2006年10月24日

自己紹介−オタ基礎編ー

今更?

ですかね〜(汗)
サイドにちょこっと載せてますが、せっかくなので、もう少し突っ込んだ濃〜い(笑)アピールでもどうでしょうか。
え? 暑苦しい?
現実逃避してるわけじゃないですよ〜〜〜。
では本日は自己紹介−オタ基礎編−ってことで!!


影響を受けた漫画

ぼくの地球を守って / 日渡早紀
前世・輪廻といった漠然とした観念を意識するきっかけを与えて貰いました。悲恋好きもここから始まったみたいで、玉×槐派でしたね。あと不思議だったのは、嫌いなキャラが多かったのに、最後まで読み終えることができたこと。玉もありすも春ちゃんも迅八も木蓮も大っ嫌いだった(苦笑) でもこの物語の壮大さの前では、そんな感情、些細なものでしたね。

アリーズ / 冬木るりか
当時はギリシャ神話をソラで覚えてましたね(汗)
これは↑と逆で(失礼かな…)どのキャラにも愛着があって。(でもやっぱり女主人公=ありさは嫌いだった笑) ヘカーテやポセやハデスやヘラの想いには強く影響を受けてます。自作品のキャラ造形とか。当時、ハデスのプリント色紙に、るりか女史のプリントサインっていう、応募者サービスだったかがあって、子供ながら必死で二枚ゲットした気がします。観賞用と保存用に(笑) 後半絵柄が変わってしまったのが、ショックだった覚えがあるなぁ〜。ポセが出てきたあたりで、ハデスがどんどん弱腰な保守派になっていったのもショックだった…。

東京BABYRON / CLAMP
CLAMPに影響を受けた、と言う方が正しいかもしれない。当時同人作家が商業誌へ台頭、その代表格が高河ゆんとこのCLAMPでした。他作品との世界リンク、連続性について、相当影響を受けました。そして昂流と星ちゃんと北都ちゃん三人が迎えた衝撃の結末。のちに「X」へ引き継がれることになるわけですが、最終巻読了の当時は、ただただ呆然…でしたね。
老人問題、新興宗教問題など当時の社会情勢の暗い面を、残酷なほど描写する姿勢と、その内容、そしてラストに、子供心は激しく揺さぶられたと思います。聖伝のあとに読んだのも大きかったのかも?

影響を受けた小説

炎の蜃気楼 / 桑原水菜
本を読んで嗚咽を漏らして泣いたのは、この作品が初めて。そして今のところこれっきりです。人間、本当に本当に悲しいときって、声を上げて泣くんですね。最終巻は怖くて怖くてページが捲れず、何度も何度も本を閉じました。
学生時代日本史のテストで90点以下を取らなかったのも、戦国時代の史実にやたら詳しくなったのも、長野が大好きなのも、桜を見ると涙が出そうになるのも、全部この作品の影響です。死生観は直江と高耶さんに教わりました。愛しさも苦しみも憎悪も哀しみも全部。(うわ〜結構赤面? でも本当だからなぁ)

浮世絵三部作 / 高橋克彦
正しくは写楽殺人事件・北斎殺人事件・広重殺人事件のことなんですけど。特に広重ですかね。順番に読むことでひっくり返される視点。登場人物の名付け方は一番影響を受けてます。津田良平は、過去読んだ漫画小説の中でもトップ3です。当然、浮世絵に興味を持ったのはこの三部作のおかげです。

こころ / 夏目漱石
何を隠そう、人生で初めてパロった作品です(汗) ええもう恥は掻き捨てですよ。こころその後って感じで。さらに晒すと、写経ならぬ写文もしてました(滝汗) 写文って私の造語ですけど、400字詰め原稿用紙に原文を写してました。漱石氏の文章の流れを体感するために…(ひぎゃ〜〜〜恥)
勿論この作品のストーリーが大好きだったからなのですが、無知って怖い。



ってなんかこうして振り返って書いていると、当時読んでた漫画とか小説とか思い出します。どうせなら、懐かしい漫画ネタでUPしようかな? アリーズとか。需要ないだろうけど。突っ込んで書きたくなってきた(苦笑) ぴーひょろ一家とか魔天道ソナタとかはるか遠き国の物語とか。

そうなんです。
あの頃は秋田書店と新書館が主食で、白泉社が副菜でした(笑)






  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。