2010年05月08日

劇場版銀魂 新訳紅桜篇

近況報告!!!
もせずに3週間放置・・・。
すんませんほんとすんません仕事とか仕事とか仕事とかしてました。

言いすぎた。
ほんとはこの間やっと銀魂観に行ってきました。
簡単に感想でもと思ったら、長くなっちゃった。

劇場版銀魂 新訳紅桜篇
公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama/


ほっとしたというか、アニメ銀魂そのまんまでした。
原典を改変するでなく、いいところはそのままに。盛り上がるところはバージョンアップして。どうしても映画向けになってしまうところを、アニメスタッフがそのまま映画制作に携わって、極力影響が出ないようになってるんでしょうね。

アニメが流行ったから映画に続くってよくあるけど、だからって格好つけてどうすんのそれ銀魂じゃないよねって、いい大人が揃って本気で馬鹿やると凄い。半分はアニメカットの低予算映画でも、これだけのことができちゃう。

OPとEDは必見。
遅刻厳禁&場内が明るくなるまでが銀魂です。
それにすら動じないアニ銀ファンたるや・・・。

見せ場の殺陣シーン、本当に格好良いです。
仕事帰りの深夜回では、早い動きに目がついていけなかったくらい。今度は昼の回で見ようと思ってます。それくらい凄い。疲れ目には厳しい高速殺陣(とエリーのプラカード)でした。映画館暗いし(当たり前だ)巻き戻し&コマ送りで舐めるように見たかった。

これも「新解釈」か。監督曰く「あのとき他のメンバーはこうだったんじゃないかな?」ってそれ、同人で死ぬほど見たYO! でもまさか公式で見れるとは思ってませんでした(感涙) 真選組と神威たち、無理なく溶け込んでましたよ。

当時驚愕した神楽の動きも、銀さんの赤い目のカットもちゃんとしっかり入ってました。というかパワーアップしてました。アニメファンにとって懐かしいような嬉しいカットがいっぱいでした。それでいて、別アングルで描かれていたり、気づくと「おおっ」って思えるところもあったり、凄く楽しめました。

銀時、桂、高杉の三人が道を分かれて進む過程が描かれてますが、紅桜以降、別の回で語られた高杉や松陽先生の台詞がうまく混ぜられてますね。ほとんど違和感を感じません。

高杉に喋らせすぎかな?とも思いますけど、わかりやすさを取ったんだろうなあ。妖しさたっぷり美人度上がりまくりの高杉さん。銀さんと桂を背にして青空を見上げる高杉には、何度見てもぐっときます。

似蔵と銀さんの対決。
光りと影の演出。鳥肌立ちました。
アニメ見たときも、これが動画の力だわとカラーの力だわと思ったもんですが、粉塵が光りにあたってきらきらしてる感じ、煌めいて、飛んで爆ぜて、そしてまた一歩先、つま先のほんのわずか先に濃い闇が在る。瞬き忘れるくらい良かったです。


とはいえアニメとの比較だけでいいと言ってる訳じゃないですよ。
アニメのときは複数の話数で成立していて、表現でも、あの「活目せよ!」とかね、凄いものはある。ジャンプ映画らしいバトルなノリと、銀魂らしい笑いのコンビネーションが、この映画の凄さだろうと思います。銀魂好きな人は安心して見るといいよ。知らない人は・・・どうかな。破天荒だけどきっと楽しいよ。


以下小ネタ。
-----------------------------------------------------------------

神楽に詰め寄られて振り返る高杉の声が、ハタ皇子で脳内再生され(ry あの吹き替え版のせいだ・・・) あんな格好いいシーンなのに思わず噴き出しそうになった自分が憎い。

あと絶対出てくるだろ、と思ってた坂本。
やられた。やられた・・・(にやにや)

とうとう銀幕全裸デビューしちゃった近藤さん。
やりやがったぜアニメスタッフ。

といった具合に終始笑いっ放しでした。
まさかの(いつもの)3分間BGオンリーとか、ありえないでしょ。
ネタもオチも、いじり倒すのが銀魂。
これが銀魂。

2009年11月05日

銀魂映画化!

久し振りのぎんたまネタがこんなで、なんかもう・・・ね。
世間様から大幅に遅れてますがすみません。
新刊帯見たときはフいた。またまた〜どんなネタですかと。
しかし「今度はホントのホント」らしい。


劇場版銀魂 新訳紅桜篇
公式HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama/
公開
2010年GW?


紅桜編というと、当時映画の予告まで作ってしまったスタッフさんたちでしたが、まさかの正夢です。空知先生おめでとうございます。覚えるまで目見開いて観たいと思います。って何回行く気だーー。
でも映画館の大スクリーンで、銀さんのアップなんか映った日にゃ、わし昇天しないでいられるだろうか。まったく自信がない。ヨダレとか悲鳴とかなんか人間としていろんなものを抑えてられるか自信がありません。

銀魂映画化だってさァ!!


はぁはぁ。
アニメの紅桜編にかなり満足していたので、映画はもっと期待できる?
ちょっとこわい。
けどその10倍楽しみ。

とりあえず主題歌は修羅
は諦めますが、せめて彼らの曲でお願いします。

2008年08月07日

覚悟

(8/27にUPしました)

ヤクザの組長さんから、ひきこもり息子を蔵から出して欲しいと依頼された銀さんたち。

銀魂107話「親の心子知らず」108話「言わぬが花」

一人息子に跡取りになって欲しかった組長。
これ以上親父さんを悲しみに苦しませたくなかった京次郎。
跡を継ぎたくないと引き篭り、自ら命を絶った息子。
それぞれに相手を想い行動して、相手にうまく伝わらなかった結果でした。言葉が足らなかった悲劇としか言いようがない。ヤクザだか堅気だか関係ない。言葉と行動が合わさってこその信頼なのに。

三人ともどこか独り善がりなんです。
相手を想ってというよりも、相手に「こうあって欲しい」という願望の方が強い。息子を想うなら、組長は京次郎に任せたりせず、自分で昼夜問わず声を掛け続けていれば良かったんです。京次郎に対しても、一度与えた温かさを、どうして続けてやらなかったのか。組長さんと若さん、両方の気持ちがわかっていたなら、どうして京次郎は二人の間に立てなかったのか。

そういえば原作読んだときも、とことん救いのない話でしんどかったんだよなあ・・・。今思い出した。
いい話っぽい最後なんだけど・・・。

「家族も同然です」
銀さんとの関係を聞かれた新八が、京次郎を真っ直ぐ見て答えるシーンが印象に残ってます。
神楽も新八も、所謂お母さんがいてお父さんがいて、って当然在るべき家族を早くに失くしています。だから今の万事屋での関係をすごく大切にしてる。万事屋だけじゃないけども。言葉がなくても、無いからこそ、仕草ひとつ言葉ひとつを凄く大切に受け止める。そのものの意味以上のものを感じ取ろうとする。温かいものがずっと当然のように存在するわけじゃないから。いつ無くなるものか、わからないから。それが相手を信じて自分を信じるってことだと、本能で感じてるんだと思う。

ヤクザの話に首突っ込むには相応の覚悟がいる
なんて言ってる京次郎だけど、実は二人の覚悟も相当重いです。

死ぬことしか考えられなかった京次郎にせよ、若さんのことにせよ、銀さんはなんとか引っ張り上げたかったんだろうけど。京次郎と自分を「無法者」と呼んだ銀さんは、こういう、どうしようもない話を子供たちに見せたくなかったんだろうけど。

でも子供たちはとっくにわかってるよ。たぶん。
紅桜編で互いを信じてそれぞれ行動していた二人だから、今回もきっと銀さんの考えなんてお見通しだと思うんだ。銀さんは、京次郎を組長さんを引き合わせて戻ってきたところを、子供たちに思いっきり怒られてるといい。結局、すぐ一人で動こうとする銀さんも、まだ覚悟が足りてないのかもなあ。そうか。そういうところも京次郎と似てたのかも。

あー。
万事屋と家族ものが被ると駄目だー。
色んなことがグルグルしちゃって、本編と関係ない方向へ想像が膨らんでいってしまううう。

2008年08月05日

ロベルトどこ行った(監督的な意味で)

(8/26にUPしました)

銀魂106話「恋愛ってたいていサドンデス方式」

キャプテン翼と下ネタでサッカー。
てか最早サッカーですらない・・・。

桂の三杉君ネタとか思わず吹き出しちゃったけど、OPのふりはテニプリ話だし、うーん。動乱編があけて1クッションって感じでした。オチが途中で想像ついてしまったし、キャプ翼パロが良かっただけに、残念だった。

下ネタがひどすぎて、これまで笑ってこれたのに、今回はちょっとキツかったなあ・・・なんでだろ・・・。疲れてんのかな(自分が)

正直サッカーでよかったデス。
サッカーファンの人にはごめんなさい。
これ、野球でやられたら、たぶん直視できなかったと思う・・・。
いや、サッカーを使ったネタだからって、わかってんだけど、それでも、スポーツで遊ばれるのは我慢できない。
個人的な理由ですみませんすみません・・・。

とりあえず、万事屋の半パン姿見れたのはラッキーでした(´∀`*)

2008年08月04日

真選組動乱編、完結

(8/25UPしました)

銀魂105話「何事もノリとタイミング」

OPとEDの曲が入れ替えられ、OPではこれまでの伊東の映像が流され、動乱編もいよいよ完結! 一気にテンションが上がりました。歌詞とかぶってたり、ちょっ、ヤラレた・・・!


土方と伊東の決着をどうつけるか?
伊東の裏切り行為をどう扱うのか?
真選組の中で最後まで隊士として見届けられたのは、伊東にとっても真選組にとっても良かった。伊東が大量出血のショックでがくがくしながらも、真っ直ぐ土方に向かっていったのが、なんとも・・・。

確かに組の頭は近藤さんなんですけど、だからといって、土方以下が駒なわけじゃない。死んでいったものたちも全て背負って、真選組が在る。その覚悟は近藤さんだけじゃなく、土方も、みんな一緒・・・なんだよね? 山崎の扱いはひどかったけど!www

「誰が死んでも関係ねえ 前を向いて進むだけだ」
この動乱編は、いくつか鏡合わせになっているようなところがありますね。上の台詞を笑ってきいてる銀さんですが、きれいに死ぬ潔さよりも、みっともなくても最後まで足掻いて生きようとする力の方が大事なんだって、原作連載で何度も繰り返されてきたフレーズです。

一方で、伊東を最後まで侍として扱った真選組と、侍の国であったことすら許せない鬼兵隊。
いつも飄々としている万斎が声を荒げたのが印象的でした。
それほど彼の中に怒りや失望があるのか。
伊東は周囲との縁を自ら切っていたけれど、万斎の過去には、いったい何があるんでしょうか。高杉を呼び捨てにしたり、それでいて人へ向けた音楽を作っている・・・。未だ掴みきれません。

「今も昔もおれの護るもんは なに一つ変わっちゃいねえ!」
一度背負うと決めたら簡単に手放しちゃいけないんだって、伊東に手を伸ばした近藤さんたちを観ていて思う。ヘビーです。滅茶苦茶重い。
攘夷時代はまだ桂たち入れて4人(他にもいっぱい先導はいたでしょうし)で背負えてたものが、今は一人で、自分の手で持てる数なんて知れてる状況で、子供たちがいて。自分で抱えていたものを取りこぼした記憶は消えない。そこに悲壮感がないのは、次は絶対に零さないって決意の強さでしょうか。


難しいことは置いといて。
トッシーは土方に融合したようですw

2008年08月03日

縁の糸

(8/25UPしました)

銀魂104話「大切なものは見えにくい」

ここまで正面きって、まだ伊東を仲間だと言う近藤さんの、度量の大きさに参った。
伊東の心の中にいた小さな子供に手を差し出せる、近藤さんの真っ直ぐさ。この性格もあって、今回事件に発展したわけだけど、なんだか、それもこれも全部まるっと背負っちゃう近藤さんは、凄い。
本人自覚がないけど、ナチュラルにやられちゃあ、どこまでも付いて行きます!ってもんで。

万斎の弦をぶち切る銀さんも同じでしょうか。
前からも後ろからも引っ張られて・・・って台詞に胸突かれました。
攘夷のことがあって、彼の中で一旦背負うことをやめようとして、でもやめようとしてやめられるもんじゃなくて、自分でもどうしようもない。杉田さんの声がまた、あ銀さんだ、って(当たり前なんだけど)感じて、余計苦しくなった。

伊東は二人のように受け止められなかったんかな。
ただ彼を責める気持ちにはなれないんですよね。
銀さんも近藤さんも言っていたとおり、他人の命や想いを背負うには、相当の覚悟がいる。重みで自分も潰れてしまうかもしれない。そんな中前を向いてなきゃいけない。すごく恐い。だから伊東の逃げを責められないんだ・・・。

2008年08月02日

土方十四郎見参!

4ヶ月ぶりの銀魂です。(8/25UPしました)
真選組動乱編の真っ最中。
おぉいっ!
それいつの話だよ?!
いやあ
ひさしぶりに観たけど、みんな、かっけぇなあ。

銀魂103話「長所と短所は紙一重」

鴨の罠にかかった近藤さん救出の始まり。

沖田と土方と近藤の関係性に、原作読んだときも、うわーうわーなったもんですが、アニメの沖田は特に近藤愛が増してる気がする。隊士たちを粛清するシーンに、本気で鳥肌が・・・。鮮血飛びまくりもだけど、なんつーか、原作のイっちゃってる感じじゃなくて、ちゃんと理性でもって、誰も認めない風なのがビシビシ伝わってきて、正直、アニメの沖田は(生身って部分で)怖い。

それにしても・・・。
「トシ」「おまえら」って近藤さんてば・・・。
天然とはいえ、無意識で言ってるなら重症ですよ。
(おいらの頭が重症です)
停電ですっ転んだ近藤さんに手を差し伸べる、沖田の表情がとっておきに柔らかくて、姉ちゃん思い出しちゃった(泣) 近土派としては「ここー!」「待ってたー!」な回でした。神さま、本当にありがとう。

まあ、そういうちょっとふざけを出さないと、真面目に語ると、原作と妄想をごっちゃにしそうで、自分が怖いんだ。

ってくらい本当に三人とも良かった。血飛沫とか土埃とか涙とか鼻水とかで、ぐちゃぐちゃになって、これでこそ真選組だと思う。うん。パリっとした隊服は格好良いけど、でも、近藤の道場から始まった彼らからすると、これがこの人たちの根幹なんだなって思いますね。

あと万事屋では、神楽が「銀ちゃんどうする?」ってホントに軽く聞くシーンがありましたが、(原作感想でも書いた覚えがあるけど)この一言が凄く好きです。

やっぱり神楽ちゃんは戦いに慣れてるんだなとか。
でも、今回は直接万事屋に関連することじゃないしとか。
あいつら(沖田含め)なら自分たちでなんとかできんだろとか。
でも結局、銀ちゃんは助けに行っちゃうんだろーなーとか。
銀ちゃんが決めればいーよ。

って感じで、神楽ちゃんと万事屋(てか銀ちゃん)との距離感、信頼感を強く感じてしまうんですよね。

久し振りの感想なのに、さっそくキモイ人ですみません(´・ω・`)
万事屋の隊服バージョンがすんごく良かったデス。

2008年04月20日

本質

はじまりましたオタクサミット朝まで生討論!
二次元と三次元の間には暗くて深い河が(ry

銀魂102話「オタクは話し好き」

Aパート出だしの銀さんが、作画間に合わなかったときな画になってました。瞼重そう。二週間ぶりなのにな・・・その分神楽ちゃんが頑張ってましたね(何をだ)

あとトッシーも(笑)
肘や顎に触る仕草とか、含み笑いとか、視線のきょどり具合が生々しいったらない。そこに中井さんの声が乗るもんで、もう直視し難い状況に。腹が千切れるかと思った。アニメの威力って絶大ですね。ある朝目が覚めたら美少女に変わってて隣りで寝ててやっべー萌えてきたんですけど!って妖刀はどこで手に入りますか。

まあ二次元と三次元なんて、オタクじゃない人から見れば同じだよねえ。ジャンプ読んでてもToLOVEる読んでても、オタクじゃないって言ってやれ! お父さんにちゃんと言ってやれ!(誰のだ) そういえば先日コンビニで、きれいなOL風なお姉さんが颯爽とジャンプを手に買い物をされてました。思わず( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ナカマー!とハイタッチしてしまったよ。心の中で。

真に欲するもの
学問や剣術を極めながらそれを正当に評価されず、自分の才能が埋没していくことの不幸を伊東は語っています。攘夷にも参加したとの言どおりとすると、彼は居場所には拘らない。ただ才能の発揮できる場所、己を認めてくれる場所を探して彷徨っている。自分が評価されるためなら敵とでも手を組むと。
もとからある真撰組を乗っ取る作戦らしいけど、それ自体、自らことを起こす才能がない証だとも思うのですが、どうだろう。鬼兵隊からすれば、伊東というカモよりも、彼が背負うネギが重要なわけで、それに気づいているのか。どちらにせよ彼なら、実利を得るためならそれは戦術と同じだ、とでも言うんでしょうけど。

河上に斬られながら這ってでも前へ進もうとする山崎。
その姿を、監察の武士道のためかと笑う伊東だけれど、山崎が向かっているのは自分にとって大切な場所であって、真撰組って外枠の話じゃないんですよね。それは近藤の語りにも現れていて「御旗」が先にありきではない。

自分自身を世に認めさせるには、金か権力を持つのが一番わかりやすい。頭が良いだけに形に拘ってしまうのもわかる気がする。両方を兼ね備えた真撰組を手にいれるって策もわかるし、敵方と手を組み実益を出すというのもわかる。ただ例えそれがうまくいったとして、本当に彼の渇きは満たされるんだろうか。認められたいと思う相手から認められなければ、その他大勢からいくら賞賛を浴びても、それが等価値になることはないですよね・・・。

2008年04月12日

真撰組動乱編突入

単行本新刊とアニメ本の感想は別途UP予定です。
がいつになるかは・・・ごにょごny

銀魂101話「掟は破るためにこそある」

とりあえず今週万事屋は出てきません。
3Zのキャッチもなく潔いですね。おまけくらいありそうなもんだと想像していたけど、なかった。(まあ来週は登場するわけだが)

刀は武士の魂
魂でコロコロ掃除すんな(笑)
ってこれはみんなツッコミが聞こえてきそうでしたYO!

機能性と多様性
それ必要なの?って機能がわんさか追加されて、本来の姿が見えなくなるってのは現実でもよくあること。携帯とか携帯とか携帯とか。多様性がウリというのは、今回、伊東が戻った真撰組に通じるところがありますね。今までなかったものに飛びついてしまう、人間心理といいますか。

土方は、近藤が伊東を「先生」と呼び同等扱いすることに納得できないようですが、これって「真撰組」て入れ物や地位に拘ってるようにしか聞こえません。音楽聴けたりコロコロ付いてたりする付加価値よりも、刀本来の役目が重要だという彼の考え方からすると、どうも違和感があります。
もう少し突っ込んで考えてみると、土方にとって「近藤」にこそ価値があって、真撰組がどういう形になろうが関係なくて、ただ自分の頭に立つのは「近藤」でなくてはならないのかな?なんて。だから頭を食おうとするモノに、敏感に反応してしまう気がする。(だからあんなに仲の悪い沖田とは決定的な分裂にはならないんだろうなと)

しかし一方で局中法度を作ったり副長としての立場もある。
来週のネタバレになるかもですが(予告柱に書いてあったし平気?)真撰組を飛び出した=副長ではなくなった土方が、なにを重要視するかが興味深い。

となんとも真面目風な感想ですが
プリッキュアプリッキュアプリッキュア〜♪に吹いた。
あれ?局一緒ですか? さすがに差し替えてくるかな〜と思っていたのに。さすがに諦めませんね(笑) あとToLOVEるアニメ化ってちゃんと表紙で番宣(になってねええええ)でしたね。あ、ヤンキー漫画スキーな土方には、最近のマガジンはちょっと物足りないかも?

土方のオタク化スピードが半端じゃない。
これは妖刀だけのせいじゃないハズ・・・! 携帯に直接店からDVD新作の連絡がくるなんて、相当常連じゃなきゃないだろう・・・。どんだけ買い込んだんだw

今回もツッコミ満載でしたが、一番はヘタレについてかな。
あの土方はどう見てもただのオタクです。
オタクがヘタレって図式はどうなの?

2008年04月07日

5期新OPED

三周年おめでとうございます。
最近どこまで銀魂好きになるのか、自分の底が見えなくて恐い。

銀魂100話「好かれないものほど愛おしい」

自分の仕事に誇り持ってますか?
仕事楽しんでますか?
仕事好きですか?

ありとあらゆる大作家さんに喧嘩を売るアニメです(違)
恐いもの知らずというか、編集長の下ネタ作家云々は置いておいても、いち読者としては「ああまたやっちゃったなこの人」って思う存分笑わせて貰うだけなんですけど、実際編集さんは大変だろうなと。作中の「知らないからね、偉い人からハチャメチャ押し寄せてきても」→「上の方がなんとかしてくれる」→「ホントかよ!」に激しく同意。

ゴリラ作家も躊躇うパクリを推進
このあたりのやりとりとか、もう表情筋が攣りそうなくらいニヤニヤしてしまったわ。実際この回は読者がツッコミまくれた回だったと思うんですよ。シルエットでキャラがわかるとか、ジャンプシステムとか、ときどき真っ当っぽい話が出てくるもんだから、余計おかしいだろうなあ。

「どんだけぇ〜」の新ちゃんの腰つきがやたら良い件。
もうゴールしてもいいよね?とかチラっと見えたり。坂口さんの羞恥プレイな回だったですね。ところで銀さん、電車でジャンプ朗読とか、ほんと恥かしいからやめてええええ!

編集がスポットライト浴びてても、作家は相変わらずウ○コまみれな部屋で黙々と漫画描いてるって画が凄く・・・あれ? なんか画面が歪んで見えるんだぜ?

ギンタマンOP、影山さんかと思ったら違いました。
それにしてもうまく出来てます。ここまでやられたら脱帽するしかないですもん。もうなんだよーと思ったらちゃんと新OPとED公開とか、一回落ち着いたテンションが、一気にトップギアという。心臓に負担が掛かるんで勘弁してくださいスタッフ・・・。


以下新OPED感想(妄想がひどいので隠しときます)


続きを読む

2008年04月07日

超ゲーム脳

一部の地域ではこれが最終回?!

銀魂99話「人生もゲームもバグだらけ」

バキボキ☆メモリアル
ギャルゲーで言われるところの○○ルート。幼馴染、委員長なんでも良いんですけど、さすがにカジキマグロは勘弁w スタート早々30分何もできないとかありえないから! かまいたちは屋敷に入る前にDEAD ENDとか普通にあったけども。これギャルゲーだから! しかもカジキルート踏まないと先に進めないとかありえねえええ。

信長のゲボェ
店長の説明のバックが無駄に信長の野望。
つか信長な必要なくね?って。
(一部)伝説の近藤さんの乳○連打はちゃんとやりやがりマシタ。
即逮捕だから! 女の子が喜んでる画とかね、それギャルゲじゃなくてエロゲじゃないかと。

ドラゴンハンター 3
スタートからバグで毒掛かってたり、ランダムに動くNPCを逆手に取ったりと実はうまいネタ。なんだけど・・・。さすがに長老二つ折りにするところはメルヘンなイメージ映像になってました。そりゃそうだ。アニメで見返してもひどい回だなと思う。ドラクエ好きなのはわかった。 モンハン楽しいのもわかったYO!

面白いけどこれが最終回は正直いやだ・・・。

2008年03月23日

数年もすれば新機種続々なわけで

メタギアの予約始まりました!
以前メタギアVrとか本体セットなら迷わず買うと豪語したら
本当に出るーーー!!
http://www.konami.jp/mgs4/

PLAYSTATION 3(40GB) メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット プレミアムパック MGS4オリジナルカラーモデル(鋼-HAGANE-)
PLAYSTATION 3(40GB) メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット プレミアムパック MGS4オリジナルカラーモデル(鋼-HAGANE-)

銀魂98話「ゲームは一日一時間」

弁天堂ゲーム機Owee争奪戦
ハイジな寸劇の万事屋、やたらテンションの高い近藤さん筆頭の真撰組トリオ、そこに鍋を囲む桂&エリーが加わってドタバタ劇の始まりです。万事屋が大人しく見える不思議。桂の台詞の中で「エリザベスがまだ食べてるでしょうがァァァ!」が一番好きだったり。

マリオにルイージと素のまま名前が出て来ました。DSでソフト販売しているくらいですから、これくらい当然? 社名はさすがに変えられてました(ゾニーとか) あと1upの効果音が大変よくできてました。ニヤニヤしてしまったわ(笑) バギボギメモリアルは来週のお楽しみということで! 銀魂ならではの下品ネタ炸裂ですよ〜。

あなたは何派?
沖田→セガ
近藤→ソニー
土方→任天堂
これ原作のときも思ったんですが、本当ウマく当ててますよね。
セガといえばサターン! 沖田てば格闘モノとか好きそうだもの。滅茶苦茶強いくせに夏休みのゲーセンで中学生相手に連戦ってそう。絶対負けてやんないの(笑) 近藤さんは世代的にもプレステに流れたタイプだと想像。ロマサガとか。一通りRPGとか昔やったんじゃないかなあ。土方はマリオシリーズ延々やってそう。つかマリオくらいしかやったことないんじゃねーの?っていう。それは銀さんも同じか・・・。

反して万事屋の面子は、みんなゲーム興味なさそうです。
神楽がDS持ってた回があったけど。

ちなみに自分はどっかでも書いた記憶がありますが、ファミコン→プレステ→サターン→プレステ2な流れ。サターン=格闘系にハマってゲーセン通いしていた高校時代・・・懐かしいです。

裸エプロン?
なんのことですか。

2008年03月18日

遊びはいつも全力で!

OPからルパ○
アニメスタッフは当分このノリでいく気なんでしょうか。
今回のタイトルを見る限り・・・。

銀魂97話「昔の武勇伝は三割増で話せ 盛り上がればいいんだよ盛り上がれば」「花屋とかケーキ屋の娘に男は弱い」

これスタッフの武勇伝になるんじゃね?
なんて前書きで捻くれてしまいましたが、OPのネタ完成度高ぇなオイ。若い頃のキャサリンが輝いてみえたぜ。金庫破りのシーンはどこかで見た覚えがあるんだけど、思い出せない・・・。チャーリー○エンジェルだったかな? それともやっぱりルパ○か? なんにしてもこのまんまの画だったことは確か。

だがしかし。
キャサリンが不二子ちゃんポジションってだけは許せねええええ!

ちっちゃい銀さん
風邪で寝込んだ銀さんに代わって、一日万事屋グラさんとなりましたというお話。冒頭、風邪に憧れる神楽が可愛い。弱ってる銀さんに何かと構う神楽が可愛い。宇宙最強の天人夜兎族だってこと取っ払って、ただの子供なんだよって描写にまずやられた。スタッフわかってる!わかってるヨ!

前半パートでもありましたが、最近の神楽の口調が本当にまんま銀さんなのが楽しくて仕方ない。一緒に生活してると言葉まで似てくるもんですよね。それにしても心配で襖から覗き見してる銀さんがなんとも・・・普段の行いがどれくらい悪いか、これで身に沁みて貰いたい(笑)
「銀さんいなくても」発言はただの軽口だから・・・多分きっと。

つかね。
神楽ちゃんと新八二人が、雨の中「みち子みち子みち子まち子まち子まち子まち子・・・途中でわかんなくなったー!」ってやってるの想像して床転がってしまったわ。ああああ。いじらしいやら可愛いやら。

つかね。
最後三人揃って寝込むにしても、真ん中が新ちゃんってのがもうね。
スタッフ、わかってる!わかってるヨ!(うるさい)

2008年03月08日

星間戦争・・・じゃないよ

木曜映画劇場のはじまりはじまり〜♪
何故か長い感想になってますよ〜。

銀魂96話「男なら諦めるな」

どこかで見た覚えのあるキャッチ&どこかで聞いた覚えのある(つか絶対あれだよね?どこからどう聞いてもあれだよね)なBGMにのって、スタッフロールが・・・。まんまと吹き出したヨ! こんチクショー!
どう見てもスターウォーz・・・大丈夫か、大丈夫なんかほんとに。どこまで挑戦する気なんだスタッフ。とりあえずHideaki Sorachiは格好良かったです。というか字幕ってなんだー! それをいうなら二ヶ国語放送とかさ、全編アトラス語だったらどうしようかとおもたよ!

なんて一気に書くくらいテンション上がった。
どうもあの音楽聞くだけでどきどきしちゃうんですよねえ。

あらすじ
突如現れた正体不明の巨大物体に攻撃を受け、惑星アトラスは危機に瀕していた。人口は半分に激減、残された人々は地下のコロニーに逃げ込み、身を潜め生活していた。国を守るはずの軍隊も壊滅し、カイとイワノフの二人を残すのみ。人々は恐れから戦うことを止めてしまっていた。カイとイワノフはなんとかゲリラ戦法でもって応戦しているが限界を感じていた。そこでカイは、宇宙をまたにかける伝説の掃除屋「星海坊主」に助けを求める・・・。

ところが実はこの正体不明の物体は、国が設置した、星の環境を整え人間が住めるように稼動する装置だった。繁栄しすぎた人間たちによって星が汚染されたことで暴走、人間たちを星にとって「害」とみなし駆逐を始めたのだった。戦って負けても死、勝っても星自体が滅んでしまう。戦う意味を見出せないイワノフ、しかしカイは自らを戦いの場所へ追い込んでいく。

あらすじを書くと凄く重厚で壮大なお話です。
原作読んだときもよくこのページ数で収めたなと思ったんですが、アニメは20分程度。本当に上手くまとまってました。設定語りという状況に陥ることなく、人物への感情移入もできるように配分された台詞、描写など、まんまと引き込まれてしまいました。おかげで最後のオチの威力は増大(笑)

途中どうしてカイが星海坊主を呼んだのか不思議になるですけど、ちゃんと彼女の語りで説明されます。このあたり抜けがないなあと思いますね。潔い死のために戦ってるわけじゃない。矛盾してようが他人がどう言おうが、信念で戦ってる人。

神楽パパ
パパの「神楽ちゃん」って言い方が本当に好きなんです(なんの告白)
あと「変な扉開けちゃったなー」とか。抑え込まれた殺気が色気に見えるんですよね。「ちょっとヅラ取ってくる」でEDな流れが恐ろしく燃えた。久し振りに熱くなってしまった。正直感動すら覚えてしまったんですよ・・・。
あと速水さんのいじけ口調がおかしくて仕方なかったデスw

神楽ちゃんも将来こうやって戦っていくんでしょうか。譲れないものを中心に据えて。何故戦うのか神楽パパに語るときのカイの真っ直ぐな視線が、神楽ちゃんに重なって見えて、なんだか色んなことを想像してしまいました。

来週はオリジナル二本立て?
キャサリンのはまあアレとしても、ちっさい銀さんになった神楽ちゃんの可愛さに予告だけで転げ回った! なんてことすんですかあああああ! だぶだぶの着物がああああ!! テレビの前で思いっきりニヤニヤしてるキモイ人はtanizakiです。

2008年03月04日

異議あり!

大江戸線キン肉バスター痴漢事件詮議開始。

銀魂95話「男達よマダオであれ」

キン肉マンってジャンプ連載でしたっけ?
OP明けBGMでまさか懐かしのアニソンが聞けるとは・・・。
でもわたくし一番はウォーズマンでした。昔からあの手の暗いバックボーン持ったキャラが好きだったんですよねえ(笑)

「キン肉マンがゴツイ超人相手にいやらしい目的で技を使用していたとは考えられません」

異議あり!
もしかしたらインヤラシイ目的だったかもしれないじゃまいか。ほら48手って言うくらいだし(違)
すみませんすみませんすみません・・・。
それにしてもキン肉バスター語りがやたら熱い件(笑)
さすがジャンプっ子銀さん! 無駄にジャンプ愛読してないデスネ!

観なくなったDVDはブックオ○へ!
エロDVD30本が多いのか少ないのか標準なのかわかりませんが、公の場に持ち出されるのは勘弁。母ちゃんに見つかるよりひどいYO! あと普通のSMとかより痴漢ものがバレるのが一番痛い気がする。人格疑われそうですよね(汗)

ここですかさずナースものを手にしている銀さん。そうかナース好きか・・・好きですか・・・。エリーと内田さんの回はさぞ天国だったことでしょうよ。

立木マダオと杉田銀時の熱演
二人ともなんだかイキイキしてました(笑)
でも台詞はほぼ原作どおりだったような気がするので、きっと脚本どおりこなされた結果なんでしょうね。声優さんてホント凄いなあ。
演技といえばハイジ役の方、というかハイジそのものが本当に怖かった。あれ夜中一人じゃ観れませんよ。ちっさい子泣いちゃいますよ。

実際この話はよく出来てると思います。
マダオにとって不利な状況がどんどん出てきて、それをひっくり返す坂田弁護士と、それを更に覆そうとする破牙検事のやり取り。ハイジとかまあ色々あるけど、結局ハツさんはどんなマダオでも許してる。なのに最後は長谷川バスター掛けちゃうあたり、ほんと照れ屋だなあとか、マダオはやっぱりマダオだなあとか、うまくまとまってる気がします。

来週は色んな意味で楽しみだ・・・。
神楽パパ登場ですからね!
原作読んだときの衝撃を思い出しますw

2008年02月24日

二次元と三次元の区別

そういえば絶望先生で土山vrDVDがネタに使われてマシタネ。

銀魂94話「電車に乗るときは必ず両手を吊り革に」

お尻撫でられるのとキン肉バスター掛けられるのどっちが良いかと聞かれれば・・・お尻かなあ・・・。コブラツイストなら良くて↑が駄目ってのは、明らかに技における体型の差かとw うん。スパッツ穿いてて良かった。

時報はもういやだ
深夜イヤホンでニヤニヤしてるとき突然鳴るもんでビックリするんですよね。PCの時計みてまたビックリ。そうか。あれはそういう作用も兼ねてるんだなと今気づきました(遅い)

怒れる銀さん
ちょっと格好良いじゃないか! と思ったらエロDVDオチ(笑)
男性の方、どうなんだろう。相当親しい友人なら自分好みのブツを貸し借りしたりするのかな。それともそんな親しくなくても貸し借りできるもん? tanizakiは(本当の意味で)自分好みのBL本は恥かしくて人と貸し借りなんてできません・・・。

「ちょ、あんま(長谷川に)近づくな神楽。危ないぞ」
って銀さんの台詞が凄く好きです。
お、お父さん??

坂田弁護士登場
きましたね。きましたよ。
来週は死んでも観る。

ということで動く弁護士観れて血圧上がりました。口調もどことなくいつもより軽くて、いちいち眼鏡上げる仕草が堪りません。この興奮がうまく言葉にできないのが悔しいです。あ暑苦しくてすみません。テレビの前でアワアワしてました。悪そうな笑顔でしたね。黒さが出てましたね。あと髪型ちょっと頑張ってたね。スタイリングしてるのを想像して更に動悸が。黄色のシャツに紫色スーツって配色もさることながら、ネクタイの柄がひどすぎるw それにしてもどこで着替えたんだー。万事屋から準備してきたの? 赤い眼鏡はどうしたんだろうとか、考えることは尽きません。どうしよう来週はずっと弁護士ですって。あああ。

2008年02月18日

断り文句は慎重に

ゴジラから始まって特撮大好きでした。
ウトラマンならA、仮面ライダーならBLACK.Rx、宇宙刑事シャリバン、ブルースワット、戦隊ものならチェンジマン、ターボレンジャーにダイレンジャー。

こちら↓がとても詳しいですよー。
同人用語の基礎知識 特撮/ 戦隊シリーズデータ一覧表
レンジャーとマンが入り混じっていて興味深いです。


銀魂93話「ヒーローだって悩んでる」

ウルトラマン的なスペースウーマンと、バルタン星人的なチェリー大佐とのラブバトル勃発☆
遠い未来より今日の夕飯ですよ。
でもこの年になると貯蓄とか老後とか本気で考えちゃうよねえ・・・。

的な的な・・・って回りくどい台詞ばかりで新ちゃんお疲れさまデス。
縮尺がでっかくなったりちっさくなったり忙しい回でしたね。

奥さんと別れるにしても不倫相手の気持ちを量って行動しないと、どっちも失くしちゃいますよヒロシさん。二兎追う者は一兎も得ずはアキコも同じ。それでも互いに自ら決断しただけマシというものです。


(以下パチ恵について下品感想のため反転)

というか先に謝らせてください。ほんとすんませんすんません。
セーラーのパチ恵で全部吹っ飛んだ
おさげは勿論ですが、なにあの動き・・・っ ヒザの柔らかさとか半端じゃない。ヒザ下までのハイソックスしかも白! ウィンクとか反則だろう。神楽とさほど変わらない膨らみとかスタッフありがとおおおおお

もういいや。「キンモーッ☆」とか言われてもいいです後ろ指ドンとこーい! 正面ウィンクの睫毛バッサバサも良かったけど、正直あそこまでやられると逆に萎えるのが乙女心なわけで、後ろ姿のおさげ髪の分かれ目からうなじに掛けての画でハァハァなった変態はわたしです。あっははh

 
(反転ここまで)

周囲の視線を感じて素直に告白を受け止められない大佐。
だからチェリー大佐か!!
いや確かに重いわな(笑)
最近は直接面と向かう告白はヘビーらしいですね・・・。

2008年02月13日

銀魂 (22) / 空知英秋

とうとう東城まで表紙に登場です。
ってオヤジギャグみたいでなんだかなあ・・・。

銀魂 第22巻 (22) (ジャンプコミックス)
銀魂 (22) / 空知英秋

引き篭ってしまった跡取り息子、死に際の父親に会わせるため、息子が篭もっているはずの蔵を開けた銀さんが見たものは? ということで前巻の引きから、鬱展開が続くのかヒヤヒヤしつつ待っていた新刊が発売されました。

沖田姉弟話があってから銀魂も油断できないと肝に据えて読んでいますが、今回の話もまた想像以上に重いストーリーでした。京次郎と親分の約束や絆の一方、引き篭った息子にもまた想いがあったはず。それを思うとやるせなさだけが残りました。

そしてここでも銀さんは美しい死ではなく、生きてこそだと京次郎に言い放ちます。もともと彼は行動で語ることが多く、あまり言葉で表してくれることが少ないのですが、最近はこうして語ってくれることが嬉しいです。

それにしても薬を飲まされたとはいえ相当な深手を負ったはずで、神楽と新八は驚いたでしょうねえ。事情が事情だけに、銀さんも子供たちには見せたくなかっただろけど。

長谷川さん寿司職人になるの巻〜♪
万事屋に関わるとロクなことにならないって、いいかげん気づけw
色んな寿司がありましたが、つか寿司ですらないものばっかでしたけど、やはりここでも最強だったお妙さんのブツ。マックロクロスケデテオイデー。

厠革命
久し振りの真撰組話を楽しみにしていたのに・・・(泣)
下品すぎるよ空知せんせい・・・。

モンハン
相当モンハンばっかやっていたのか、それともアナログスティックが折れた腹いせに漫画にしちゃったのかわかりませんが、ドライバーネタとどう繋げるのかと思ったら、ラストうまくやったなと(笑) 銀さんが厠革命の近藤さんとダブって見えたことは内緒です。
てかボックスドライバーも回転させないとネジ回せないよね・・・。どうやって解体したんだろう・・・ってこれ以上想像できんわ!

その仮想世界にどれだけ時間が掛けられるかで、力のレベルが左右されるわけで、その分、長谷川のMがリアルすぎて涙出たw ちなみに長谷川のラスト画が寿司回と同じアングルなのは、わざとですよね?きっと。

銀魂版プリズン・ブレイク?
孤島に立てられた刑務所に収監されていた男・末吉。彼は脱出の機会を伺っていた。何年も掛けて掘り進めあとはいつ脱出するか? というだけになったある日、空室だった向かいの牢屋に一人の男が収監されてきた。

その男こそ桂でした。
目を開けたまま眠り末吉を恐怖させたり、得意の想像力で羊を数えてみせたりと自由奔放なヅラ。巻末予告を見ると活躍を期待できそうですが、それが末吉にとって吉と出るか凶と出るかは不明(笑) しかし末吉という名前だけに最後は笑える・・・か?!

相変わらずイっちゃってる桂さんですが、冒頭の「毎朝朝飯と共に死ぬる覚悟を決するが男子たる者」「俺にとっても今日は何ら特別な日ではないぞ」は格好良かったですよ! もっと素敵なとこ見せて欲しいなあと思ってるんですけど、ファンの方はこういう天然な彼が好きなのかな?

2008年02月10日

やまなしおちなしいみなし?

3年目おめでとうです。

銀魂92話「人の短所を見るより長所を見つけられる人になれ」

アニメーターが絞り出した変な汁
汁でもアレでもいい。
銀さんの、新ちゃんの、神楽のアップが見れるなら。
銀魂にはとっておきがあるじゃないですか。
背景固定でただ声優さんに喋らすって奥義が。

前話回想方式って今なら代表はBLE○CHですか。潔く?オリジナル展開する手もありますね。Dグレとか。オリキャラが受ける受けないによって左右される諸刃の剣だとは思いますけど。

惜しまれつつ100回目で終了→奇跡の復活
さすがにネタが追いつき始めたというか・・・。最近とくに感じていたので、ああ先に言われてしまった、というのが正直な感想。批判を先回りするウマイ手です。やられた。

いやダラダラやってるのも楽しいから良いんだけど、さすがに内輪ネタ、BL○ACHとか、続くのもどうかなとは思っていて。今回もリボーン☆って言っちゃってるし。いや楽しいんです。いちいち突っ込むのも楽しいから良いんだけど。

それにしてもジャンプアニメ販促しすぎじゃぁ・・・。
いや販促になってないかこれ(笑)

銀さんに持たせたDVDのパッケージの件
アレな人たちには受けたのかなあ。やっぱりアニメとはいえ公式で認められたよ!って感じになるのかな。自分なら恥かしくて直視できません。単純に「萌え!!」(←すでに古い)とは言えない後ろ暗さがあるのです。

お便りコーナーは単行本からでした。
万事屋の食事当番制はみんなで食べてるとこ見たかったです。

あれ本編の話してないや。
えと亀の声が予想以上に良い声でした。
それこそ本編もほぼ止め画でしたが、つくりがうまくてしばらく気づかなかった。これがアニメーターさんの仕事かと。コンテがうまいのかしら。もしかしてこれがタイトルの意味か?

いやダブルEDでお通ちゃん見れたんで満足です。
一瞬新曲かと思ったw

2008年02月03日

食うべきか食わざるべきか

2本まとめて感想です。

銀魂90話「美味いものほど当たると恐い」

卵・乳製品、魚貝系はとくにヒドイから気をつけよう。
いくら見た目がよくたって、自分の目で鼻で本質を見極めるのが大事。原産国が記載されてないくらいでガタガタ言ってんじゃないデスヨ。

目で鼻でどう確認しても腐ってるカニで食中毒な万事屋。
人は見た目じゃない・・・つか人ですらないエリザベスに惚れた内野さん。
マダオが惚れたショーパブのお姉ちゃんは松平のとっつあんの愛人だった・・・。
人は見た目じゃないとか高尚な格言ではなくて、自分のカンを信じて、それでどん底見たって自分の選択に責任持てばってことかな。

ってコンビニ潰した人たちに言われても・・・。
マダオもいい加減気づけ・・・。


銀魂91話「やせたいなら動け 食べるな」

ちゃんと食べてちゃんと動くのが正解なわけですが。
いやーしかし正月明けのこの時期には、本当に耳が痛いです。
醜悪とか・・・凹むわあー・・・。
ただ病気でこうなってしまうことについては除外の方向で。

お寺での断食道場なんて宗教臭くて仕方ない。ラクして痩せる考え方自体間違ってるというなら、これほど厳しい方法はないわけですが、身体に悪いから。食べた分だけ出せばいいのか!って考え方も危険ですから。

「妙ちゃんとのお泊り・・・」呟く九ちゃんが好きです。
もおおおう、なんて可愛いんだああ。


予告はスナイパー亀!
亀→逆転裁判の流れ?!
動く眼鏡スーツな銀さんが見れる?!
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。