~kashimaj/keda0010.htm
の鹿園を見ていただければ納得できるかと。
個人的な感想としては、本堂から要石に至るまでの辺りはまさに霊所的な感覚ですね。
荘厳というか。
木々の背が高いので、夏場に行くと涼しいかもです。

あと、引っ掛かってくれた某記事にちょっと仕掛けしておきました。
粗いですけども。(苦笑)

ではでは〜。
Posted by さくぞう at 2008年04月26日 22:55
>ゆず。さま

ゆず。さん、こんばんは〜♪
今半ウマウマ(゚Д゚ )ですよね!
驚愕の柔らかさでしたよー。
一瞬だった・・・。吐き戻ししたいくらいに(笑)

そういえば修学旅行生も多かったです。
あと若い女性の姿も結構見ました。もっとずっと年齢層高めだと思っていたのでちょっとビックリでした。

>私も未だにガイドブック片手にウロウロと言う事が多いですwww

同志!!(笑)
いかにも観光客デスって感じでかなり恥かしいんですけど、見れない地図でもなきゃないで、さらに迷うので手放せないw
聞きまくり隊ってことで!
Posted by tanizaki at 2008年04月30日 01:37
>さくぞうさま

さくぞうさま、こんばんは〜。
さっそくリンク先で拝見しました。
なんと立派な鹿さん。
神様の使いなんですね。

本殿なども拝見しましたが、落ち着きのある立派な社ですね。木立に囲まれた神聖な雰囲気がします。要石もちゃんと祀ってあったり面白そうです。機会があればぜひ寄ってみたいです。沢山行われている神事の中でも、特に流鏑馬が気になります〜。
Posted by tanizaki at 2008年04月30日 01:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。