2009年03月27日

WBC連覇おめでとうございます

原監督、選手のみなさん、おめでとうございます。
更新はままならない状態ですが、どんだけ遅れても一言だけ。

勝っても負けてもイチローというのはどうかと思いますが、彼を使い続けた原監督は、ほんとうに偉かった。一蓮托生? 福留も球児も下ろされる中、やっぱりイチローだったんですかねえ。

修一が怪我で離脱してしまったのは残念でした。
安静にして早く復帰できますように。

ところで、マウンドに国旗を立てる行為について。
やはりどうやっても、わたしには、彼らが野球に無関係なものを持ち込むことが理解できない。彼らは野球人ではないのだろうか? どの試合も大変面白くて、これだけ力をつけてきたのだから、余計なパフォーマンスはもう必要ないと思うし、逆にとても損をしていると思う。パフォーマンスがしたいなら、国旗を持ってグランドを回るとかすれば良い。

次は4年後ですかー。
若手がどんどん育って、またまた活躍するシーンがたくさん観れるといいですね〜。

そうこうしている間にペナントも開幕です!

2008年10月23日

阪神ファンとしてこれだけは書いておきたい

そろそろ落ち着いてきたので、改めてちょこっとだけ。

阪神の今期全日程が終了しました。
選手のみなさま、本当にお疲れ様でした。
長いシーズン、怪我しようが悪評があろうがヤジが飛ぼうが結果良し悪しあろうが、一軍二軍関係なく戦い続けてくれた選手のみんなに、心からお疲れさまでしたと言いたい。


何度かこのブログにも書きましたが、今年はトラ党にあるまじき、「応援をしない一年間」でした。物心がついてこの方、一年を通して応援しなかったのは初めての経験で、野球ニュースを極力避けて、スポーツ新聞も買わず、とにかく野球から離れた一年でした。

これはとても個人的な気持ちですが。
一歩離れてみて、改めて、自分がいかに野球が好きなのか気づきました。わたしは、負けてもへこたれても、それでも一年間戦い通す選手たちの姿が好きでした。でも選手だって勝ちたいんですよね。勝利に貪欲になることは、なにも悪いことではない。そんな当たり前のことを改めて思いました。今更ですが。そんな当たり前のことに、戦略がどうだトレードがどうだとケチつけていたのは、本当に選手を応援していたと言えるのかと。まあ、そんなことを、CS最終戦を観てつらつらと考えたのでした。


岡田監督の退任、新たに真弓元選手を監督に迎え、来期は新タイガースとしてスタートが決まったようです。わたしもまた来年から、阪神ファンとしてリスタートを切ろうと思います。
またぐだぐだ愚痴記事を書いてしまうかもしれませんが、「選手と勝利を求めて」の気持ちを新たに、応援していきたいと思います。

2008年10月19日

まず誰が思い浮かびますか?<野球選手編>

【まず誰が思い浮かびますか?】(喪ゲ女)
http://mogeonna.seesaa.net/article/108218256.html

Q.次の呼称で呼ばれる人物・キャラといえばまず誰が思い浮かびますか?
二次元、三次元問いません。

(1) 先生
(2) 社長
(3) リーダー
(4) 大将
(5) 委員長
(6) 殿
(7) 先輩
(8) 王子
(9) 旦那
(10) 会長
(11) ボス
(12) 兄貴
(13) 小僧


今度は<野球選手編>でやってみる。
※あくまで個人的イメージです。

(1) 王前監督
(2) 長嶋名誉監督
(3) イチロー
(4) 村田修一
(5) 高橋吉伸
(6) 桑田真澄
(7) 佐伯貴弘
(8) ダルビッシュ
(9) 工藤公康
(10) 渡辺オーナー
(11) 星野SD
(12) 金本知憲
(13) 吉村裕基

もういいって?(笑)
選手じゃない方も入ってるしw
本当は大将に佐伯さんを入れたかったんだけど、今は完璧に村田ですね・・・。悔しさに先輩へ強引に押し込んでみるorz パ・ファンの方や他球団ファンの方とは、きっとまた全然違うメンバーになるでしょう。ちょっと拝見してみたいですねー。

----------------------------------------------------------------

以下限定版とか
<ノーマル編>
http://zinc-unit.seesaa.net/article/108292053.html
<漫画編>
http://zinc-unit.seesaa.net/article/108290843.html
<自転車選手編>
http://zinc-unit.seesaa.net/article/108326355.html

2008年09月24日

王監督退任のこととか

王監督退任のニュース見ました。

長嶋さんが倒れ、自らの病も圧してずっとずっと頑張ってこられたこと、今日久しぶりに王さんの姿をテレビで拝見して、一気に色んなことが思い出されて、言葉では言い表せない気持ちになりました。
本当にお疲れさまでしたと。
ちょっと他の言葉が思いつかないですね・・・。
王さんの後任、どうなるんでしょう。想像がつきません。

清原の引退もありますし、オリンピック野球は今年が(とりあえず)最後ですし、大きな時代が終わるのを見ている感じです。寂しい、いや、そんな生易しい感情じゃないですね。やっぱりうまい言葉が思いつきません。


あー阪神もいつの間にか追いつかれて・・・。
そういえば虎さんの監督は来年の契約更新、かなり前に明言されてましたっけ。これで優勝逃したらどうすんだ? なんて、この半年、すっかり阪神から離された自分には、適当なことしか書けませんが。監督責任って言葉は好きじゃないし、それで辛い想いも沢山してきたけど、今度の件はちゃんと見届けたいと思います。

って別に阪神の優勝がなくなったわけじゃないけどね!
・・・ですよね?

2008年08月14日

北京オリンピック2008 野球日本×キューバ戦

おおっと。なんだか久し振りの野球記事はやっぱり星野ジャパンのことで!
あ、高校野球もあった・・・。

<五輪野球>ダルビッシュ打たれる…1次リーグ、不安な船出(YAHOO!スポーツ)


不安な船出だそうな。
確かにキューバには、ベースボールというより野球に近いものを感じたし、元来ある強打に加えて、球際の強さやバットコントロールの巧さが備わって(多少選手間でバラつきはあるもののそれは日本も同じで)かなり脅威ではあります。

が、上位4チームが決勝に進むなら、1位で通過しようが4位で通過しようが同じこと。これからダルには再調整して貰って、決勝までに本調子になってくれればそれでいい。第一エースクラスなら何人もいるじゃないですか。キューバとの戦いは決勝リーグまでお預けということで。

それにしても川崎、新井、稲葉ら怪我人や、今夜投げた成瀬、上原ら不調組や、不安要素は数えられないほどある。それを今更あげつらって何になる? WBCが奇跡でなかったことは、(日本を含め各国の)選手たちが一番良く知っているはず・・・!

2008年07月30日

高校野球、組合せ決まる

第90回全国高校野球選手権大会、組合せ決まる

組合せも決まり、いよいよですね!
済美VS智弁和歌山
慶応VS松商学園(個人的に)
PLを下した近大付属には、このまま突っ走って欲しい。
がしかし。
地方大会での激闘が、彼らをいかに消耗させるのか。
一週間やそこいらで、どれほど回復できるというのか。
いつもながら、本番で結果を残すには、他校との競い合いよりも前に高いハードルを感じる。今に始まったことではないけどね。


わたくし大阪の出身ですが、今はすっかり神奈川県民なので、神奈川県大会に注目しておりました。今年は神奈川をいくつかに区切り、それを南北に分けた上で、南神奈川・北神奈川と、二校の出場が約束されていました。27日までに南神奈川の代表は「横浜高校」と決まっており、北神奈川は「慶応」対「東海大相模」の決勝でした。

大方の予想に反して、北は慶応に決まりました。東海大はまたしても決勝敗退・・・。夏は遠い・・・。いや、46年ぶりの夏出場の慶応は、本当に良かった!良かったね、と思うんだけど。今年こそ、と期待していただけに、ガックリ感が強かったんです。なんて、当人や関係者の方たちの方がよほど辛いはずで、部外者が軽率なことを言うのは控えます。みんな思いっきり戦ったんだもの、なによりその勇姿を称えよう!! 出場が決まった高校は、みんなの分も、ガツーンとぶちかましてきてー!!


開会式は8月2日!
また熱い夏が始まります。

2007年11月13日

久し振りに野球のことというよりただの愚痴

まず中日アジア王者おめでとうございます。

星野ジャパンとか色々気にはなってるんですけど、応援に身が入りません・・・。虎が出てないからとかそーいうんじゃなくて(負け試合は慣れてる)全体的に暗い話題が多いような気がして、意識的に野球話は避けてました。

新井の涙のFAとか、黒田・福留FAとか、濱中のトレードとか、シーツ・ジャンの退団とか、色々思うところがあって、どうも晴々とした気分になれないんですよね。

すごく個人的な意見を書くと、虎、福留はいらんやろ・・・溜息みたいな。巨人でいいよ。「もし巨人が福留獲得したらV9時代のナイン超えだ」って江川さんが言ってました。江川さん特有のリップサービスだと思って笑っといた。矢野とか若手はどーすんだと言いたい。新井は好きだけど、シーツもいないし一塁空くけど、でも三塁として迎えるとかなんて話もあるし、じゃあ若手はどうすんのよ?ってのと同じです。あと横浜も、クルーンが抜けて木塚を抑えにして・・・とやりくりに頭が痛そうです。

とまあ、こういう風に考え始めると腹立ちを通り越して凹むので避けています。更改契約の時期になると本当に陰鬱な気持ちになってきますね・・・。

虎党としては木戸さんがバッテリーコーチとして復帰してくれたことが唯一の嬉しい話かな。あと種田さんを西武が獲得したのは本当に嬉しかったです。こういう味のある人をまだまだ現役で見れるというのは本当に嬉しい。勿論桧山が残ったことも凄くすごく嬉しかった。

関連記事
中日、接戦制しアジア王者!
<阪神>FA宣言の福留、新井を獲得意向
五輪アジア予選前にスッキリ!「虎の新井」21日にも誕生

2007年05月03日

5連敗

横浜7−6阪神

今日は浜スタへ行ってきました。
勝ったときばっかり記事にするのはどうかと思いまして。

今日の敗因は?と考えてみるに、確かにジャンの調子が良くなかったのもあるけれど、投手交代のタイミングを逃したのが大きかったように思う。5回の2死で交代させるなら、(さらに交代した江草は次打席が回ってくる展開)4回ジャンの打席で代打を送るべきだったんじゃないか?と。今日の阪神はジャン→江草→能見→久保田→ウィリアムス。こう見るとまともな流れに見えるが、阪神が同点に追いついたのは8回のこと。

どうも最近の投手リレーには疑問な点が多い。
これはtanizakiの想像だが、伝家の宝刀「JFK」の存在にも一端があるような気がする。彼ら自身に問題があるわけではなく、その必勝パターン、3人で3回の型が大きいあまり、いかに彼らに繋げるか・・・といったゲームの組み立てを行ってしまっていないだろうか?

例えば抑えは本来一人(セットアッパーも入れるなら二人か)だ。だから監督はアノ手コノ手で策を練るだろう。だが今の阪神のリレーは単純明快。先発は最低5回、失点0なら続投、中継ぎは江草・橋本、そしてJFK(最後がFだからJKは左右と延長のことだけ考えればいい) 策などあってないようなもの。勝っていようが負けていようが。大敗や完封も全て規定値内。

だがこのJFKこそ諸刃の剣になってしまわないか。
この連休、夏場の長期ロード、勝敗関係なしの連投。JFKが欠けてしまったときはどうする? 急場凌ぎ的にシーズンど真ん中で他の投手を上げても、果たしてどうなるものか。もし今年が乗り切れたとしても来年は? 三年後の投手陣は? ウィリアムス・藤川・久保田、彼ら一人一人が好投手なだけに、阪神首脳陣は「JFK頼み」を即刻改めるべきだ。

2007年04月20日

劇的勝利

久し振りに野球ネタ。あまりの衝撃に。

神5−4巨

巨人先発内海に抑え込まれていた6回までが遠い昔の気分です。
12回裏サヨナラヒットを打った狩野選手は、プロ入り7年目!プロ初ヒットが値千金のサヨナラヒット!

狩野選手は本当におめでとう!って感じですが、なにより今日の影の功労者は、巨人の加藤ですかね(笑) 豊田は確かに不調だったけれど、入っても2〜3点の出来くらいだったと思うんですよ。赤星の適時打から、加藤のテンパリ具合はひどかった。ストライクゾーンに集まる・力のない豊田の球にアワアワ・・・昨日今日不調の鳥谷・シーツはまあなんとか打ったって感じですが、金本さんは見逃しませんから。もうあのあたりで加藤おかしくなり始めてた(笑) なんでそこで真ん中要求?とか(笑) 豊田のバウンドしたフォークを後逸してパニくったんでしょうかね?(それに比べて豊田は漢だった。一度も首振らなかったもんなあ。それにしてもあの内容じゃまだ抑えは無理だな・・・)

あれ? 阪神の話より加藤の話が多くなってしまったわ。
あと一番笑えたのは加藤がアワくってる最中の、阿部の表情。「まだオレ安泰だな」的な不敵な感じがなんとも(笑) でその後ろに座った若大将の真っ赤な目が一緒の画面に映ると、もうなんともいえない哀愁感。(原さんキライじゃないだけに、あの赤い目を見るたび寂しい気持ちになっちゃう)

昨日竜にひどい負け方したので、今夜はスッキリさせて頂けて嬉しかったのです。甲子園から途中で帰ったお客さんは残念だったね。球史に残るラストだっただけに・・・。


ちなみに横浜は、佐伯さんの外野が久し振りに見れて感無量。
古木とウッチーのヒヤヒヤ外野も見ものデシタ(苦笑)

2006年12月05日

藤川の失言 関本の涙

タイガースの選手たちも続々と更改。

藤川失言「優勝できなくても仕方ない」

彼の発言を聞いて安心しました。
「いつでも優勝できる」「毎年優勝争いのできるチーム」だなどと思われてなくて良かった。選手の方が肌で感じているんでしょうね。ネガティブに作用されるのは困りますが、危機感を持ってやってくれるのは、とても良いことだと思うのです。


その一方、今夜は悲しいニュースを見ました。
昨年二番バッターとして活躍した関本の、球団交渉後インタビューです。
1000万増額の4000万という低い評価にも驚きましたが、何より球団側の態度・・・交渉中あくびをされたというのです・・・。
こんなことがあって良いのでしょうか?
一般の会社ではありえない話ではないでしょうか?
いや、常識的に考えてありえない態度です。

悲しい虚しい悔しさと怒り。
今年の阪神球団、監督には、こんな気持ちにさせられてばかりです。
選手は組織の一部であって、組織に逆らうことは許されませんが、それならばこそ、組織は選手を守る責任があるんじゃないでしょうか?

正直うんざりです・・・。
同じく虎党のみなさま、気分を害されたら申し訳ありません。
でも今夜はさすがにショックでした・・・。

横浜多村の話も書こうかと思ったんですが、ちょっと今夜は無理そうです。
落ち着いてから記事にしますです。

2006年11月07日

トレードにFA

巨人の仁志が横浜へ移籍

確か小田嶋って、キャッチャーからファーストコンバートして、でも佐伯から奪えなくて、しかも長距離ヒッターって吉村が出てきて、すっかり居場所なくしてたんじゃなかったっけ?

多少の金銭上乗せでも、仁志ゲットした横浜にとってはラッキートレードでしょう。仁志ならセカンド…種さんと左右交代(は可哀相か)とか。
対巨人には燃えてくれそうだし(笑)
1年契約6000万+出来高ってとこかな?

一方カープファンには嬉しいお知らせが…↓

広島・黒田、残留で決着

おいおーーい!
4年契約ですか?!

確かに記者会見で出て来た、カープファン寄せ書き見たときは胸にきました。
うん、残念だけど、仕方ないよね。って。
(まあ阪神にくるなんて一言も言ってませんが汗)
でもFA行使しないなら、来年また機会があるし。ウマイな黒田!
とか勝手に思ってました。(ごめんなさい)

そうか〜複数年契約か〜。
うう〜遠いなあ〜。
さすがにその頃どうなってるか、わからんもんなぁ。
うちも黒田も。


ところで岡島さん…日ハムに情はなかとですか…。
まさか巨人に戻るとか…? 

2006年10月27日

日本ハム 祝☆日本一!

北海道日本ハムファイターズ
日本シリーズ2006優勝
日本一、おめでとうございます!!



第1戦 中日4−2日本ハム
第2戦 中日2−5日本ハム
第3戦 日本ハム6−1中日
第4戦 日本ハム3−0中日
第5戦 日本ハム4−1中日

正直第2戦目を中日が落とした時点で、日ハム日本一は決まったと思ってました。それまで二試合の1番バッターが機能していないこともそうでしたが、札幌ドームで中日が勝つところを想像できなかったという、非現実的な理由がその大半を占めます。

普段そういった根拠のない想像はしたくない方なんですが、今期の日ハムは、それほど神懸って見えました。






続きを読む

2006年10月12日

片岡選手引退と日本ハム優勝

日ハムで10年、阪神で5年
本当に 本当に お疲れさまでした


6番サードでスタメン出場。
さらにセンターヒット、ツーベースの2安打!
中日に勝って終われたことも嬉しかった。

試合後行われたセレモニーでは、マウンドに据えられたマイクスタンドの前で、声を詰まらす片岡さん。

阪神に来てから、特にここ二年はスタメン出場の機会もほぼない状態。ベンチ入りはするものの、代打の機会も少なく、目の前では若手の台頭、試合終了を見て球場を後にすることも多かったことでしょう…。いちファンなんぞには想像もできないほどの苦しみ、悔しさがあったのではないか…。

そう思うと、涙が止まりませんでした。

ありがとう。
ありがとう。
阪神に来てくれて、本当にありがとう。
そして、本当にお疲れさまでした。



こんな人がコーチでいてくれたら、若手も育つやろうなぁ…。(呟)
そんな片岡選手引退の日に、日本ハム、決めましたね!






続きを読む

2006年10月10日

中日優勝

中日ドラゴンズ
2006年度セントラルリーグ優勝
おめでとうございます



巨3−9中

中日の3点先制、巨人のHR3本で同点。延長11回の攻防。
福留ソロHR、ウッズ満塁HR…。
11回12回のクローザー岩瀬。

今年の中日を象徴する試合でした。
ウッズのHR見たときは、さすがに完敗やと思いました。
さすが中日。これが落合さんの作り上げた野球やと。

ただ……明後日の甲子園で勝負がしたかった。
ただそれだけです。


これで12日は金本さん以外若手でいくことになると思う。
いや、そうあって欲しい。
来期の為に、一球でも多く若手に機会を与えるべき。

2006年10月10日

ソフトバンク第2ステージへ…!

昨日の阪神の負けから、どうも涙腺がぶっ壊れてしまったようです。
スポーツの秋ということで。

ソフトバンク第2ステージ進出

伊東監督がなぜ山岸続投させたのか不可解でしたが、昨日大量得点(+松中の涙)で勢いに乗ったソフトバンクが決めましたね〜。

三度目の正直か
44年振りの優勝か
北の大地で、その真価が問われる。

万永引退(横浜ベイスターズ)

先発出場! すぐ下げられてしまったけどね。
さらに試合後、広島ファンの持つ「万永」のプラカードを見て、涙が…。
足が速くて、守備も万能で、打撃が多少悪くてもおつりが来る位、素晴らしい選手でした。
ハマのギャルは最後までしっかり見てたぞ!(笑)
今後は二軍コーチとしてそのセンスを活かしてください!
13年間、お疲れさまでした!!

HERO'S ライトヘビー級決勝戦

柔道好きなんですよ。
五輪じゃメダルが取れなかったんですよ?
転向してまだ2年目ですよ?
秋山の涙にもらい泣きです…。

それにしても、元気のメガネ姿はあれはどうなんだろう。

2006年10月08日

とうとう負けた…

岡田保身だろ。

神1−5巨

延長10回表、投手久保田が打ち込まれ、その裏、代打浅井のゲッツーでゲームセット。振り返れば阪神は9安打で1得点…あきらかな拙攻だった。敗因がそこにあることは、誰の目にも明らかだろう。

だが逆転された時点で、何故投手交代しなかったのだろう。
中日が横浜に勝ち、M3としている状況下で。引き分けでも駄目、勝つ以外にない試合で。

「投手を信じて?」

それならば、何故誰もマウンドに向かわなかったのか。
ヒットが打たれるたび、マウンドの久保田が孤立していくように感じた。
総力戦ではなかったのか。

「最後まで諦めない」

選手が歯を食いしばりプレーをしても、ファンが声を枯らして願っても、届かない領域がある。勝利を左右する要因の九割を占めるその領域を、采配と呼ぶ。それは、監督にしか踏み込めない領域。


誰が豊を責められる?
誰が久保田を責められる?

願うのただひとつ、優勝、それだけだ。

2006年10月07日

福ちゃんの勝ちがぁ(泣)

本日からパのプレーオフ開幕。
西武、松坂で1勝。

神5−3巨

八回表で逆転されたときは心臓痛くなったけど、金本兄貴が言ってたように、今日は負ける気がしなかった。兄貴が打った試合やもんね(笑)

シーツ、桧山の放出なんて噂もありますが、今は竜のことだけ考えよう。

横3−2中

その竜は横浜と対戦。
八回裏、村田の逆転HR3ラン!

修一〜〜〜〜!! ありがとおおおおおぉぉ!!
あんた、男や〜〜〜〜〜〜!!(泣)

2006年10月01日

ファーム優勝!本戦の行方は!

プロ野球ファーム日本選手権
阪神6−0ロッテ

阪神優勝しました〜〜〜〜! おめでとう!!
ファームの目標が優勝でないことくらい、わかってはいるんですが、やっぱり嬉しい。

本戦の方は中日戦、大事な(って全部大事なんだけど)2日目負けました。
なにもこんな日に負けなくても…と思ってしまったよ。これって「気持ちを緩めてはいけない」って神さまが言ってるんかな。
福ちゃんも悔しそうやったなぁ…( TДT)

1位 中日 78勝 50敗 5分 M7 残12
2位 阪神 79勝 55敗 4分 3.0 残7

急に現実を突きつけられた気分です…orz

阪神が明日の中日戦含めて全戦全勝した場合、中日が7勝5敗以下で阪神の優勝。阪神が4勝3敗の場合、中日は5勝で優勝。(その前にマジックの関係で試合消化する前に優勝が決まる) つまり、中日は阪神より星一つ多ければ優勝できる。しかも中日の方が残り試合数が5試合も多い。

でもね、ファンが先に諦めるわけにはイカンのよ。
最後の最後まで応援する!
最後まで諦めへん!

2006年09月26日

阪神連勝。パリーグは?

阪神3−2広島
最後久保田がなんとか締めてくれました。
ああこんな心臓に悪い試合、あまり観たくないですね。

中日5−4横浜
荒木が出塁した瞬間に「一死二三塁」の筋書きまでは読めた!
と思ったら驚きのフィルダースチョイス (゚Д゚ )
あうあうぁぅ…。あの盛り上がりは一体(泣)

やっぱり自力で勝つしかないか! わかってたけど!
でも横浜も応援するぞ! 神さま仏さまベイスターズさま!


とかなんとかやってるうちに、パリーグはとんでもないことになってました!

西武ファンの皆様のお気持ちは、痛いほどわかります。
嫌味でもなんでもなく。
今日ほど宿敵ソフトバンクを応援した日はなかったでしょう。ソフトバンクも最後まで斎藤投手で勝利にこだわっていたでしょう。

今日、ソフトバンクに日ハムが勝ち、ロッテに西武が負けた為、本日の西武優勝がなくなり、日ハムにマジック1が点灯! エース松坂での敗戦に、さぞ悔しい思いをされているでしょうね…。友人が熱狂的な西武ファン松坂ファンなので、目に浮かぶのです…。

現在のチーム勝敗
        勝数 敗数 引分
1位 日ハム  81  54  0
2位 西武   79  54  2

ゲーム差は1.0
残り試合は両チーム共に1つ!

このように、西武が優勝するには、明日のロッテ戦を勝ち、日ハムがソフトバンク戦に負けるしかない。何をおいても西武は勝つ以外にない。
悲しいかな逆を返せば、西武が勝っても、日ハムが引き分ければ、日ハムの優勝となる。日ハムは勝つか引き分けで良い。でも勝って優勝したいでしょう!


今日嵐のような天候の中、応援に行った西武ファンの皆様
新しい北の本拠地で声を枯らした日本ハムファンの皆様
明日が本当の決戦なのですね…。
きっと眠れぬ夜を過ごされているのでしょうね…。

完全に外野の人間ですが、その胃が痛くなるような緊張感はわかります。
どっちにも勝って欲しい…。

いや、そんな聖人のようなことを書くのはやめます。
パリーグはこのあとプレーオフがありますが、出来れば日本ハムに勝ちあがって貰って、そしてこっちは阪神が勝ち上がるから、もう一度甲子園に立つ新庄が見たい!!

とんだ虎キチでごめんなさい…orz

いや、でも、両チーム応援しているのは本当です。
どちらも良い試合になることを祈って!

2006年09月09日

セ・パ新試合方式決定

遅ればせながら一言。

優勝なしでも「日本一」の可能性

残念だったのは交流戦が減ってしまったこと。しかも2日間の日程だから移動が厳しくなる。ただでさえ九州から北海道までホームが散らばってるというのに。春休み家族で球場に遊びに…なんて風景も減ってしまいそうです。

この新方式の場合、シーズン144試合(公式120+交流戦24)で一位のチームを優勝、各リーグPSGの勝者はリーグ代表として、日本シリーズを争う。
PSG時の上位チームへのアドバンテージやらは今月末話し合うようですな。ドラフトはどうすんだと思ったら、シーズン順位を使うそうです。

三位と三位のチームが日本一を戦うこともある得るわけです。
代表だから。
とりあえず向こう二年間は実施確定、その後再度見直し予定のようで。

割拠している現在の二リーグの状況を見ると、どのチームも代表になれるチャンスがある、といったところでしょうが、個人的に敗者復活戦は見てて面白いと思えません。第一シーズンの後半戦(特に9月後半などこの時期)優勝がほぼ絶望的になった上位チームの行動に、悪い影響を及ぼすんじゃないかと思うわけです。

えーと。
メジャー最高!なんて思いもしない子ですが、でも多試合をやることによる戦術やら見てみたい気もするし、そうなったら選手層の厚さと豊富さが重要になってきて、ドラフトももっと活発になって、しかもチームによって必要な人材が違うということは、それだけ色のある選手を発掘できるスカウトの手腕とか見れて、ちょっと面白そうだな〜とか。それこそ今のプロ野球が変わると思うんだけどな〜。

あとは3月にも書いたとおり、せっかくPSGやるなら、セ・パ両リーグ一位〜三位の6チーム総当りとかね。
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。